今日は、知人の結婚式のために神戸へ出かけてきました。

 

 夫婦でひとさまの結婚式に出るなんて、もう10年以上ぶりですよ。

 少年にとっては人生はじめての経験です。

 

 ご招待を受けたのが、私の体調がまだものすごく悪かったときでした。

 ずいぶん良くなってきた今でもまだ日によって波があるので、正直、遠出がしんどいな…と思っていました。

 でも、やっぱり、お招きいただけるということはものすごく嬉しいことで感謝しています。

 

 大学の先輩というだけでなく、人生の大先輩のような方のお式です。

 お若い方の結婚式とはひとあじもふたあじも違う、涙あり笑いありの良いお式でした。

 

 神様はほんとうにおられる。 

 …ということは、目には見えないことですが。

 うたがうときもあるものですが。

 

 でも、ものごと、できごとをとおして、その存在を示されているのだなぁ、と感じました。

 新郎新婦のこれからの人生に、今日のお式に出席されたすべての人に、そして私たちに、幸せなことがたくさんありますように。


 パーティにも出席させていただきました。

 

 新婦のお友達の皆様が踊られていた「恋するフォーチューンクッキー」がゆるやかな希望を感じます。

 

 私もまだこれから頑張らないとね。

 神戸らしいマンホールの蓋。かわいい。

 

 神戸は、縁あって大好きな街なのです。

 山があって、海があって、こんなに素敵なところってありません。いつか住みたいです。

 

 …って、言い続けてたら本当になるかもね。

 学生時代に「北海道に住みたい」って言っていたら本当に叶いましたし、そのあとも「京都に住みたい」と言っていたらそれも叶ったし。言っておこ。「神戸に住みたい!」って。

 

 震災のあとに大きく変わった街なみですけれど、三宮駅のそこかしこにまだまだ古い小さな店も残っています。

 私にとっての三宮の原体験は、早死にした父がスーツや靴をあつらえに来ていたこのあたりの生地屋さん街。

 昭和末期か、平成になってすぐのころか…。

 暑かったなぁ。

 

 帰途、入院中の義母たんのお見舞いに行ってきました。

 思っていたよりはお元気そうで少し安心しました。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM