「心のセレブ」って表現がなんか笑けるので、最近のi子の密かなマイブームです。

 言うに及ばず、この表現はかの杉田かおる女史(この人に女史というのも変な気がしますが、他に適当な敬称がなかったので)をポスターに起用していた厚労省が苦肉の策でひねり出したコトバです。

 しかし、ですよ。普通「心のセレブ」って、この件の背景を抜きにして聞いたら、なんとなくフランシス・バーネット書くところの「小公女」みたいな「貧しくても、どんなにひどい境遇になっても、心だけは貴婦人でいましょう、人を憎むのはよしましょう」とけなげに生きる清らかな女性を想像しませんか?(笑)杉田女史はまるきり逆でしょうな。まあ、私が直接存じ上げる方ではないので、風評がどこまで本当のものかは定かではありませんけれど、環境がひどかろうとよかろうと、自分や配偶者のことをあそこまでおとしめて表現する人は、心のセレブどころか単なるbitchでしかありませんよ。

 そもそもcelebrityって、ここまで乱用していいものかどうか、って今に言われ始めたことではないと思いますけれどね。この杉田騒動で、ちょっとは日本のマスコミにおける「セレブ」の乱発が減少傾向になるんじゃないかとも想像しているのですが、どうなることでしょうね。

 人のふり見て我がふり直せ、とも言いますし、自分こそは言動に気をつけて、知性溢れるセレブになりたいものです。はい。

 杉田女史に贈る聖書の一節。
「塩で味付けされた快い言葉で語りなさい。そうすれば、一人一人にどう答えるべきかがわかるでしょう」(コロサイの信徒への手紙4:6)

朝)小さなゆかりおむすび一個、アイスカフェラテ、グレープフルーツ半分
昼)オットと同じお弁当のミニ版、六花亭のお菓子「ひろびろ」(頂き物)1つ
夜)自家製ピザ、グレープフルーツ半分

お通じ)良好

雨が降って涼しくなるかと思いきや、かえって蒸し暑くなってしまい、うげえーとダレておりました。運動ができなかったよ。残念。汗はものすごくかいたのでシャワーも二回浴びたけど。

 オットが「京都に帰ったらさあ、舞妓さんのかっこうして写真とるのんやってみたい!」とか言ってる。イヤだ、そんな観光客みたいなこと〜!
 なんでも、お隣の研究室のI先生が、奥様と京都観光をされた際にそんな記念写真を撮影されたようで、それに影響されてのことのようです。とほほプシュー

 そんなオットに、そういえば、と思って見せた写真が、i子の女子高生時代の恥ずかしい写真ですおはな 見てみたいですか?恥ずかしいなあ。もう10年も前の写真だもーん。

食べたものの覚え書きです。

ブランチ)プチ親子丼、小松菜のごま和え、ひじきの煮物
おやつ)アイスカフェラテ
夜)自家製ピザ半分
おやつ)コーヒーゼリー、おかき

お通じ)良好

おやつをちょっと控えただけで、ダイエットを決意した4日前から2kgとか減っちゃったよ!(そんなに甘い物食べていたのか…)この調子で頑張るぞ。

ID for WEBLiFEを買ってみました。ちょっと前から気になっていたんですよね。

コレを使うと超簡単に動きのあるページを作ることができるので、ラクはラクです。買ってマニュアルも何も見ずにでも、とりあえずこんなお試しサイトは作れますからね。

ただ、どうしても、「いかにもこのソフト使いました〜」的になってしまうのだけが難点。まあ、それ以上に「画像で伝えたいことがある」人には向いていると思うのですが。

ともあれ、デザインだの難しいタグだのに挑戦しては挫折していた人、などには朗報の良いソフトだと思います。Win/Mac両バージョンあり。当座、横のサイドバーにお勧め商品として掲載しておきます。

今日食べたものの覚え書きです。

朝)アイスカフェラテ
昼)自家製ポテチと鶏の唐揚げ(2個)、お野菜たっぷりの冷やし中華(食べきれなくて半分はオットにあげた)
おやつ)アイスカフェラテ
夜)自家製ピザ(プランター栽培のバジルを使ってマルガリータ)、コーンスープ(バーミックス大活躍)、ひじきの煮物(ココで何故か和風総菜)

 昨日、知り合いに「カルビーの契約農家さんからポテチ専用の品種のじゃがいもをもらった」とお裾分けに預かりました。一見何の変哲もない男爵っぽいんですが、ポテチ専用というからには、煮物とかにしてもおいしくないんだそうです。

 そういわれたら煮物にして実験してみたい気がもたげましたが(←人はコレをあまのじゃくという)、まあまずはポテチにしてみるべ、と、今日は朝からスライサーでシュパシュパとじゃがいもをスライス。薄く薄く切って、ダッチオーブン(サービングポット)に油をなみなみ注いで、泳がせるように揚げました。「二度揚げしてください」とのことだったので、二度揚げすると!ほんとにポテチになったよおー!拍手



 一度揚げの時にはしんなりなってしまって「こりゃ失敗かな?」と思っていたので、二度揚げして見事にポテチになったときにはかなりシンプルに驚きました。なんていうか、あれですよ、「生ハムを炒めたらハムになったよ!」みたいな「当たり前の驚き」。お料理ってこういうシンプルな驚きの連続だと思います。女 私、こういう「買って当たり前と思うもの」を「手作り」することが大好きな人種なので嬉しい とても楽しい実験になりました。有難うございます。

 しかしやってみてわかったことのもう一つが、これだけ汗だくになって油をいっぱい使って作っても、「たかだかポテチ」でしかない、ということでもありました。コロッケ作るときなんかにも思うんですけどね。家族の分くらいを作るには、労力の方がかかりすぎるんですよねえ。そのくせ、家族には「なんてことない総菜」くらいの評価ですからね。

 結局これだけ世の中に加工食品が出回っているのは、手間と道具をそろえるよりも、多少コストをかけてでも人に作ってもらったものを食べる方がラクチン、ということをしみじみ感じます。加工食品の食品添加物だとか、様々な危険性を糾弾するのは簡単なことですけれど、でもやっぱり主婦が多忙なこのご時世、「うまく頼」らざるもえないんですよね。

 まついなつきだったか誰かが、「自分の思う『格好良い大人』というのは、美味しいパンを自分で作ることもできれば、美味しいパンを買える店もちゃんと知っていて、それを時に応じて使い分ける分別のある人のことだ」みたいなことをエッセイで書いていたかとうろ覚えしていますが、パンでも何でも、すべからく加工食品については、その言葉を当てはめることができますね。まあ、基本的に私は作ることが好きだし、自分の好きな味で作ったものを美味しいと思える方だから良いんですけれど。でも、完璧主義なところもあるので、風邪でしんどかろうが、引っ越し前で道具が出なかろうが、自分の作ったものじゃないと食べるのイヤ〜〜〜、なんて思うこともあるので(笑)、うまく市販品に頼ることも心がけようかな、なんて思ったりします。

 それにしても自家製ポテチ、美味しかったです。油で揚げるのは大変だし、カロリーも気になるから、前から気になっていたチン!してチップス この道具がまた欲しくなっちゃいました〜〜(笑)。

今日食べたものの覚え書きです。

ブランチ)野菜をたっぷり入れた鳥はむチャーハン、油揚げと玉ねぎのお味噌汁
おやつ)ヨーグルト(ヤクルトの「ソフール」)
夜ごはん)ごはん抜きカレー、じゃがいも抜きスパニッシュオムレツ
おやつ)CCレモン(人んちでいただきました)

うんどう)
以前買ったDVDつきのこの本
リセット・ヨーガ生まれたてのあなたになる!
リセット・ヨーガ 生まれたてのあなたになる!
を見ながら、ヨガを1時間弱。


 スパニッシュオムレツって、スペインの「お好み焼き」に相当するものなんだと思います。すなわち、食べ盛りの子とかが「かあちゃん,ハラ減ったよー」という時にでも、あり合わせのものを混ぜて焼いたらおかずが一品増えるやーん、みたいな。
 大阪育ちの人(=オットみたいな)にしてみれば、おやつみたいなもん、とも言います。つまり私が何を言いたいかというと、冷蔵庫にあるお野菜を焼いて卵でくるんだら、なんでもスパニッシュオムレツなんだい!ということです。今日はピーマンと玉ねぎが大量にあったので…(笑)。

 同様に、パリの子における「マカロン」も、京都の子における「どら焼き」、あるいは「今川焼」に相当するのではないかと私はにらんでいます。パリに行ったとき、東京ではものすごく高級な包み紙でしか買えないマカロンが(東京に住んでいた頃、ダロワイヨのマカロンがものすごく素敵だったので時折買っていたのです)、ものすごく庶民的に売られていたので驚いた覚えがあるのです。
 多分あちらでも、ピンキリなんだろうとは思いますけれど(日本でだって、とらやのどら焼きは高級だけどコンビニのどら焼きは駄菓子でしょ)、それでも基本的にはきっと、どこででも買うことができる子どものおやつなんじゃないかと。
 そう思うと、日本ではすべからく、どんな店のマカロンでも、ものすごく仰々しく販売されてるのがなんかちょっと面白いです。もしかして、どら焼きも、どっかの国ではものすごく高級なお菓子として販売されて、その地のセレブだのマダムだのが雑誌を見てお取り寄せとかしてたりしてね。うぷぷプシュー

オット日記によると、今年の誕生日プレゼントプレゼントには椅子が欲しいのだそうで。

 実はこないだのクリスマスプレゼントのリクエストも店長愛用♪腰痛に悩む人のための腰にやさしいレグノチェアー<スタンダードタイプ>サークル肘...この椅子だったんですよ!
 独身時代にも、給料の何ヶ月分やねん?という高価なイタリア製の椅子をいくつか買っていたらしいので(そしてその上等な椅子は今、猫たちの格好の爪研ぎ兼寝床になっている)、我が家の面積に占める椅子の割合は結構大きい。っていうか全部一客ずつしか買っていないからなんか統一感がない!!

 いやまあ、予算内ならプレゼントにするのはやぶさかではありませんが、今使っている椅子の処分はどうすんのさ、とだけはダメだししておきましょう。

 一般的に言って、女性はパートナーがほしがっているものを日頃観察し、お誕生日やクリスマスにはできるだけ効果的な形でそれをプレゼントしよう、と心がけていることが多いですが、男性はそうではない気がします。
 つまり、パートナーの女性がほしがっているものなどをあまり観察することなく、その期日が近づいたら「一緒に買いに行こう」と言うパターンが多いような気が。(覚えていてくれたらまだましなほう、ヘタしたら忘れてる人もいますよねえ怒りマークまあ私が相手なら、誕生日とクリスマスをすっぽかすよーな輩はその時点でアウトですが、世の中の女の子の割と多くが「彼ったら忘れてたのぉー、ぷんぷん」くらいで許してたりするのが理解できない!)

 まあ、確かにこの方式のほうが間違いなく自分の欲しいものを買ってもらえる、というメリットがなくはないのですが、サプライズは少ないですしょんぼり
 それに、なんていうかダイレクトに購入のやりとりを見てしまうわけで、ちょっとばかりは遠慮の気持ちも生じますよね。相手の懐具合を探ってしまうというか(笑)。

 だからね、普段から私のほしがっているものを観察して、ジャストミートでさっとプレゼントしてほしいわけですよ。「どうして私の欲しかったものがわかったの〜?うふふー、嬉しいわあ」みたいな!あー、夢のまた夢かしらーノーノー

 でもまあ、私の欲しいものといえば、現金とか不動産とか着物とかダイヤとか、オットのお小遣いではまず無理なものばっかりですからねー。しゃーないかあ。

 …って自分の書いたことを見てふと思ったのですが、こういうことをいけしゃあしゃあと言う女は、ツマというよりはお妾さんのほうに適性があるのかもしれませんお金 誰か私に高級マンションをキャッシュで買ってくれないかなあイヒヒ

 お昼ごはんをちょっと早めにオットと食べようとしていると(ちなみに今日は野菜をたっぷり入れてかさましした鳥はむチャーハンとたまねぎ、あぶらあげのおみそ汁でした。)ん?めまいかな?と感じる揺れ。「お、地震や」と気づきました。
 で、すぐに揺れが収まらず、かなり長く揺れていたので「どっかで大きい揺れがあったのかな〜」と気になり、Yahoo!の地震情報で確認すると、宮城で震度6弱って!たいへんだー。
 宮城に直接の知人・友人・親戚などはありませんが、そういえばオットの隣の研究室においでで、何かの折りには仙台のお菓子のお土産を下さるI先生が、確かお盆で宮城にいらっしゃるはず!と思い至りました。I先生、奥さん、大丈夫ですか?ご無事をお祈りしています。
 
 普段携帯しているお化粧ポーチは小さいので(出先で直す程度だから、パウダーとリップグロス1本だけ。あとは頭とお腹の頓服とか、胃薬とか)、今度の帰省に向けて、お化粧用品一式が入るようなちょっと大きめのお化粧ポーチをほしいな〜と考えています。
 こういうのって、ネットで見ても今ひとつなんですよねえ。なぜなら、ファスナーの開けやすさだとか、ペンシルホルダーなんかがついているならついているで、ちゃんと自分の道具が収まるだろうか、とか、実際に手に取ってみてみないとわからないですし。それに何より、直感に来る「これカワイイ!」とか「この素材、スキ!」なんていう、ビビビ感がないピピピ

 しかーし、函館には大人向けの雑貨やさん、が皆無。(国際ホテルのロビーショップが案外穴場、それくらい?←函館市内で唯一、鳩居堂の便せんやハガキを購入できます)ティーン向けの小間物やさんはちょこちょこあるんですけどねえ。ましてセレクトショップなんていうこじゃれたお店が思い当たりません。んー、悲しい。京都や大阪、神戸にあるような、スパンコールやレースがきらきらしたかわいいポーチがほしいよー(光り物とかヒョウ柄、大好き)ダイヤ

 まあ、機能で言えば、そういえば無印良品だったらいくつか化粧ポーチがあったっけなあ、と思い当たりましたが、黒とかグレーとか生成とかしかないのが悲しい。もっと大人の乙女心をくすぐるカワイイポーチがほしいんだい!!グー

 でも、仕方ないから無印にでもちょっとお買い物に行くかなあ。しかし無印が入っている棒二森屋さんには、i子の大好きなセルフコスメの売り場が充実しているので、あそこで立ち止まっちゃうんですよねえ…。「舞妓はんのおしろい」を売ってるのは函館市内で多分あそこだけなんですよー。(余談ながら「舞妓はん」シリーズが絶好調なサナは、「エクセル」も「スーパーボリュームリップ」も秀逸商品です。安くて可愛くて効果があるので、ぜひお試し下さい。なんとっても「恋の攻めまつげ」ですぞ!すごいキャッチだ)エリコネイルの商品も充実してるし…。散財するから普段は立ち寄らないようにしているのに。そうそう、そのよこのハウス・オブ・ローゼにもアロマ用品が充実してるし、新商品のポアクリアジェルが気になっているから、近寄れないなあ…。あうー。

 オットについてきてもらって、「そっち行っちゃだめクマー」とか注意してもらうか。でもそれもつまらないし。あああ。揺れる買い物魂てれちゃう

その日食べたものとかを記録していくことにしました。

朝)アイスカフェオレ
昼)ごはん(お茶碗半分)、ジャガイモ、人参、ピーマン、豚肉のお味噌炒め、あさりのお味噌汁
夜)ゆでとうきび1本、プロテイン(★送料無料★ウイダー ボディデザイン ココア味 200g森永ウィダー
夜食)ヨーグルト(ヤクルト「ピュアラ」アロエ入り

運動)腹筋40回


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM