文字の装飾とかも簡単みたいなので、しばらく続けて使ってみて、
調子が良さそうなら移行しようかな〜女

まあ、もう旧aiko's todayも、5年も使ったもんねー。
われながらビックリおてんきおてんき

いろいろありましたわな(遠い目)。

というわけで、ちょっとお試しでございました猫

台風が近づいてきて、函館も雨風が強まってきました。
北海道には台風は来ない、というのが一般的な知識ですけど
昨年の屋根吹っ飛び事件もありましたしね。天災は予測できないもんです。

さて、私の生命保険をかけすてに乗り換えたことをきっかけに、
オットもいろいろ生命保険の乗り換えを検討中です。
私の場合は、かけすてで!と割り切れましたが、オットのは難しい。
まして、近々家づくりも控えているので、
その折りに入るであろう団体生保のことも計算すると
なんだかもう私の処理能力がヘタれる感じ。(どんだけヤワいねん)。

今日も、ドル建て終身だとか、いろいろ説明を聞けば聞くほど疲れたんですが
一つ、思い至ったことがありました。

それは49歳で早死にした自分の父親のこと。

父。もともとひ弱。繊細。神経質。グチははかずにため込むタイプ。
自営業でストレス多し。ただし収入もあったため、外食多し。
美食家で粗食を好まず、祇園で酒もたばこもふかす。
職人だったため座り仕事。一日引きこもることも多々。運動嫌い。

比較すると、オット。もともと頑丈。風邪も滅多に引かない。
勤務先のグチはよく言うけど、言うだけにストレスは発散してる気もする。
勤続年数の割の年収は、可哀想なほど低い。
そうなると必然的に外食は少なく、家庭でも粗食。
お酒は来客時にたしなむ程度。たばこは未経験。
車は使わず、毎日徒歩か自転車にて通勤(=定期的に軽い運動)。

そう比較すると、医学の進歩もあることだし、
オットは、父のような早死には、事故でもない限りしないかなあ、なんて。

まあ、超楽観的な考えではありますけれど、当たらずとも遠からずになりそう。

そう予測すると、あまり大きな死亡保障は要らないか。と思ったりする。
何より、お金以上に、長生きして欲しいと心から思っていますから
その点の希望的観測も含んでいるのかもしれませんけれど。
人の生き死にだけは予測できるものではありませんね。

ああ、生保ってギャンブルだなあ。

と、最近、自分たちの生保を洗い直しているうちに、
いろいろ学ぶことも多かったので、FP3級くらい独学でとってみようかな。
これまでいろんな資格を取ってきましたけれど、
いつも、何かのついでで勉強してましたしね(笑)。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM