そなえよつねに

 西日本全域の豪雨災害ですが、古都につきましても河川の氾濫のニュースが流れているせいか、我が家にも安否をお気遣いいただくご連絡をいただきます。

 

 ありがとうございます。

 

 ノアの方舟の寓話を思い起こすような雨でしたが、幸い、我が家は雨漏りくらいの被害で済んでいます。

 もっとシビアな被害に遭っておられる方も多いと思います。

 これから明らかになっていく状況も多いことでしょう。

 降雨量は人間がコントロールできないことではあっても、予報や避難といった知恵で、少しでも災害の規模が広がりませんように。

 

 少年の学校は休校でしたが、私のお仕事は休みになるわけではなく、むしろ非常時対応で普段より大変という一日でした。

 それでも、日々の食料を宅配して下さる業者さんのおかげで、助かりました。

 宅配業者さんの安全を思えば、今日一日くらい配達がお休みでもかまいませんよ、数日分なら備蓄もあるし、と思うのですが、やっぱり正直、来て下さると助かります。

 

 こんな非常時には、医療関係者と公共セクターの人以外は、外出しないほうがいいような気がします。

 でも、実際にはそうも言ってられないわけで…。

 難しいですよねぇ。

 自分も、動けるならつい動いてしまいがちなので、どこが撤退ラインなのかって考えさせられます。

 

 

 先日の地震もそうでしたし、昨日、今日と降り続く雨に遭遇すると、しみじみ日本ではいつ誰がどこで被災者になるかわからないものだなと思います。

 ガールスカウトやボーイスカウトのモットー「そなえよつねに」という言葉を心にとめていなくてはね。

 前例のある災害などあるわけないのですから。



 さっちゃんも「明日も雨ですよ」と言うてます。

 

 繰り返しにはなりますが、どうぞ被害が広がりませんように。

 災害対策にあたる職業の方の安全が守られますように。

 弱い立場の人たちが守られますように。

Posted by i子 at 21:00 | - | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>