「令和」の元号の発表で世の中が浮き足立っていたころ、我が家のみー太郎が突如嘔吐し、ぐったりしました。

慌てて獣医さんに駆け込んだところ、腎臓の数値が悪くなっていることがわかりました。


一時は、頭もあがらないくらいに寝込んでいて、流動食すら嫌がり、よろよろと何か弱々しく訴えては、お風呂場に隠れたがるという行動を繰り返していました。

みーくんがここまで弱るのは初めてで、私の脳裏には最悪の事態も浮かびました。
これまでの恩讐が走馬灯のようによぎり、思い出がたりをしながら枕元で彼を撫で、私が寝ている間に亡くなりませんようにと祈る日々でした。

でも、1週間で、なんとか復調してくれました。
今は、がつがつと、いつものごはんをかっこんでくれています。



私が眠れないほど心配した日々はなんやったの…?

15歳になってもアホアホパワーみなぎるみー太郎が、こんなにしおれて静かになると、とてもとても不安でした。

あー、よかった。


はなちゃんと

さっちゃんは、おかげさまで元気です。


縁あって、人生の船旅を一緒に旅する仲間ですから、お互いに限られた時間、楽しく元気で過ごそうね。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM