祝日ながらオットたんは仕事だったので、オットたんの出勤にあわせて私と少年も家を出て、浪速の義母たんのお見舞いに行くことにしました。

 

 それだけでは少年にとってお楽しみが少ないので、7年ぶりにキッズプラザに出かけてみることにしました。

 古いiphoneを、デジカメ端末として与えてみました。早速面白い画像をいろいろ撮ってくれています。

 フンデルトヴァッサー建築の「こどもの街」は、凹凸や螺旋階段、はしごやスキマが至るところにあり、ちびっこにとってはとても魅力的な場所です。少年が一度だけ「迷子の呼び出し」を経験したのも、7年前のこの場所でした。今は、もう言葉でコミュニケーションを取ることもできるし、私もついていくことができるのですが、それでも彼の姿を何度も見失いかけました。

 車いすで街の移動を体験できるバリアゾーン。

 ふと「探偵!ナイトスクープ」の名作回のひとつ「素晴らしき車椅子の旅」を思い出しました。

 もし、少年が車椅子が必要な子だったら、私はどれだけあれやこれや手を回すだろうなぁ、と思いました。

 

 幸い、いまは健康でハンディキャップのない少年ですが、人生のどんな機会に、事故や事件に巻き込まれてハンディキャップを負うかはわからないし、そうでなくても、誰でも高齢になれば不自由もあるもので。

 

 元気な我が子に、そういったことを話して理解させるというのは難しいことです。

 

 でも、楽しみながらこういう体験をしたことで、彼の中に「社会的想像力」の種が蒔かれていることと願っています。

 まさに「百聞は一見にしかず」。

 

 わたしもだいぶ体力が回復してきたとはいえ、久しぶりに公共交通機関で浪速の街を移動したので、ぐったり疲れました。古都も観光客が多いので、人混みもそれなりにあるのですが…浪速の人混みは、それはそれでまた全然違うもののように感じます。

 

 浪速っぽいなぁ、と思うものもたくさん目に入ります。

 

「扇町公園はこっちやで」 

 

 地下鉄の扉がヒョウ柄。

 

 飴ちゃんも進化してるのか。

 

 いやー、電車で小一時間ほどですが、異世界感が強かった…。

 毎日のようにこんな小旅行を通勤してくれるオットたんに、あらためて感謝の念がわきました。

 家ではもっと優しくしてあげよう。

 

 電車で、「いかにも結婚式帰り」な人たちをたくさん見かけました。

 そういえば私も結婚記念日です。

 15年前の今日、私たちの結婚式に出席して下さった方、お祝いを寄せて下さった方にあらためてお礼申し上げます。

 

 思い描いていた40歳であるかどうかを振り返ると、願いが叶ったこともあれば、想定外だったこともあり。

 この状態を、幸せと思うか不幸と思うかは私次第なのよねぇ。

 

 幸せを探すことで、幸せになれるんだろうな。

 良いこと探しの人生航路は続いていくのです。

 

 


少年が二泊三日の信州キャンプより帰宅してくれました。

好天に恵まれ、こんがり日焼けしているのもご愛嬌。

おみやげにふきのとうをつんできてくれました。ありがとうね。

 少年の成長に伴って、部屋のレイアウトを見直してみたり、持ち物の整理をしたりしています。

 

 少年が幼稚園時代に使っていたスモックも、思い切って処分しました。

 何かに使うかも…と思って置いていたものですが、当の少年に尋ねてみると「もう絶対使わない」とのことで。

 そりゃ確かにそうだ。汚れてもいるし、名前も書いてるし、どなたかに差し上げて喜ばれる…ものではナイ。

 

 少年は発語は遅かったのですが、文字に興味を持ってくれたのは早かったので、なんとか彼が楽しんでくれるように「みぎ」「ひだり」とクロスステッチをして取り付けたのですよね。私もあれやこれやと必死だったんだなぁ、と懐かしく思い出します。

 でも、家の収納スペースは有限だしねぇ。

 

 思い切って、捨てました。

 

 少年は、こんな小さなことは覚えていてくれていないだろうなと思います。

 今や、発語が遅かっただなんて誰も信じてくれないくらいにおしゃべりな子になってくれましたし、字を書くのも得意。

 大きくなってくれるのは嬉しいけれど、ちょっと寂しいなとも思ったり。

 私も私で、こうやって少しずつ子離れしていくものなのですね。

 幼稚園時代のかわいらしいものを少しずつ捨てて、だんだんと小学生男児らしいものが増えています。

 今日から彼は2泊でキャンプにでかけています。

 少年のいない我が家は、とても静かです。

 少年は明日で9歳になります。

 元気で大きくなってくれてありがとう。

 

 成長するにしたがって、いろいろと彼の感情も複雑になってくるようで、いわゆる「難しい年頃」になりつつあるなぁ、と感じることが増えました。

 

 彼が「私たちのちび」ではなく、彼自身の人生を歩き始めているんだろうなと思います。

 行きつ戻りつすることでしょうけれど、いつか私たちのもとを離れるときまで、楽しく過ごせると良いなと祈っています。

 

 心身ともに元気で、楽しい3年生生活を送れるようにと祈っています。

 

 少年が来週9歳のお誕生日を迎えます。

 2歳直前で古都に連れて来て、はや7年が経ったことになります。

 

 来月には私とオットたんが結婚して15年です。

 イカの街に住んでいた8年間には、賃貸住宅を何度か引っ越ししていますから、一番長く住んでいるのは今の家ということになります。

 

 家族のライフステージが変化することで、使わなくなるものも堆積しつつあります。

 今は、心がけて、様々なものを「断捨離」するようにしています。

 

 でも、そんなときに、箱の中から、少年がちびっことして可愛かった頃に「お友達」だったこんなものたちがひょっこり出てきたりして、そのたびに私の感情が揺れ、「…これはまだ捨てられない」と蓋をしてしまいます。 

 

 捨てられないものは、捨てられないものとして、まだ置いていても良いのだと自分に言い聞かせます。

 実母たんに病気の心配がありましたが、検査の結果、心配していた病気ではありませんでした。

 本当に安堵します。

 

 義母たんも、実母たんも、健康で長生きしてほしいです。

 この時期恒例の「タイマソン」に参加させてもらってきました。

 

 少年は3回目ですが、私はなんと初めて。

 昨年は桜がきれいに咲いていたのに、今年はもうすっかり散って葉桜でした。

 こんなに体が動くようになってきたこともありがたいなと思います。


 この数日、とても暑かったので、もう山吹が咲き始めています。

 でも今日は寒かった!風邪を引いてしまったかも。

 

 お昼は、オットたん、少年とは別行動をとりました。

 私だけで、お食事会に出席して、中華料理をいただいてきました。

 もう長年のおつきあいのある、気の置けない人生の先輩方(つまりおねえさまがた)とのランチとはいえ、家族以外の人とお食事に行くという気力が出てきたのも、良い傾向なのだととらえています。

 

 この半年ほど、ものすごくしんどかったということもおねえさまがたにお話させてもらいました。

 いやー、人生の先輩がたの人生山あり谷あり感からしたら、私のしんどさなんてまだまだ小さい小さい、と思わされます。

 

 家族以外に、こういったお話をさせていただけるコミュニティがあることは幸せなことです。

 

 今の職場は、ちびがかつて通った幼稚園の隣です。

 

 ちびも、在園中は、先生たちに連れられてよく職場の緑地に遊びに来ていました。

 職場の人にもかわいがってもらいました。

 

 今日も、桜が満開のうららかな日で、たくさんの親子連れがいました。

 小さな子どもの声があちこちで聞こえます。

 

 そんなちびっこの中に、無意識に私のちびの姿を探してしまうのですが、もう「私のちび」は「私のちび」ではなく、ひとりでどこにでも遊びに行ける少年になっているのですよねぇ。もうここにはいないのです。寂しいな。

 

 でも、ちびとゆるやかに社会復帰をしたあの頃の思い出を胸に、ハハは今日もここで働くのです。

 

 センパイ猫とそんな思い出話をする昼下がり。

 

 

 

 

 大人になってからは、年度末って大変なばかりなのですが、子どもにとっては宿題のない長期休暇でウキウキなんですよねぇ…。

 2年生でもなく3年生でもないという時間を楽しんでいるんだろうなぁ。

 

 数日前ですが、古都タワーに行ってきました。

 私にとっては30年ぶりくらいです。

 昨年くらいだったかな?かなりリニューアルされて、お土産物やさんやレンタル和装のお店がこぎれいに入っています。

 とはいえ、全部を建て替えたわけではないので、あちこちに昭和の名残があります。

 ああ、確か、私がちびくらいのときに行った時には、こうだったなぁという記憶が呼び起こされます。

 そう、このフォント。

 折しも、古都タワーの回顧展が開催されていました。

 このエレベーターも、レトロ。

 

 私が子ども時代に感じていたワクワクを、いまはちび太郎が感じてくれているのだろうと思うと、自分の人生を巻き戻して再生して見ているような感覚があります。街の風景も人の人生も循環していくのです。


 古都の桜もいよいよ見頃。観光客でごったがえしています。

 

 気持ちが追いつかないーと毎年言っている気がしますが、それでも時間は前に前に進んでいきます。

 長年、購入を迷っていた自転車を、ようやく買いました。

 

 通勤に使う予定…ではありますが、坂道の多いエリアなので、ほんとにできるのかなー。

 不安は尽きませんが、私以上に、オットたんやちびがこの自転車でどこに行こうか楽しそうにしているので、きっと無駄にはならないことでしょう。


 肌寒い日々ですが、桜のつぼみは爆発寸前です。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM