義母たんのお見舞いのために大阪におでかけしました。

 そのため、今日のお目当てのパワースポットは、姫嶋神社です。

 

 現在の地名では「姫島」なのに、神社のお名前は「姫嶋」なのね。

 主祭神である阿迦留姫命(アカルヒメ)は、古事記の応神天皇記に書かれている女神さま。

 夫のDVを堪え忍んだりせず、逃れて自立する道を選びます。

 

 そのため「新しいスタートを切る人」「働く女性」「女性の自立」を応援する神様とのこと。

 珍しい!

 

 日本の神話には、実は勇敢な女神さまが多くて、読んでいると勇気づけられます。

 昨年は、多くの大学で女子学生が不当なあつかいをうけていたことが明らかになったり、ジェンダーギャップ指数があいかわらず低いというニュースを暗い気持ちで聞いていましたが、せめてもそのような問題が「問題」として認識され始めていることは大事にしていかなくてはいけないと思うのです。

 

 私自身も、産後にあれこれあって、この日本の社会で女性として生きること、働くこと、子どもとともに育つことがひとすじなわではいかないということを痛いほど経験して40代になりました。

 

 私より若い世代の人がこんな理不尽な思いをしなくていいように、社会の問題と関わったり、発言を続けていかなくてはいけないな、と改めて思います。「決断を下し、行動を起こす」ってほんとに勇気づけられる。


 女神さまによる女性のための神社なだけに、全体にやわらかな雰囲気。

 

 良いお天気でした。


 新羅から海を越えて逃れるときには、帆立貝に乗って来られたそうです。

 彼女を良い方向へと導いてくれた「良い風」を起こして、お供えするのだとか。

 

 故事にちなんで、帆立に願い事を書きます。

 願い事には、必ず期限を書き添えなくてはいけません。

 そして、その願いを叶えるために断たなくてはいけないことも決め、赤い断ち玉にこめて、投げて捨てます!

 

 この「はじまりの碑」の小さな穴に、断ち玉を投げます。

 

 えいっ

 

 一発では通らなかったけど、5回目くらいのチャレンジでお見事通過しました!

 

 神話の時代から比べると、現代は随分寿命が延びました。

 長い人生、何度でもいろんなことでやりなおしがきくんだろうなと思う一方で、何かを始めるにはその期限を決めることや、そのために払う犠牲を受け入れること、周りの環境がどうあれ、自ら行動を起こすことが大事ということ、いろいろ気づかせてもらえることの多い神社でした。

 

 とにかく前向きになれます。

 また行きたいな〜。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM