希望しかない

 今日はちびの卒園式でした。

 ちびが主役、とはいえ、それなりに私の身なりも整えねばならず、ついでに整えるからには記念写真でも撮ろうということになり、朝6時起きで着物を着て、早朝料金を払って写真館へ…。んでもって、卒園会&謝恩会→市内関係各所へ挨拶回り…という、ヘタしたらこれは自分の結婚式以来の大回転なんちゃう?という一日でした。

 古都に戻った2011年、1歳児の保育園にはどこも門前払いだった私とちびは、ベビークラスのあるこの園にたどりついて、以来ここまでお世話になりました。

 その時以来ご一緒のご家族もたくさんおられて、どの子も赤ちゃんだったのが、ここまでいろんなことができるようになって…と感慨深いものがあります。号泣レベルのおかーさんもたくさんおられたなぁ。(意外に私はこういうとき冷静で人前で泣くこたぁない)。
 親密なご家族だと、さまざまにプライベートな話を伺うことも多く、社会の縮図を感じることもありました。子どもがいなくても、社会現象として知ることではあったでしょうけれど、ここまで深く身近なこととして考えられるには及ばなかっただろうな。ちびが5年で成長したように、オットたんと私も、一人の大人として学ぶことがたくさんありました。

 赤ちゃんとして名もなく生まれたちびが、だんだん1人でできることが増えてきました。

 これからは私達の支えを振り切って1人で生きていけるようになって、誰かと生きていけるように、誰かのために生きていけるようになっていく段階にさしかかるのでしょう。振り子のように揺れるであろう彼の成長を、これからも受け止めていくことができますように。

 成長するちびに寄り添う私達は、これから身体能力をすこしずつ失って、かつて1人では何もできなかったように弱くなっていくのだろうなと思います。

 でもね

 年を重ねて若さを失うかわりに、増えていくもの、なーんだ?

 と子どものように探す気持ちは持ち続けたいなと思いますし、死も希望であると信じているからには、先には希望しかないのです。

 フックブックローのように淡々と「物語はつづいてく」日々ではありますが、そんな日々にさしこまれたきれいな栞のように、今日の式典が与えられていたことに感謝します。

 …と、こんな感動的な一日を過ごした翌日はゆっくり休みたいものですが、無粋に休日出勤です。
 

 
 

Posted by i子 at 22:30 | 日々のこと | comments(0)

人を動かす

 ここ数日、ロボット掃除機欲しい熱が高まっています。

 年始めに久々にぎっくり腰になって、そのあとも怒濤のような日々を過ごしていると、私の好きな家事のひとつである掃除機かけに手が回らなくなってきました。

 わが家はマンションのようなフラットな構造ではなく、2F建てですし、猫も多いので、私が仕事をしていなかったときは1日に2回掃除機を出すことも珍しくありませんでした。

 ちょっと掃除に手が回らないと、すぐに猫の毛やホコリが溜まる…
 ホコリが溜まると、私の気分がすさむ…
 私の気分がすさむと、ちびやオットたんに優しい気持ちになれない…

 昨年末、普通の掃除機も買い換えたばかりですし、その上ロボット掃除機まで欲しくなるのは、贅沢以外のなんでもないことは重々承知はしているのですが、だからといって、贅沢は敵だと精神論で乗り切れることでもなくなってきて、ここはひとつそろそろ、ロボット掃除機を導入しても良いのかなぁ、自動運転で取り切れない段差とかこまごまとしたところの掃除に人力をまわしたほうが合理的なのかなぁ、と考えるに至った次第です。

 ずいぶんと選択肢も増えましたしね。
 
 そんなこんなで、いろんな機種のスペックを見比べてはいるのですが、どの機種も共通しているのは
「人間が、部屋を、ロボット掃除機に掃除してもらう状態にしなくてはならない」ということ。

 つまり、床からこまごまとしたものを取り除いておくのは、人の仕事なわけで。

 …っていうことは、だよ。

 もうその時点で、掃除って、八割方カタがついてるんじゃない!?

 ロボット掃除機が家をきれいにしてくれるんじゃなくて、
 ロボット掃除機に働いてもらわないといけないから、人が動くんだわ。

 広告が見せてくれる幻想に私も飲み込まれそうになってたけど、はたとそんな現実に気がつくと、もうちょっとまだ人力で頑張れそうな気がして、まだ衝動買いには至っていません。

 多分わたしは一生衝動買いとかできないタイプなんだろうな。

 あと、私がほしいのは、衣類を乾燥して、たたんで、ユーザー別引き出しとかにまで片付けてくれる全自動洗濯機と、使用後に自動で掃除してくれるユニットバスとトイレです。
 できそうな気がするんですけどねぇ。まだできませんか?

Posted by i子 at 22:37 | 日々のこと | comments(0)

やっと年があけたきがする

 元旦以来、ぎっくり腰で引きこもりがちだったのですが、今日はようやく、新年の集まりに出て、ご挨拶するべき人達にご挨拶をして、新年があけきった気がします。やっぱ社会生活って大事ね…。

 申年にちなんで、日光東照宮の猿のお話し。
「見ざる、聞かざる、いわざる」の三猿があまりにも有名すぎて、実はこのレリーフが「猿の一生」を表現しているということを、これまで聞き落としていたなぁ、と気づきました。

 八面あるレリーフの、一面目は、子猿の将来を案じて見通そうとしている、賢そうな母猿さんでした。
 ああ、こういう、子猿に信頼される聡明なおかーちゃんになりたい。
 そのためには、私は「見ざる、聞かざる、いわざる」じゃなくて「見る、聞く、いわざる」であらねばね。

 ちょっと前の「ブラタモリ」でも、東照宮は江戸のテーマパークだと言われていましたが、本当にそうなのね〜。
 日光を見ずしてケッコーと言うなかれとも言いますし、いちど行ってみたいです。

 家庭でも、仕事の場でも、自分の立ち位置は黒子だと思うことが増えつつあります。
 とくに今年は、ちび太郎が卒園して小学校入学という節目でもあり、私も気持ちが引き締まりますが、本当に願うことは、ちび太郎やオットたんが持つ力を最大限に発揮できる環境を作る、ということなのです。
 
 つまり、私が頑張らなくてはならないのは、黒子としての仕事に徹すること。
 凡事徹底、毎日の生活や、交わす言葉を大事にして過ごす一年にしたいです。
 
 腰痛でしかめっ面をしていたことが多いこのお正月でしたが、一番笑ったことを覚え書き。
 吉本芸人さんの日めくりカレンダー「毎日、ポジティヴ!」のamazonレビュー
「毎日トイレにかけて眺めていたら不正出血が治りました」とあった話。

 うーん、現代にも、こんな聖書の奇跡物語みたいなできごとがあるのね。
 それくらい、ムチャブリなレベルでのポジティブシンキングって大事なのね。

Posted by i子 at 20:51 | 日々のこと | comments(0)

怖いのはどこだ

 会社でがん検診を受けました。

 移動検診車での検診でした。
 自治体の検査でも検診車で検診を受けたことはあるのですが、今日は妙に、車の揺れが気になりました。
 当然、停車して、検査作業がなされているのですが、トラックの中には検査技師数人と、待合室に受診者が数人乗っていて、往来があるので結構揺れるのです。

 その揺れに気分が悪くなって、自分でも気づくほどに血の気が引いて、妙に動悸がどくんどくん…。

 その違和感が何かと考えたところ、多分、狭くて風通しの悪いところに数人で閉じ込められているのにもかかわらず「揺れから逃げられない」恐怖心なんだなと気づきました。

 阪神大震災も、東日本大震災も、大きな揺れこそ経験したものの、直接的に被害を受けたわけではないレベルの私が、こんなトラウマちっくなことってあるものなんだな…と自分の状態にびっくりしました。

 多分、脳内では「揺れてる、逃げなきゃ!はやく逃げ場を確保しないと!」と指示を出しているんだけど、「いやいや、まてまて、ここは会社、周りは誰も逃げてない、私も逃げるほどのことではない」みたいな、心身の行き違いみたいなのがあるんだろうな。

 そういえば、最近めっきり飛行機に乗らなくなったので忘れていましたが、飛行機でも、乱気流に巻き込まれるときの足下グラグラ感がこんな感じだったことを思い出しました。地に足付かないところでの揺れって、ほんとに怖い。私はきっと高層マンションとかオフィスビルとかではとても生活できないな…。

 揺れのほうにばかり気がとられて、肝心のがん検診のほうは、何を検査されたか忘れちゃった_| ̄|○

 何も見つからないように祈ると同時に、もし何かが見つかっても、冷静に対応できるように、心の準備をする良い機会だと思うようにします。

 とりあえず、私にしては珍しい、心療案件だったので、自分のためにも覚え書きしておきます。

Posted by i子 at 22:13 | 日々のこと | comments(0)

「あさが来た」

あさが来た」をとりあえず放送初日から続けてみています。

 放送開始前から非常に期待していただけに、今のところかなりの高得点です。
 朝ドラで幕末を描くのは初めてだそうですが、いいじゃないですか。うん、いい。大河ドラマよりもむしろちゃんと幕末だ。

 私がもやもやと既視感を抱いていたのは、少女漫画の大家、大和和紀さんの作品なんだなぁと思います。
 とくに「ヨコハマ物語」「NY小町」あたりは時代背景も主人公の設定も似ています。
 代表作「はいからさんが通る」は時代設定がもうすこし後の大正なので、そっくりそのままとはいきませんが

・おてんばヒロイン(振袖で木に登る、木から落ちる、お姫様だっこをされる、字は下手、失敗を恐れずに成長する)
・美形、かつヒロインの短所も長所も受け入れる許嫁(「許嫁」という響きは必須、細身でもお姫様だっこをする筋力はある)
・恋人や配偶者にはならないけれども、ヒロインの精神的成長に深く関り、世界情勢を教える「男前なおにいさま」。
・許嫁との仲を疑うほどに親しいライバル女性(ワケあり美人)→たいてい打ちとけてカップルでの友情に深化する
・ヒロインが女性として憧れる「姉的存在」(あるいは姉)
・対外的にはおてんばをたしなめつつ、家庭においてはヒロインの人格の成長を温かく見守る「家族」
 
 いくつかの変形はあっても、とりあえずこういう登場人物はテンプレートとして必須か。

 大和作品は少女漫画の古典なので、実写化や舞台化したものもいくつかあります。
 でも、そのどれもが、「原作とはちょっと違う…」というところがありました。(今でも劇画作品の実写ってものすごくデリケートで難しいものだけど、昔はもっとあからさまな改変や改悪が多かった。)

 皮肉なことに、今回の「あさが来た」は、大和原作でないのにもかかわらず、大和作品的世界観が忠実に映像になっていて、不思議というかなんというか…。マーケティング的な確信犯なのかなぁ。

 あと、同じNHKの「本棚食堂」で良い味出してるなぁ、と思っていた「柄本時生」さんが「眉山惣兵衛(はつさんの旦那様)」だと勘違いしていたのですが、実は兄の「柄本佑」さんだったということにようやく昨日気づきました。さすが兄弟、よく似ていらっしゃる…。

 どうやら世の中には、私と同じ間違いで見ている人が多いらしい…。

 世の多くの女性視聴者が、新次郎さん役の玉木宏さんに釘付けになっているようですが、私は栄三郎くん役の吉田八起くん(子役)にロックオンしています。かわいい。


 

Posted by i子 at 22:31 | 日々のこと | comments(0)

連絡帳ってなんていうんだっけ

 ちび太郎の幼稚園で、9月から、保育時間後の英語教室が始まりました。
 正課保育時間にも関わって下さっているネイティブの先生が受け持たれるクラスなので、ちびにとっても親しみやすいだろうと考え、また、私の働いている時間の延長保育に料金がかかることを思えば、いっそ英語も習っておいてもらえたら一挙両得ということもあり、通うことにしました。

 ただ、大手の英語教室のように、私が送迎をして、先生からそのたびにフィードバックをもらえるわけではないので(ちびはクラス終了後には園バスで帰宅するため)、私が先生と接する機会はありません。

 ちび太郎も、まだ正確にクラスで何をしたかを教えてくれるわけではなく、ましてそれが英語のみでなされる授業なので、ますます私に伝わるときにはわけのわからない話になっています。

 そこで、私が自前で、先生に連絡帳を書くことにしました。

 英文のレターを書くなんて現場から離れて久しく、「…えーっと、連絡帳、って何て書けばいいんだ?」という辞書引きから始めるレベルです。

 先生もお忙しいことでしょうから、迷惑がられそうなら引っ込めようと思っていたのですが、初回に、私からちび太郎の紹介を拙い英語エッセイで書いたところ、大変歓迎してもらえて、毎回、とてもとても丁寧に、授業で何をしたか、ちび太郎が誰とどういうふうに関わっていたか、どんな反応をしていたかということを書いて下さるようになりました。

 ここまでフィードバックにこだわる保護者も珍しくて嬉しいのかしら?と思えるほどに、先生がたくさん書いて下さるので、私も読んで理解するのに必死。

 私からもできるだけ在宅時のちび太郎の様子なんかを英語で伝えようとするうちに、だんだん先生と私との文通みたいになってきました。

 そんなに英語が得意というわけではない私が、仕事やら家事やらで追われている中で、必死に書いてる英文なので、多分ミスもいっぱいあると思うのですが、ええい!ままよ!これが私のレベルですとも!と半分開き直って書いているうちに、あら不思議、ちょっと英文レターを書くことに抵抗がなくなってきました。

 定期的に、軽い負担をこなす、というのは、どんなトレーニングにも有益なことなのでしょうね。

 あと、失敗とかミスは気にせずに、継続的にやる、っていうのもいいのかも。日本人の外国語学習あるあるネタで、「完璧を求めすぎて挫折する」という話をよく聞きますが、まさに私もそれだったのかもしれません。別に、採点されるわけでもなんでもないレターなのですから、楽しく書いて、8割くらい通じてたらそれでいいかな、なんて割り切っています。

 ちび太郎には、語学だけではないところでも、失敗やちょっとくらいの指摘を気にせずに、何度でもやり直して、どんどん自分の壁を越えていってほしいなぁと思います。

 そのためには、たぶん私がこまごましたことをダメ出ししないようにするところから始めないとね。彼を見ているときには片目をつむってるくらいがちょうど良いのかな。

Posted by i子 at 21:26 | 日々のこと | comments(0)

磁場

  9月が始まりました。

 そして私は、結婚以来、はじめてオットたんの保険の扶養者から外れることになりました。気長な就職活動が実って、働き始めることになった次第です。

 5年前にオットたんのUターン転職で関西に戻って以来、オットたんの長距離通勤のマネジメントや、ちび太郎の健康上の問題(結果からいうと問題はなかったので杞憂ですみましたが、このブログには書かないまでも4年間、定期的な通院に付き添っていました)や幼稚園との折衝で、24時間365日営業のような妻・母業の毎日でした。

 大学時代の恩師の一人による個人ブログで、時折、家族(家庭)は大きな重力を持つ集団である、また、「家庭」と「職場」という大きな磁場を持つ2つの集団に、過度に引き込まれて、個人が引き裂かれることがないように適度な距離を保たなければならない、というようなことを書かれていて、ふむふむ、確かに確かに…と読むばかり。頭ではわかっていても、自分としては、自分のことよりも家族のことにいっぱいいっぱいで、「私個人」なんてものはどこか昔、遠いところに置いてきたような感覚の日々でした。

 とはいえ、それが不幸だったとか、自分が自分ではなかった、というのではありません。その「私個人」が、家事がそもそも大好きという特性があったので、実は、専業主婦業という自分のあり方が居心地がよく、家族や地域社会への献身は幸せな時間でした。

 社会制度的に、年々、専業主婦というあり方が難しくなってきているという外的な理由と、ちびの健康上の問題もほぼ心配がなくなると、あとは加速度をつけて自立をしていく時期に私がちびに過干渉であってはならないなと思う自制心とから、少しずつ、自分を「家庭」という強力な磁場から離していかないとな…と思うようになり、ゆるやかな社会復帰をこころがけていました。

 私に仕事のブランクが長い上、(いくらオットたんの登板も期待するとはいえ)現実的には、まだまだ私がちびの幼稚園や小学校生活と関わらなければならないことは明らかですから、とにかく無理のないように、勤務のエリアと時間とを絞りに絞って、マッチングを待っていたところ、良いご縁を頂けたのでした。

 正直なところ、いろいろ心配なことや迷いは多いのですが、こういうご縁は、望んだときに得られるものではありませんから、与えられたときに受けなければならないな、今こそが背中を押されている時なのだなと思います。

 何せ、私が、ちびに、家ではないところで仕事をしようと思う、と伝えると、ちびは諸手を挙げて「やったあ、これからはえんちょうほいくでもっと遊べるんだね!」と大喜びでしたし、彼の幼稚園から、すこし背を伸ばせば見えるような場所での勤務なので、彼としても、私としても安心感があり、オットたんや実母たんも、快くサポートを引き受けてくれました。口にはしなかったものの、内心は私があまりにも家の磁場に吸引されているのを心配していたのか、なにやらホッとしているような気配すら感じます。

 そんなこんなの、とりあえずの勤務初日。

 好意的に迎え入れていただけた職場環境にも感謝ですし、送り出してもらえる家庭環境にも感謝です。

 その両方の環境に、(さらに、もうひとつの領域についても現在進行形で)、自分の人生の残り時間をうまく配分していけるといいなと思います。

 今日から発売開始の「ほぼ日手帳2016」を購入。
 ここ2年、A5版の「カズン」を愛用していましたが、来年は外で使う機会が増えそうなので、ひさびさに文庫サイズのオリジナルのものにしてみました。
 来年も良いことがたくさんありますように。

Posted by i子 at 20:46 | 日々のこと | comments(0)

しこみ

  マイくんも不調ながら、わが家のネット環境も不調で、思うようにいかないなぁということの多い日々です。

 獣医さん的には、「この状態で食欲が旺盛でいてくれることが奇跡」なのだとか。
 今日はひさびさに晴れたので、ヨタヨタとした足つきながら、お外に散歩にでかけてくれました。
 奇跡は奇跡として素直に感謝しよう。

 出かけた先で見かけた消防署の「山火事を防ごうキャンペーン」

 かわいいんだけど、山の中でクマを見たら、それはそれで怖いと思います。

 北の大地に嫁いだ頃、ローカルニュースで、結構クマ出没の事件って多いんだな、と思ったことを思い出します。そして襲われた人の血痕が点々と残っているようなショッキングな映像も、その頃は怖かったなぁ。…いや、年齢を重ねた今でも、人生経験としてはまだクマと遭遇したことがないので、やっぱり怖いものは怖いんですけど。

 さて、週末は、浪速のオットたんの実家で、ご法事があります。
 とはいっても、嫁である私などは、直接存じ上げないような遠い仏さんです。
 私ですらそうなのですから、子ども世代になると、もっと「…ダレ?」という存在になるわけです。

 そういう人のことを言い伝えるのが法事の意義だったりもするのですが、子どもの観点ではなかなかそういう意義まで思いつかないもので。たまに集まるいとこ同士で、お坊さんの読経そっちのけで大運動会、となるのが目に見えています。

 人気ネタシリーズ「坊さんあるある」で、わが家のことがお笑いネタとして流布するのも不本意なことですし、宗教者は敬うべき、とちび太郎には教えているので、法事で大人のお話をしっかり聞けるならば、ちゃんとご褒美を設定してやらねば、と思って、今日仕込んだのがこちらの装置です。

 さあ、仕込んだ通りになってくれますかどうか。

 中身は、いとこたちはもちろんのこと、実子であるちび太郎にも極秘。
 まだ存在もあかしていません。

Posted by i子 at 21:42 | 日々のこと | comments(2)

逢い引き臭がする

  江戸の友人が、「仕事で」この土日に古都にやってきていたのですが、普段なかなか会えないのでどこかで会ってお茶しましょー、というやりとりになっていました。

 私の友人だから、もちろん女性(←さらにいうとオットたんもちび太郎もみな何度も会ったことがある。たいてい宝塚大劇場か梅田芸術劇場かのどちらかでばったりみたいなパターンで)。

 当初の予定は、土曜に江戸で仕事を終えて、夕方に新幹線で古都に来るので、夜にどっかでゴハンを食べましょう、だったのが、彼女の仕事がのび「泊まるホテルのラウンジでお茶でもしましょう」になり、さらには「ごめん、今日は仕事が更に変更になったので、最終ののぞみでの移動になります。今日は無理そうだから日曜の帰りの新幹線間際に!」みたいな予定変更が相次ぎました。

 オットたんからは「君は都合のいい女にされている!逢い引きの香りがする!!」とさんざん言われ…。(いやもちろん冗談なんですけどね)。

 ま、逢い引きをしたところで、彼女と語る話題は宝塚の話ばっかりなんですけどね。
 アルコールなんか一滴も入らなくても、たぶん千夜一夜で喋り通せる自信があります。

 というわけで、いい年をこいたジョシカイは、日曜の午後に、かき氷とかつつきながら、ものすごく濃密な時間となったのでした。

 また会いましょう。

Posted by i子 at 21:35 | 日々のこと | comments(0)

ブラタモリ

 
 昨日の「ブラタモリ」が、イカの街に、本州側から陸路で上陸する、という回でした。
 オットたんと私にとっては懐かしい風景で、テレビを囲んで多いに盛り上がりました。

 その一方で、北海道新幹線がいよいよ開業直前ということもあって、見慣れた街に最新鋭の車体が走っているという驚きもあり。

 来週の続編もとても楽しみです。

 上は,私達が昨年の秋に遊びに行ったときの摩周丸の画像です。
 昨日の放映では、普段は一般公開されていない、貨車と線路との接続部分なども見ることができて、感動しました。

 歴史的な使命を終えたからこそ廃業した連絡船事業ですけれど、それはアタマではわかっていても、自分たちが経験できなかったことを経験してみたかったなぁ、と憧れます。

 しかし、イカの街の地形にあらためて自然の造形美を感じます。
 
 会いたい人たちに会いにも行きたいなぁ。

 6月は、とくにイカの街が素敵な季節なので(古都が梅雨なだけに、よけい魅力的)、一年のあいだの1ヵ月だけイカ街で暮らしたい、なんて夢を見たりもします。

 いつ終わるともしれず、もしかしたら一生住むかもしれないとも思ったことのあったイカの街の生活はとても楽しかったけれど、離れなくてはならない時だったからこそ離れることにもなり。今は今で、今の生活を今与えられている場所で頑張っていかないとね。

「住む」楽しみを手放したからこそ「遊びに行く」楽しみができたと思うことにします。

 また、ぜひ、行きます。イカの街。

 ちなみに、「ブラタモリ」の桑子真帆アナウンサーは、昨年まではBSの子ども番組で「くわこおねえさん」として体を張って出演されていた元気でかわいいおねえさんなのですが、この春に本社に栄転されて、いまは堅いお仕事をこなされています。なんと東京外大のロシア語学科卒ということでそのギャップ(?)が魅力的です。

Posted by i子 at 20:23 | 日々のこと | comments(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>