今日は午後からフリーだったので、用事を済ませてからジムに行こう、と思って家を出たのですが、ものすごい湿気にやられて頭が痛くなり、運転するのも辛いほどになってきたので、一番の用事であった銀行でのご用を済ませて、ジムはあきらめて、帰宅しました車

 雨が降る直前の、ねっとりした空気…。帰宅してすぐうげーっとなってシャワーを浴びました。頭痛薬を飲んで、シャワーを浴びたら、比較的スッキリしたので、その後は休むことなくお掃除やお料理をしていられたのですが。

 夕食には、鳥胸肉をバーミックス ベーシックセットバーミックスで刻んで作るチキンナゲットを作りました。いつもはこのチキンナゲットに、水切りした木綿豆腐や、水気を飛ばしたおからなどを混ぜ込んでヘルシー路線で行くのですが、それだと「なんかモサモサする」というオットの意見があり、今日は混入物ナシの鳥ミンチオンリーで作ってみました。しかもいつもは素揚げなんですが、ちゃんとパン粉もつけてフライ仕様です!

 そしたら「ああ、やっぱり美味しいなあ」とオットに喜ばれてしまいました。褒められるのは嬉しいけど、やっぱりカロリーが高いものの方が単純に美味しいのね…悲しいと思って、ちょっと落ち込みました。

 週末はお客様が来るので、冷蔵庫と冷凍庫の中味を整理しなくちゃ。というわけで、明日の夕食はカレーにはやくも決定。

1ボタンマウスがアイデンティティだったMacですが、このたびApple純正として4ボタンマウスが出たそうな。

んー、なんだか寂しいわ。
昔のシンプルなあなたが好きだったのに…。

多分まだ私は当面1ボタンマウスを使い続けるとは思いますけどね。

ただ、まあWindowsやその他OSからの買い増しや乗り換えユーザからすると、とっつきやすくはなるかもしれませんね。そう思うと、「選択肢を増やす」ことは良いことなのだと思います。どっかのソフトメーカーやハードメーカーのように、それしか選択肢をなくすようなマーケティング戦略は、消費者としては大迷惑ですからねえ。

 今年のi子は夏やせしていません。夏ばても比較的してない気がする。
 たいてい毎年夏やせしてるはずなのに、なして?と朝からつらつら考えるに、多分お弁当の存在が大きいのではないかと思い至りました。

 お弁当の記録「おべんとたべよ」をつけはじめたのが昨年8月なのですが、まだこのころは記録している日があったりなかったりでした。でも、だんだん毎日続けるうちに、私の負けず嫌いな性格からか「お弁当作らないと負け」みたいな気になってきて、風邪で辛かろうが時間がなかろうが、何が何でも作るッ、と鼻息が荒くなってきて、最近ではほぼ皆勤賞です拍手 オットは「たまには家事も手を抜けよ…」とあきれ顔ですが、自分に負けるのがイヤなのです(気強すぎ?)。しかし、家事をしろというオットは世の中に多くいても、家事の力を抜けというオットも少ないですわな(笑)。

 そして今年に入ってから、そうですね、この春くらいからでしょうか、「お弁当一個作るのも二個作るのも同じだな」と思い至り、朝にワンサイズ小さいお弁当をもうひとつ作り、自分も食べるようになりました。そうなると、食欲の有無にかかわらず、あったらとりあえずそれを食べる、という行為は行うわけですわな。

 昨年までの夏には、夏→作るのもだるい→オットにはお昼を自前で調達してもらうようにお願い、ということが多かった気がします。
 そうなると、オットは→たまに私の食餌制限管理下から外れると嬉しい→嬉しくて外食→嬉しくて大食→夏太り→動くのが億劫→夏ばて、となり、私は→作るのも面倒→食べるのも面倒→お昼は牛乳とかヨーグルト→夏やせ→スタミナ不足で夏ばて、というチャートがあったような。

 そうなると、「記録につけてムリヤリ自分を発憤」させてるあの「おべんとたべよ」は、オットの健康のみならず、自分の健康も守っていたことになります祝

 でも夏太りはイヤだ…。プロテインの味は嫌いだけど、好き嫌いは言っていられません。鼻をつまんで飲んで、運動しよう。夕食もお素麺をちょっと減らそう 水泳

 蒸し暑い朝、目覚めて軽い頭痛と、相変わらずの腹痛があったので、週末恒例のジム通いは今日は見合わせることにしました。まあ、無理して体を傷めても何ですし、今週は平日の夜でも私もオットも行けそうな日がありそうなので、行ける日に行くことにしましたジョギング

 で、のんびりお昼ごはんを食べていたら、近所の女児からお電話があり、女児とお母さんとが猫と遊びに来宅。女児の接待は猫たちがしてくれたので、その間のんびりお母さんとおしゃべり。こういうときのセレブマダムの話題は、生命保険と個人年金、住宅ローン話です。しかも利回りだとか財テクだとかそーゆう優雅な話題ではなく、まじで切迫した目先の話(笑)。しかしまあやはり二児の母から保険体験談を聞くと、やっぱり女性特約は必要だなーとしみじみ。オットも話題に加わるに、マタニティスイミング時の話とかになって、「泳いでると胎児も動いて、お腹の形がうにうにするのよー」とか、オットがうえーっ冷や汗てなってたりね(笑)。

 夕方から、来週の来客に備えてお買い物。大沼にジンギスカンに行く予定をしているので、前回のキャンプ時からなくなったものとか、キャンプ用品の点検をして、その補充がメインです。猫のゴハンとか、来週の私たちの食品とかも買ったり、給油とかもしたら、1万円札が雲散霧消。あらら。おかあさん、あの一万円札はどこにいったでせうね、という気になる。

 節約情報が氾濫し、うげーっとなる昨今ではありますが、まあ私も住宅ローンを控えると節約をイヤだとも言ってられず、2500万を5年で完済した住宅ローンの神様、

山崎えり子さんの出世作節約生活のススメ節約生活のススメ

だけは、一応ちゃんと読み、自分にできる限りのことはしようとは心がけています。

 しかしこの山崎さん本にしても、ドイツの合理的な暮らしを参考に…というベースがあるし、最近の節約本のブームとしては、イギリスだとかオランダ、ヨーロッパの人びとのシンプルシックな暮らしぶりを学ぼう、というものが多い気がする。
 確かにヨーロッパの生活のイメージって、節約エコライフにそぐうんだけど、それらの国ってすでに国の経済としてはもうダメだからこそ、それらの国政のもとで生きる市民がそうせざるをえないという背景も絶対あるわけですよね。
 複雑な経済問題を語るほどに知識はない私ですが、あー、日本もそうなっていくんだなあ、としみじみ思う今日この頃です。

 とりあえず、国債と株式、およびドル建て商品には手を出しません。スイスくらいに亡命することも考えに入れて、当面純金積み立てで頑張ります家

昨年あたりから、ずっと、デジタルパーマをかけています。
このところずっと髪の毛が鬱陶しく伸びてきていたので、ようやく今日、カットとデジタルパーマをしてもらいにでかけてきました。

普通のパーマと何が違うって、普通のパーマだと、お風呂やシャワーの直後など、
「濡れた状態」が一番パーマが強く表れますよね。
でも、デジタルパーマはその逆。乾いた状態で常にパーマ状態が復元されるのです。
しかも、巻き髪風だとか、くせげ風だとか、ニュアンスが表現できるのも◎。スタイリングがめっちゃらくです。

普通のパーマよりちょっとお高いんですけれど、その分長持ち。大体半年に一度のパーマで十分。デメリットとしては、一度の施術に時間がかかるので、なかなか「行くぜ!」と思い切らないと行けないところかなあ。

函館ではデジタルパーマをして下さる美容院がまだごくわずかなので、もっと普及すると良いなあ、と願っています。

でも実は私は、スキンケアに力を注ぐほどにはヘアケアには力を入れていません汗
いや、きれいな髪、憧れるんですけどね、でも、聖子ちゃんカットにされがちだった小学生時代、さらさらストレートに憧れてはストレートパーマをかけすぎて毛先がボロボロになった中学生時代、自分が癖毛であることを諦めて受け入れ、ソバージュ(←懐かしっ)にするも、今度は広がりとの格闘になった高校生時代を経て、大学生になる頃にはすっかり諦めモードだったんですよねえ悲しい

大学、社会人、そして主婦となってからは、もうあまり闘わずに、「しゃーないわな」と自らの扱いにくい髪の毛を受け入れ、まあ見苦しくない程度に整える、くらいになったヘアケアおよびヘアアレンジなんですが、石けんライフになってから、少し変化がありました。

体を純石けん(手作りもします)で洗うようになってから、シャンプーも石けん+クエン酸リンスに切り替えました。オットが、固形石けんで髪の毛を洗うのにはどうしても抵抗がある、とのことだったので、シャンプーだけは液体石けんを購入し、香りを付けて楽しんだり、生協で手軽に買える★髪や地肌にやさしい合成界面活性剤などふくまないパックスナチュロン シャンプーパックスナチュロンの液体石けんシャンプーを使ったり。

そうなると、市販のいわゆるシャンプーとコンディショナーの香りがダメになりました。強くて、受け付けないの。で、感触もなんだかぬるつきを感じるようになって、×。そして何より目に見えてあきらかな変化があったのは、シャンプーを石けんに切り替えてから、背中のニキビがほとんどなくなったこと!!!シャンプーのすすぎ残し、ないように気はつけていたのですが、やっぱり大なり小なり残ってたんだ、それがお肌をいじめてたんだ、と痛感しました。

髪の毛も、石けんシャンプーとクエン酸リンスだと、自然なふんわり感があり、癖毛がずいぶん素直になりました。オットの、私以上に強い癖毛も落ち着いてきたので、やはり効果はあるのでしょう。香料や潤滑剤など、いろいろな(あまり体に良くない)成分が残留し、毛穴に悪影響があるということ、昔から聞きはしていましたが、そういうことだったのかあ、と、まさに「体感」。

お風呂上がりにしなやかな美しい髪へ![口コミの王様、大島椿40ml ] 椿油を1〜2滴髪の毛に馴染ませるだけのシンプルケアですが、これで随分髪の毛にツヤが戻ってきた気がします。

力一杯手をかけたり、いろんなヘアケア商品を買いあさったりするのはしんどいですけれど、シンプルなケアで毎日続けるってやっぱ大事なんでしょうね〜。お肌と同じくらい、とまではなかなかいきませんけれど、扱いやすくツヤのある髪を目指して、諦めずに続けまーすポッ

だらけすぎー

 現在、我が家はオットの保険を見直し中。この数ヶ月、情報を各方面から集めて、最終的に対面でお話を伺うのは3社に絞り、家に来て頂いてお話を伺っています。
 某外資系AL社など、札幌の支社から営業さんが来て下さり(台風雷の中、しかも自家用車で)、「ボク、ご主人のお勤め先の大学を11年前に卒業しました」「ドル建て終身は如何ですか」などなど、強烈アピール。それはそれで興味深く聞いたりはしました。(でも終身はやっぱ高いね、まして年金型なんて)。

 今日はなんだかんだ、3社目の某外資AF社。先ほどのAL社との一騎打ちで検討しているところです。お電話でのアポではおばさんのお声だったので、おばさんがお一人で来られるのかな?と思っていたら、なんと何故かおばさん2人組でした。でも国内生保セールスレディさんよりはずっと知識も経験も(いろいろ突っ込んだこと伺っても全然大丈夫だった)豊富そうで、感じは悪くない。はて。

 国内生保だとセールスレディ+恐らくその上役の男性社員という2人組はよくあるパターン。多分セールスレディなんて使い捨てだろうし、初心者の姉ちゃん、あるいはおばさんばっかりでしょうから、監督の意味も含めて男性社員が同行することが多いですよね。しかしおばさん2人組は初めて。

 話を進めているうちにわかったのが、メインで話すおばさんの、実の妹がサブでついているのだということでした。あー、家族経営の代理店だったのかあー。しかもその妹さん、数年前に甲状腺腫瘍で手術をしてるって冷や汗 その傷跡がまだ結構生々しい。「がん保険は必要だなあッて、その時、妹も私も痛感したんですよー」と二人で頷き合ってる営業トークが、なんていうか、迫真(^^;。そうか、この実演のためだったのかー、妹さんが同行してるのはッ。百聞は一見にしかずだなあ。まあ、でも、実の姉妹だけになんか仲良さそうで、悪い印象はありません。

 それに、保険商品の説明なんかもかなり的確だったし、セールスレディとしては感じの良い方だな、今後は、これまで聞いた他社の商品とをオットと相談し次第のお返事になるかな、という空気の感じで、保険の話が収束に向かいつつありました。

 そしたら、急に着物の話になりました。
「奥様(←アチキのことだ)、お着付け教室をされてるんですか?」と。実は我が家には一応私の名前での着物教室をやっている看板を出しています。なので、来宅された保険屋さんは大体その看板にお目を留められて、その話題になるのは今回が初めてではありません。

「ええ、まあ資格はありますので、一応看板だけ出していますが…、私、ココの地元の人間じゃないので、あまり派手に宣伝はせずに、お知り合いがお困りの時にお助けする程度で活動しています」と返事すると。

 そのセールス姉妹さん、着物がお好きでよくお召しになったり、娘さんに着せたりするのだけれど、着崩れが悩みとのこと。

 な、なんだ〜?
 今度は私の営業の番なのかしらグッド

 一応、私の所属している流派の、唯一にして最強の飛び道具である「前結び帯板」を紹介。伊達締めも要らないし、帯結びを前でできるから、飾り結びも自分でできる。で、着崩れない。百聞は一見にしかずとも思い、「お時間、おありですか?」と、実演をすることになった。なんなんだー、この展開はあ〜冷や汗

 実演したのは、洋服の上から、とりあえず袋帯で二重太鼓。二重太鼓って後ろで結ぶとものすごく難しくてアクロバティックなんだけど、前結びだと汗もかかずに楽々。準備さえ終えたら、結ぶのはほんの3分ほどで済みます。

 セールス姉妹さん、まじに実演を見学され、値段を尋ねられたので「1万1550円です」と一応お応えすると。

(マッハ1秒)
「買うわっ」

ええええええええーーーーーーっ
まーじっすかーびっくり

なんかこっちがうろたえてる。

保険のセールスレディさんが自腹を切って、客になってくれそうな人の商品を買ったりする話は人づてには聞いて、あー大変だなー、なんて思ってはいたんですが、今、まさしくそんな状況じゃありませんかびっくり

「だだ、だ、大丈夫ですか?無理されたりしていませんか?そのー、保険のことは保険のことでちゃんとこちらは考えていますから、無理して頂かなくても結構ですよ?」とか、私、なんかまじで当惑。

「ちょうど欲しかったんです!娘もお茶を習ってますし、自分も娘も着物を着る機会が多いので…、良いもの紹介して下さって、これも何かの縁ですから!」

って(^^;

おーい(^^;

ほんまにええんかいな。

まあ、ともあれ、受注、頂いてしまいました。私が(^^;
その他の商品パンフレットとか、流派の案内パンフとか、ちゃっかり渡してたりするし(笑)。



…なんか、こっちも、保険断りづらくなったなあ(笑)



いやまあ、保険商品も、当初検討していたものには間違いありませんから、まあええといえばええのですが。

うーん、保険屋さんおそるべし。あなどれませんな。
肉を切らせて骨を断つ、というか、1万円の商品を買って何千万の生命保険とか年金を契約してもらえたら、そりゃーまあ確かに、良いのか…(^^;(^^;(^^;


と言うわけで、オット、どうしましょうね。保険。

今日は父の14回目の命日だそうです。
そりゃまあ暑かったもんねえ。当日。死ぬかと思ったよ。私がしょんぼり

お葬式が終わって、やれやれ、とテレビを見ていると、ちょうどバルセロナオリンピックで、私の一つ年下の岩崎恭子少女が金メダルを取って、はじける笑顔だったのが未だに印象に残っています。

14年も経つと、岩崎恭子もあーなっちゃうし、私は私でそこそこの大人になっちゃうし、まあそれが年月というものなのでしょう。

トラックバックの練習(笑)。

おべんとたべよ」にも書きましたが、今日はお味噌をつけ込みました。夏仕込みのおみそはカビとの闘いだったりもします食事

 愛用している、ファンケルのマイルドクレンジングオイルはだいたい1ヶ月に1本のペースで使いきります。ちょうど今回も、そろそろなくなりそうだし〜、とクレンジングオイルを注文。そのついでに、ちょっと目にとまった「アイメイク専用ミラー」をポチっと追加してみました。前から欲しかった上に、1365円の定価が960円になっていたのでラッキー。


 私が思う、アイメイクのキモは、「伏し目がちになったときにきれいかどうか」だと思います。ギャルのよーなひじきまつげは論外。正面から見たときには知的にすっきりと、伏し目がちになったときに色っぽくなるような風情がベストです。

 ある日、自分より身長の低い女の子の顔を真正面から見たとき、その子の目が伏し目がちに見えて、どきっラブとかわいく感じました。と、同時に、私の目も男性からはこう見られているのか!、というか、こう見られたい!と思うようになり、アイメイクに気をつけるようになったという寸法です。

 そうなると、アイメイクには三面鏡があると便利ですよ。今日、そのファンケルのミラーが届きましたが、やっぱり便利!と実感。伏し目がち、正面、見上げたときの目の具合を確認できるほか、横にして使えば、左右対称に仕上がっているかも確認することができます。アイラインなんかも、雑に書いたらオバハンちっくになっちゃいますが、技巧を凝らして描くと、黒目を大きく見せられますしね!日々研究、研究です。

 そんなときあの人の声が聞こえます。「男はみんな、騙されたいのです、お嬢様」と(笑)。騙されてくれー(うひょひょ)抱擁


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM