おせちの煮しめの残りと、実母たんからお裾分けでもらった有名店の牛肉切り落としをカレーにしました。

 おだしがきいてる和風カレーになりました。

 

 このお正月はお客さんがいなかったので、おせちもお餅も少なめ少なめを心がけて用意していました。するとちょうど良い具合にお正月を彩り、そして飽きた頃にはける量でした。

 

 オットたんも風邪、みーくんも獣医通いで健康運が低調気味だったこともあり、ほとんどどこにも行かず、休養第一の年末年始でした。おかげで、皆ようやく持ち直してきた感じがします。やっぱり休養って大事ね。元気をもてあますちびには気の毒だったけど、こどもにとって退屈に思えるくらいのお正月が大人には必要なんですよね。

 

 おせちをリメイクする頃になると、毎年、贅沢で有り難いことだなと思います。

 おせちを作る、ということも時間的、体力的な余裕があってこそのことだし、それが必要な時に必要なだけ食べられた上に、カレーやグラタンといったリメイクを考えなければならないくらいに余るというのは、本当に有り難いことだなと。

 

 毎日毎日、ごはんを作って、食べて、また用意して、暮らしを整えて、という行為は、生きているかぎり、船旅のように続くわけですが、お正月やお誕生日、年中行事、季節の行事という「節目の時」に碇をかけて港に立ち寄り、少し休んで、いろんなものを補給して、また大海原に旅路を続けるのです。

 

 どんぶらこ、どんぶらこ。

 

 何事にも時がある。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM