毎年、祇園祭のころにはひどい暑さの古都ですが、今年は災害級といっていいほどの暑さです。

 

 少し外に出ていると息が苦しくなるほどです。

 

 でも梅を干すには、恵みのエネルギーです。

 朝の9時前ころから干し始めました。

 

 朝には、まだ梅酢を含んでつやつやしていた梅が…

 

15時頃には、すでにこんな感じで塩を吹いて白っぽくなっていました。

 

18時頃。これまでに私が経験したことのないほどのカラカラさです。

 

 今夜は一晩、お外で過ごしてもらいます。

 

 保存食って季節の恵みがよく活かされているなぁと思います。

 

 梅仕事をするのは3年ぶりくらいかなぁ。

 備蓄していた梅がだいぶだぶついていたり、忙しかったり、そうこうするうちに私が体調を崩したりで、気づけばこんなに空いてしまっていました。

 

 先月、ある方の訃報が飛び込んできました。

 この10年来、毎年、自家製のイカナゴの釘煮を送ってくださる方でした。

 釘煮に添えられていたお手紙には、毎年のイカナゴ漁の様子や、ご自身の近況のほかに「季節にイカナゴを炊くことの幸せ」が書かれていたことを思い出します。

 

 材料をとりまく自然の環境、社会の情勢、そして作る人の心身の健康があってこその「保存食」なんですよね。

 

 どんな時にも生きるために食べろ、とにかく生きろ、生きていたらなんとかなる、と教えてくださった方でした。

 

 彼女のイカナゴは、ご家族やお弟子さんがたくさん受け継がれていることと思います。

 

 少年に梅干し作りを見せて、私も、命のバトンを次の世代にまわしていかなくてはいけないと思います。

 

 先生の御魂の平安を祈りつつ。ご家族の皆様にお悲しみや暑さのお疲れが出ませんように祈りつつ。

 ゴーヤやプチトマトも鈴なりになってきました。これは実母たんの仕事。

 暑さで枯れていくいっぽうの私と違って、どんどんと実がついてきます。

 先週の今頃は濁流で近づけなかった川も、今日は平静を取り戻しています。

 でもあまり長時間遊ぶとしんどくなるので、ほどほどにね。

 いつもは2Fに引きこもっているはなちゃんも、珍しくクーラーの効いている1Fに近づいてきています。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM