今さらですが、京都検定を受けてみようかなぁ、とテキストを取り寄せてみました。

 少年の小学校でも6年生になるとジュニア京都検定の団体受験をするようなので、私も予習しておこうと思います。

 

 私は古都に生まれて、古都らしい家業のもとで育ったので、なーんとなく知っていることばかり、と思い込んでいたのですが、いろいろ細かく読むと知らないこともたくさんあるものだなぁ、と気づきます。

 

 いろいろ細かい知識を得ると、ぼんやり眺めていた史跡や地名が、急に「意味のあるもの」に見えてくるから不思議です。世界の見え方がちょっとずつ変わる感覚です。

 

 思えば、江戸や北の大地に移住していた時って、いつかどこかでそんな生活が終わることを感じていたので、いつも「江戸ならでは」「大地ならでは」の生活の楽しみを探そうとして生活していました。

 

 古都に戻ってからは、少年の育児が待ったなしで大変だったせいもあり、そんな、身近な楽しみを探す好奇心をすり減らしていた気がします。

 

 せっかく古都に暮らせているのだから、古都で暮らす楽しみを見つけて、家族でシェアしていこうと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM