少年が、日本脳炎予防接種のおしらせを、学校から持って帰ってきてくれました。

 普段から動作が大振り(婉曲表現)な少年ではありますが、学校からのプリントは比較的きちんと持ち帰って、毎日見せてくれるので信用しています。

 

 この日本脳炎のプリントで思い出したことがあります。

 

 日本脳炎の接種は合計4回あるのですが、3回目と4回目のあいだがかなり長期間空きます。

 3回目を4歳で受けたとき「次は9歳、学校経由でプリントが配布されます」とのことでした。

 

「ただし…」

 

 と、古武士のようなベテラン小児科医の先生は私に念押し。

 

「9歳の男子という生き物は、学校からのプリントをクチャクチャに持ち帰ったり、持ち帰らなかったりすることもしょっちゅうなので、信用しすぎずに、お母さんがしっかりその時期に気をつけておいてね」

 

 と。

 

 そのため、長年私は「私が…注意しなくちゃいけない…9歳男子は信用してはいけない…」と危機意識を持ち続けていました。

 

 でも、9歳男子となった少年、そんな先生の予言を見事に裏切ってくれて、しっかり日本脳炎の接種のプリントをきれいに持ち帰って来てくれましたよ!!

 

 そんな思い出話を少年にして、少年のこの行いをほめてあげたところ、なんだかものすごく鼻が高そうでした。

 すでにできている当たり前のことでも、ほめてあげないとね〜。


 はなちゃんも、毎日かわいいね、元気でいてくれてありがとう。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM