大掃除であけくれたこの9月は、私にとっては腰のリハビリに専念した9月でもありました。

 行きたいところ、やりたいこと、会いたい人がいっぱいいる、という時に、
 ちょっと無理をしたら、多分、その欲はかなえることができそう、という時に、

 あえて、休む!
 まずは、休む!
 横になる!
 できたら、寝る!

 ということを努めるというのは、実は私にとってはものすごくしんどいことです
 
 いつもの私なら、動ける、だいじょーぶ、だいじょーぶ、動ける〜と、普通にこなせますし、多分、やればできるのでしょう。高い確率でできることなのでしょう。

 しかし、私は今年いっぱいは32歳です。(動かしがたい事実)

 厄年思想など迷信である、悪しき因習である、とバッサリ切り捨てたいところですが、もしかしてあの恐ろしいぎっくり腰が再発するかもしれない…という恐怖が目の前にあると、体がすくみます。(←そのせいの悪循環という説もありますが

 そして、オットの仕事のサイクルと、私の作業のサイクルは、年末(12月)と年度末(2〜3月)が「死ぬほど忙しい」という点では一致しています。そのうえ季節は北の大地の冬が重なります
 積雪で外出できないとか吹雪で外出できないとか路面凍結で外出できないとか強風で外出できないとか、(そんな時に限ってシカが飛び出してきて車に突っ込んでくるとか、JR特急にクマが突っ込んでくるとか、モモンガが飛行機に突っ込んでくるとか)、怖いことが重なりそうな気がするので、

 そんなこんなで、今私にできることは「寝ることができるときに寝る」「真面目に腹筋を鍛える」「真面目に腰を温める」だけだと割り切って寝ます。頑張ります。

 デジタルガジェットで遊んだり、書籍を読み込んだりも、極力目を疲れさせないようにしなくちゃ…(しなくちゃ…しなくちゃ…したいけど、しなくちゃ…)。

 年が明けたら33歳ですが、それでもまだまだ33歳なんだし、私が取り組みたいことあれこれはリストアップだけしているので、2011年1月以降にやります。

 おやすみなさいませ。(昼ですけど)。

 ブログタイトルを「リハビリtoday」にしたほうがいいような今日この頃ですが、今日も今日とて、真面目にリハビリに行って参りました。こんなに真面目に何かに取り組むことなんて絶えてなかったことですが、人間、必要に迫られると、なんとかかんとかできることなのかもしれません。トホホというかなんというか…

  今日は、「ストレッチポール」を使ったリハビリを教えてもらって来ました。

 

←こんなのです。
見た目「ただの円柱」なのですが、
ホンモノは意外にお高い


 バランスボールと同じで、「家にあって」「普段から使える」とイイなー、と夢見てしまったりしますが、間違った使い方をすると体をゆがめたり、あるいは蹴つまづいて転倒事故の一因にもなりかねないので、適切なトレーナーさんのもとで使わせてもらうのがベストなのでしょう。(スポーツジムや保健所などにもあるところがあります)。

  なんとか「痛み」と縁を切りたいです。
  一生つきあうしかない体なので、快適な状態に保ちたいなぁ…。

 先日の話になりますが、ぎっくり再発防止に全力をあげるキャンペーンの一環で、ピラティスの個人指導を受けてみました。ヨガは習いに行ったことがありますが、ピラティスは初めて。もともとがリハビリ由来のものなんですよね。

 DVDや書籍を見ながら、それなりに「それっぽい」ことはできても、本当に効果的なポージングなのかどうか、とまでは自分ではわからないので、きちんと習いたいなぁ、と思っていたのです。

 でも、1歳児と家にいると、なかなか決まった時間に決まった場所に習いに行くことはできません。

 そのため、個人指導で、家に来て下さる先生を探して、アポイントをとらせていただいた次第です。

 初回なので40分ほど、ストレッチングを中心に教えてもらったのですが、きつすぎず、そして的確にアドバイスももらえて、とても有意義でした。

 ハリウッドセレブでもあるまいし、そして家も賃貸住宅で手狭ですし、パーソナルトレーナーに来て頂くだなんて、とっても敷居が高かったのですが、来て頂いて良かったな〜と思います。都会では、体育の家庭教師が今はやっていると小耳に挟んだことがありますが、子ども相手だけではなく大人にもきっと需要がありそうですね。

 短期集中で連続して受講した方が良いとのことで、本格的に始めさせてもらうのは夏休みくらいになりそうですが、良い体験となりました。

 先生から教えて頂いたポーズを、さっそく一人になってもおさらいしているのですが…やっぱり不安(笑)。うーん、千里の道も一歩から、ですねぇ。

 ちなみに、オットはいつも「ピラティス」と言おうとして「ティラピス」と言いまちがえます。たぶん「ティラミス」とごっちゃになってる。当初私も「ピラティス!」っていちいちツッコんでいましたが、だんだん「えーと…ティラピス…?ちがった、ピラティスだ」って伝染ってきたから怖い。
 
 

 ぎっくり腰発生から3週間あまりがたち、さすがに痛みは治まってきました。リハビリも続行しています。

 先日のリハビリでは、正しい腹筋運動のやり方を教わりました。可憐な理学療法士のおねえちゃんは、可憐な顔で「じゃあi子さん、これを10回×3セットで毎日続けて下さい」とおっしゃるではありませんか。

 やりましょう。(孫正義さんふうに)

 君の笑顔が見たいから。

 いや、冗談はさておき、私、わりとこういうルーティンワークは得意なのです。今年は、お正月から、4月まで、よほど体調の悪い時を除いては毎日STEP運動を続けることができたので、自信がつきました。
 4月末からのいろんなトラブルで、そのSTEP運動は中断していましたが、その代わりにこれから腹筋運動をしたらいいということで。

 美容のため、くらいの漠然としたモンではなく、もろ、ぎっくり腰再発防止、という強いモチベーションがあるので、頑張ります!

 1月末から、1日10分を目安に始めた「STEP」もどきの階段踏み踏み運動、なんとかほぼ毎日3ヶ月続いています。我ながらエライ。当初、筋肉痛になりましたが、今や日課なので筋肉痛にまではなりません。

 続いた勝因は何か、と自己分析してみたのですが、強制的に「この時間は、踏む!」という自分ルールを決めることができたのが一番大きいかも。私の場合は「オットがちび太郎とお風呂に入ってくれている時間」。人によっては、たとえばですけれども、テレビやラジオをつけっぱにされる方だと、何らかの番組、つまり「連ドラの時間」とか「徹子の部屋の時間」とかを充てて、ルーティンにしてしまえば「あ、踏まなきゃ」と思えるようになるかと思います。(15分くらいの時間のものがイイです。「うかうかしてたら番組が終わってしまう!」と、現在進行中の作業があってもあとまわしにできるので)

 体重減を目的としているわけではないのですが、心なしか「あー今日は食べ過ぎたな、明日は絶対体重が増えてるな」と思う日でも、意外に増えていなくて体重調整がラクになったような気がします。気のせいかな?
 
 温かくなったら、またお外へのお散歩ができるようになりますが、疲れにくくなっているといいな嬉しい
 

 古都の家で一人暮らしの母が、昨年末に腰を骨折。もともと若いときの交通事故のあとがあり弱い箇所なのです。年齢も年齢なので、これを機会に介護保険制度の要支援認定を申請することにしました。

 とはいえ、彼女の気持ちがいつもながらに前向きなのが救いで、「今の状態が治ったら何かリハビリ的な運動をしたいと思うのだが何が良いか」と私に尋ねるほどに元気。

 そういえば私が以前に通っていたジムでは、中高年層向けにSTEP運動というクラスがあったことを思い出して手元で少し調べてみると、実際にこれがリハビリとしても良さそうだし、運動不足の今の私にも効果がありそうではありませんか。

 折しも、先日コッキア夫人と「これからは骨粗鬆症を防がねば」と語り合った直後でもあり、雪の中の外出を控えて引き籠もりっぱなしの私も何らかの軽い運動は毎日続けなきゃね〜、という自覚は重々あったので、さっそく自宅の階段を利用してSTEP運動的なことを始めてみることにしました。

 こんな専用の道具があるのがベストだとは知っているのですが、場所を取るものを家の中に入れるのは控えているのと、ちょうど階段の高さを測ったら、一段目だけ約17cmで良い感じだったのです。

 とりあえずの目標は15分!

 …だったのですが、5分続けたところで息が上がってきましたたらーっ

 単調な動きながら、続けるとシンドイ…。
 そのため、初回の今日は、無理をせずに10分で切り上げることにしました。それでも汗だく。
 明日は15分を目指そう。

 わたくし、体重は人並みながら、体脂肪は軽く30%を超えているかくれ肥満なのでてれちゃう、体脂肪減にもなるといいな。頑張ります。


▲これは私の手帳に貼り付けているレナちゃんのことば。
なんとなく箴言なので、時折見ては癒されています


 10代後半からこのかたずっと、日々、不定愁訴との戦いにあけくれてきた私と違って、オットはこれまで頑健そのもので来たので、30代も後半に突入してあれやこれやと出てくる「ちょっとした不定愁訴」にすぐに対応できずにまごついています。また、予防を講じる、という知恵も経験も少なく、私からすると「そんな丸腰で戦えるかい!」と思わず突っ込んでしまう無防備さ。

 とはいえ、「健康」は人生の目的そのものではないんだな、ということも徐々にわかりつつあります。「ダイエット」なんかもしかり。完全な健康だとか、完全な体型なんていうものがそもそもありえないものだと思うと、健康も、体型も、その人が、その人のやりたいことを、適切にやり遂げることができる状態でさえあればいいんですよね。

 私はこのブログ以前からもWebに日記を書いてきて、長年「aiko's today」と名乗ってきましたが、ブログに移行する際に、そこに「optimal」と加えたのは、漠然とではありますが、上記のような意図がありました。

 心身ともに、そして公私ともに、何かを無理に頑張ったり、人の目を気にしたり、ということではなく、自分の気持ちに正直に、なにごとも過不足なく暮らしたい。そんなささやかな理想を一言で言うと「快適」だったのです。

 今年も残りわずかとなりましたけれど、年が明けても、そして年を重ねても、体と心が快適でいられるような知恵を持てますように。

 決して千葉麗子さんの影響で、というわけではないのですが、最近、朝一番にお白湯を飲むようになりました。

 これまでにも、なんとなく朝一番には常温のお水とかお茶とかをぐいーっと飲んではいたのですが(健康法というより景気づけ的に)、このとこ寒くなって、「常温」のはずが、本州感覚で言うと「冷蔵庫に入れている状態」になりつつあったのです。

 そんなときに、ちび太郎のミルク用に魔法瓶に入れていたお湯が、朝方になるとほどよく冷めていることに気づいて、「あ、これ、いいかも」とゴクゴク飲むようになった次第です。

 冷たいお水を飲むより、お腹が優しく温まるので良いですね。

 いくらいい健康法でも、ずぼらな私は「頑張らなきゃ」と思って続けるものって、たいてい続かないのです。「なんとなく気づいたら続いてたな」くらいがちょうど良いんでしょうね。

宝塚式美人養成講座」なる書籍の中で、「ブスの25箇条」が紹介されていたな、ということを今日唐突に思い出し、再読してみました。
「ブスの25箇条」
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.自信がない
6.愚痴をこぼす
7.希望や信念がない
8.いつも周囲が悪いと思っている
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくていじけている
11.なんでもないことに傷つく
12.他人に嫉妬する
13.いつも口がへの字の形をしている
14.目が輝いていない
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらやむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなく傲慢である
23.人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分がもっとも正しいと信じ込んでいる
25.存在自体が周囲を暗くする


 うんうん、やっぱこれを全部実行したら誰でも簡単にブスになれるよね、と思いながら再度身を引き締めていたのですが、よくよく読むと、これっていくつか重複する内容がありますよね。たとえば、「笑顔がない」「精気がない」「目が輝いていない」「存在自体が周囲を暗くする」このへんは似てる。また「自信がない」と「他人に嫉妬する」も裏表みたいなもんだし、「人のアドバイスや忠告を受け入れない」のは「自分が最も正しいと信じている」からなんでしょう。

 そんなわけで、この25箇条をスリムにしてみました。

 以下、わたくし訳の美人の5箇条。

1、自尊心を持ち、他者にも敬意を払ってコミュニケーションできる
2、美味しい、楽しい、嬉しい、と素直に喜びを表現できる
3、和顔愛語、keep on smiling.
4、環境を整えるのも自分の努力と考え方次第
5、人に、社会に尽くすために自分の能力を高め続ける

 もうちょっとスマートな表現にすると、さらに「標語」っぽくなってよさそうですね。考えてみます。

 …っていうかこの5箇条のさらなる要約が「清く、正しく、美しく」なのか!
 逸翁…恐ろしい子…。
 

 この夏はずーっと胃の調子が悪くて(関西風に言うなれば「胃ぃわるい」)、おかげでどんどんと体重は減り、もはや妊娠前よりも下回るようになりつつあるのですが、美味しいものを美味しく食べられないのは、悲しい。

 ところが、今週末は食いしん坊なお客様が来られるので、オットともどもどこのお店で何を食べようか、ウキウキワクワクと計画立てています。(もはや「お客さんのおかげで酒が飲めるぞー♪」という感じ…)

 食欲を失っている場合じゃない。
 立て直さなきゃ!

 というわけで、今は苦い胃薬も一生懸命飲んで、万全の体調で食べに行けるように調整中です。

 思えば、8月1日の開拓街でのごちそう旅行の時も、お腹が痛かったんだった。
 あれも痛恨だったなあ。
 
 食い意地がはっているわりに、お腹は繊細なので、困ったものです。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM