結婚記念日だけどワンオペ

 今日は14年目の結婚記念日です。

 

 ただ、まあ残念ながら、例年この日はオットたんだけお仕事というパターンが多く、今年もそうだったので、わたしのワンオペでちびとプチドライブをしてまいりました。

 

 前の職場のお友達から教えてもらった、湖国のちびっこのパラダイス「南郷水産センター」へGo!

 1966年開園だとか。

 古都でいうところの交通公園と同じ時期だな…。

 第二次ベビーブーマー世代とともに、という施設でしょうか。

 実母たんによると、私もかつてはちびっこ時代に連れて行ってもらっていたのだとか。覚えてへんよ。

 

 おしえて下さった方も、入園チケット売り場の人も、「麩をぜひ買ってね」と推し推しだったので、わけのわからないまま入場口で麩を購入しました。(150円)

 

 その理由はすぐにわかりました。 鯉の餌なんですね。

 ぎゃぼー

 

 とどん引きするほど、鯉の群れがやってくる…。

 

 たくさんのお客さんから、たくさんもらってるくせに、それでもすごい勢いでちびの投げる麩に鯉が押し寄せます。

 麩どころか、ちびが食われそうな勢い。

 

 鯉って…もっと優雅な生き物だと思ってた…。

 ドラマ「華麗なる一族」の万俵のおとうさまが豪邸の庭で飼ってるイメージが強かったので、意外な感じでした。

 

 食堂も、昭和40年代の空気感を真空保存してるみたいな感じでした。

 最繁忙期と見えて、ものすごい状況でした。詳しくは書かないけど。

 

 はらごしらえして、「今から後、ちびは鮎をとる漁師となる」という風情の午後の部開始。

 これを見込んで半ズボンで着ていましたし、着替えも用意してきてはいましたが、周りは地元の子たちと見えて、本気モードの水着とかパンツ一丁とか、アウェイのちび選手からしたら勝ち目がない感じではありました。掴むフォームも違う。古都育ちのボンチなちびは不利です。まあ、次回に期待。

 

 つぎは金魚のつかみ取り。

 これは2匹つかめました。とはいえ、ちびにとらえられるくらいだから、強さは不安な感じですが、それでもちびの今日の満足度を高めてくれてありがとう。うちで余生を過ごして下さい。(猫がたくさんいて申し訳ないけど)。

 

 びしょびしょになったので、帰宅前に着替えさせたのですが、帰途、思わぬ伏兵と遭遇。

 

 隣接する「アクア琵琶」という社会教育施設の「雨たいけん室」なる装置につっこんでいったのです。

 …ふふっ。

 

 ふだんの雨の日は、めっちゃしぶしぶなくせに…。

 レインコートとか長靴とか全力で拒否するくせに…。

 

 なぜこういうところだと大張り切りで自分から切り込んでいくのかしら…。

 

 私も私で、一日の疲れがどっと出ていたのと、もうこれ以上着替えの用意がないのとの心配で「…よけいなことに気づかれちゃったな」と面倒な気がしていたのですが。

 

 これはこれで、経験できて良かったです。

 気象の記録として残っている強い雨や、人工的に作り出す豪雨を、説明のナレーションや暴風雨の音とともに体験させてもらえます。

 私は、台風の時期など、人生で何度かコワイ思いをしたことがあるのですが、「普通の雨」から「豪雨」になるあいだの経過ってこどもだとあなどりがちなんじゃないかな、防災センターで地震体験をするのと同じで、ここで豪雨がこれくらいコワイという心の準備をさせてもらえると、自分で気をつけるようになるから良いものだな、と思いました。

 

 この施設、じつは私(やオットたんも)が大好きな系の展示施設で、治水の歴史や環境についてしっかり学ぶことができるところのようです。今日は気づくのが遅すぎたので閉館間際でしたが、ぜひもう一度ゆっくり来たいなと思いました。今のちびの工作好きも、長じてはこういう方向で世の中に貢献ができるようになるといいのになぁ、と思います。

 

 往き道では渋滞に巻き込まれたので、帰り道は遠回りでも山越えルートをとることにしました。

 途中の道の駅にて。

 信楽たぬきベア。

 もうこうなると何の生き物かとは思います。

 

 これもたぬきじゃない。かわいいけど。


 オットたんへのおみやげは、鮎の佃煮と、滋賀づくりビールと、ロクブンノイチ野帳

 野帳好きのオットたんにはとても喜んでもらえました。良かった。

 ささやかながら結婚記念日のプレゼントです。

Posted by i子 at 19:40 | - | comments(0)

理想と現実

 連休はざまの平日である今日は、オットたんはお仕事、ちびは学校。

 

 私だけが在宅している、なんていう日があるのはいったいいつ以来かしら?と思い出せないくらいのことで、こんなひさびさの貴重な平日を楽しむつもりでいました。

 

 …が  10日ほど前に洗面台の水漏れが発生していたので、その修繕をお願いしていた対応があったり…

 自分の病院に行って、銀行と役所関係の仕事をして、お買い物をして、そうこうするうちにちびが帰宅して、(しかも急遽友達のおうちに遊びに行きたい!」とか言い出して)ばたばたしているうちにオットたんが帰宅して、結局、出勤してるよりもぐったり疲れる一日だった気がします。

 

 思い出せば、専業主婦としてちびの幼稚園の送り迎えを対応していた頃って、毎日がこんな感じで、もがいてももがいても抜け出せない闇の中にいるかのようで、ちびの幼少期と向き合えることは大事なことと頭では理解しようと思っていても体がついていかないようなしんどさが抜けなくて、辛かったな…。

 

 育休や産休のように、ある決まった期間を終えて、確実に子どもを預ける環境があって、戻れる仕事があるならばもう少し前向きになれていたのかもしれないけれど、私には何もなくて先行きがしんどかったんだろうと思います。

  今となっては、段階を踏んで仕事の場に復帰もできたことだし、ちびもしっかり成長している手応えを感じるしで、あの頃のしんどかった自分を励ましてあげることだってできそうなんだけど。

 

 まあ、過去の自分に今の自分が何かを言えることはないのですけれど、せめて、今、過去の私のようなしんどさを感じている人がいるなら、そのしんどさに共感してあげたり、ゆるやかに前を向くように言ってあげたりということはできるようになったかな、と思うのです。

Posted by i子 at 21:46 | 日々のこと | comments(0)

連休は熱が出がち

 連休に突入したとたんに、私が発熱。

 

 だいたい毎年のことですが、連休って年度末はじめの疲れがどっと出るようです。

 

 ニュース映像でイカの街の桜の開花を見たりして、特に思い出すのが、ちびを産んだ年の連休。

 自分が産褥で死にかけているのに、イカの街では桜が咲き、梅も桃も藤も一気に咲き、春を迎えていたのを窓越しに見ていたことを思い出します。

 

 今日も、熱を出して夢うつつとなり、星型公園の桜の風景に魂が行ったり来たりしていたところ、ちびがかいがいしく冷えピタを持ってきてくれたりして成長を嬉しく思いました。

 

 信州のお友達から送ってもらったおやきで食料を確保…。(おいしかったです。ありがとうございます。)

Posted by i子 at 20:27 | - | comments(0)

なぜ死に急ぐか

 おかげさまで、ちび、無事8歳のお誕生日を迎えることができました。

 周りの皆様から祝ってもらえて、本人も私たちも幸せです。

 

 昨日、冷蔵庫に残っていた1個の卵で作ったスポンジケーキで、なんとか今日のケーキを作りました。

 我ながら良いできです。

 原価計算したら200円くらいかしら?

 私の作業時間とかは全く考えていない意味のない数値ではありますが、家族3人で食べきる(祖母はお食事制限があるので甘い物を控えているので)にはちょうど良いサイズだし、私がケーキを作っている姿をちびが満足そうに眺めているような、換金できない価値があったり。

 私がこういうことができる環境は、本当に有り難いことだなと思います。

 

 ちびに、お誕生日に欲しい物を数日前に聞き取っていたのですが、私やオットがなんど聞いても「◎□※☆△」みたいな物でした。つまり音で聞いてもわからない…。

 

 誰かが使っているのを見て憧れているようだ、ということと、絵で描いてもらったヒントをもとに、あたりをつけておもちゃ屋さんに買い出しにでかけたところ、これでした。「リップスティックデラックスミニ」。(そりゃ聞き取れないはずだ)。

 スケボーの進化版みたいなモノです。(結構難しい)。

 対象年齢は8歳以上。

 

 本体も、私たちの想定外にちょっとお高いものだったということと、ヘルメット・ニーパッド・レッグパッドなど安全装備もないと危なくて使わせられないということで一式、純正品を買い求めました。

 

 しかしこの8年間、なんとかかんとか死なずに生きてきてくれたとホッとしていたというのに、また新たに死に急ぐようなオモチャに乗り始めて、心配ってつきないものだなぁ、と思います。

 

 身体的にも、精神的にも、これからどんどんと新しい冒険の旅に出る年頃です。

 いつまでも一緒についていけるわけではないので、私も私で見守る覚悟を育てていかないとね…。


 数ヶ月前になくなった方が、生前に用意してくださっていたお誕生日カード。

 大事に守ります。

Posted by i子 at 17:39 | - | comments(0)

たまご一個で

 明日はちびの誕生日。

 

 私の体力があれば、ケーキを作ってやろうかなと思っていたのですが、体力の前に卵を切らしかけていたことに今朝気づきました。

 

 忘れてたふりをしてやりすごそうかな〜、とは思っていたのですが、ちびが「おたんじょうびなのに、ケーキは、作らないの?」と挑発的なことを言ってくるので、冷蔵庫に1つだけ残っていた卵でケーキを作ることにしました。

 

 使うのは12cm(4号)型。

 ケーキ型は直径3cmごとに1号大きくなります。

 私の持っている型で一番小さいのが、この12cm型です。これがだいたい卵1個分。

 15cm→卵2個

 18cm→卵3個

 21cm→卵4個 がざっくり目安。

 

 いちごも乗せたら、まあこのサイズでなんとか許してもらえるよね。デコレーションは明日にします。

 

 気づくと、もうソメイヨシノはおおかた散っていて、八重桜やチューリップ、はなみずき、山吹といったゴールデンウィークのお花に入れ替わりつつあります。

 イカの街でちびを産気づいて救急車でたらいまわしにされていた時は、吹雪でした。

 長い入院期間をおえて家に連れて帰る頃には、星型公園の桜が咲き始めていたことを思い出します。

 

 しかし、8年間、よく生きていてくれたなぁと思います。

 ちびの場合は、事故とか事件に巻き込まれる心配の方が強くて、病気をしていないことへの感謝というのは忘れがちなのですが、ほとんど熱を出すこともなく過ごせていることはすごいタフな子だということなんだろうな。

 

 とりあえず、これからもその日その日を生き延びていてくれたらと思うばかりですが、毎日楽しそうに過ごしてくれているので今はこれで良し。

 

Posted by i子 at 20:18 | - | comments(0)

やっと復活

 今日はイースターです。

 例年はアイシングクッキーを献品していますが、今年は新作に挑戦することをお正月くらいから考えていました。

 

 が

 

 2月なかばに急遽転職が決まり、2週間で退職支度をし、3月1日から新職場に移り、そのまま新年度を迎え…。

 例年、年度替わりは忙しいものではありますが、今年は特に自分のことで大きな変化があったので、果たしてこのクッキーが作れるかどうかも不安でした。

 

 ぎりぎりの進行で土曜の夜にようやく作ることができ、納品(!?)までできたことで、ようやく私にも春の一山を越えることができたな…というか、わたし、やればできる子、という自信のようなものを取り戻せてきた気がします。

 

 この数年は、まちがいなく人生のしんどい時期でしたが、少しずつ状況は良くなってきている気がします。

 お手間いりのお寿司もいただいて、ほっこり。

 人様に作っていただいたものって本当に美味しく感じます。感謝。

 ゆで卵も桜餅も、おいしかったです。

 帰途立ち寄ったスーパーにて。

「ねぎおこ」っていう商品名に目が釘付けになりました。

 

 何か怒ってる?

Posted by i子 at 19:40 | - | comments(0)

花見



Posted by i子 at 16:14 | - | comments(0)

古都観光って新鮮

 桜が咲くと…

 

 毎年恒例、タイマソンの時期です。ちび太郎3回目の参加。

 自分にもし子どもがいなければ、3年くらいの年月なんて一瞬のようにすぎさって、そしてあとかたもなく後ろに流れていきそうな時間ですが、子どもの学齢を意識するようになると、毎年毎年が大事な節目だということに気づかされます。

 

 古都で生活していると、生活空間が観光地なだけに、自分がストレスを受けないために混雑してそうなところを回避して動く、という智恵がつくようになります。

 とくに、この数年は動きの不安定な乳幼児をかかえているとなおのことでした。

 

 しかし、混雑している観光地というのは、イコール、それだけ多くの人が惹かれる魅惑的なところでもあるのですよね。

 

 この数年の私たちなら、まずこの時期のこんな観光地には突っ込んでいかなかった、という場所に突っ込んでいかざるをえないことになり、覚悟を決めてちび連れで行ってきました。

 

 想像通り、ものすごい人並みの芋の子洗いでしたが、私にとっては新鮮な発見も多く、リフレッシュできた一日となりました。

 

 普段ならそれほど稼働していなさそうな茶店も、今日ばかりはものすごい回転率です。

 進行の都合上、大急ぎでいただかないといけなかったのですが、想定以上にぜんざいが出てくるのが遅くて(現場はてんぱっているようでした)、あわてていただいたのでお餅をのどに詰めそうになりました。危ない危ない。

 

 生きて帰れて良かった。

 さて、明日からの平日もがんばりましょう。

Posted by i子 at 20:27 | - | comments(0)

学びて時にこれを習う

 ちびはこの半年ほど、けん玉にはまっています。

 出会いは児童館だったようです。

 

「おしえてー」とうるさいのですが、ちびよ、大人なら誰でもけん玉ができるかというとそうではなくて、一人娘で女子校育ちなハハはけん玉なんか今日までほとんど経験がないんだよ…。

 

 というわけで、ちびが納得してくれる指導者を探してポンカラキンコンカンとネット検索をしたところ、市内の大学のサークルでちびっこけん玉教室と出会えたので、コンタクトを取って入門して参りました。

 

 ちびっこと遊ぶのが上手な大学生って、親から見ると神みたいに見える存在で、心の中で拝みながら教室を見させてもらいました。

 私がもし20歳前後で出産していたとしたら親子くらいの年回りで若い世代でもあるんだ…。

 世代間で「教える」ということが伝わっていくって、こういう感覚なのです。

 私には体力も能力も限界があります。

「人生の残り時間」が私より多い人にちびのことを徐々に託していかなくてはいけません。

 

 しかしちび、教室の前と後では、あきらかに精度が上がりました。コツをつかんだのでしょうね。

 自己流でさせていたときにはなかなか伸びなかったことが、DVDつき書籍を与え(そして彼のことなので読み込む)、自主練習をさせ、そのうえで指導者にコツを教えてもらったところで、指数関数的な伸びを見せてくれるから面白いなと思います。

 
 桜がいよいよ満開、しかも土日、それなのにあいにくの雨模様。

 残念だけど、それはそれでしっとりとした風情です。

 

 最近はまっている発酵バター入りラムレーズンアイスという凶悪な食べ物です。

 オットたんも私も年度末始めがものすごくしんどいので、食べても食べても太らないどころか体重が減ります。

 でも調子に乗って食べ続けていたら、どかんと太るので要注意です。

 

 玄関のドアの隙間にカメムシがはさまってしまいました。

 見て見ぬふりをしてやりすごしています。

 

 明日もう一度見たときに、どこかに脱出してくれていますように。

Posted by i子 at 18:18 | - | comments(0)

不遜



本屋さんで見つけた、石田ゆり子さんをモデルにしたスタイリング教習本。

君島十和子さんとかは別世界でも、石田ゆり子さんならお手本にさせてもらいやすそう‥と手に取りましたが、

いやいやいや、

めっちゃ美人さんなんやろうなあ‥。

最近のアラフィフさんはお美しいので、さあ、私があと10年生きられたとして、あんな方になれるかしら?と見上げる方ばかりです。

父が49歳で亡くなっているだけに、自分が50代にまで生きることができるかどうか、まずはそこから大事にしなくてはとは思いますが、美容は心身が健康な上に成り立つもの。健康に気をつけて頑張ります。

Posted by i子 at 21:03 | - | comments(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>