長らく、少年のおさがりのお弁当箱を使っていたのですが、微妙に小さくて、おかずを詰めづらいのが不満だったので、思い切って自分用のお弁当を新調してみました。

 

 この春にも曲げわっぱのを買ってみたのですが、午後勤務の時間が長すぎて、すぐに洗って乾かせないのでカビさせてしまったのです…。条件が許すなら、わっぱのお弁当箱が良かったんだけど、こればかりは仕方ないですね。

 

 でも、わっぱのお弁当箱ではできないことが、電子レンジでの加熱や食洗機の利用。

 長所を享受しましょう。

 コンパクト2段にしてみたので、ごはんだけをチンしてほかほかいただくことができそうです。楽しみ。

 食べ終わったら、入れ子にしてコンパクトにできます。


 そうそう、HappyなLunchにしないとね。

 

 これを機会に、長らく使っていなかったお弁当箱を、思い切って処分することにしました。

 ellesseのは、結婚当時に買ったもの。

 たま駅長のは、和歌山電鉄にたま駅長に会いに行ったときに買ったもの。

 バナナケースは、少年のちび時代に、公園遊びに行くために買ったもの。

 

 私が使うにはちょっと大きくて、オットたんが使うには通勤バッグに収まりが悪くて、「いつか少年がたくさん食べるようになったら使うかな…」と思うと捨てられずにいたのですが、少年もどんどん少年らしくなってくると、こんな可愛らしいお弁当箱ではなく、少年の好むお弁当箱を新調してほしいでしょうしね。

 

 思い出はあれど、限りあるキッチン収納スペースで、サイズの違うお弁当箱の収納って難しくて、いつも置き場所に困っていたので、思い切ることにしました。長年ありがとう、さようなら。

 

 スタメンお弁当箱だけを、本来の収納スペースに納めると、ものすごくすっきりしました。

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM