健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも

 昨日はロイヤルウェディングの中継に感動しました。

 

 いやー…

 子どもみたいな感想だけど、やっぱりプリンセスって素敵だわー。憧れるわー。

 

 歴史上の人物ではなくて、同時代人として生きている人たちなんだなぁ、セレブリティとはいえど、人としての悲しみや苦しみも乗り越えて生きている人たちなんだなぁ、としみじみしました。

 

 結婚式の誓いの言葉にある「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも」という言葉も味わい深いですね。

 

 私も結婚生活15年、あれやこれやありましたが、オットたんの忍耐と寛容のおかげで、乗り越えることができています。

 

 これからもまだまだいろいろあるのでしょうけれど、できれば苦労はしたくないけれど、

 

 ロイヤルファミリーであっても、一般庶民の私たちであっても、生きているといろいろなことがあるということ、それでも時間は進んでいて、大きな歯車や小さな歯車が複雑に動いているのだろうなということを思います。

Posted by i子 at 19:08 | - | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>