あり♪あり♪ありがとう♪

 今日は、ちびの小学校の運動会でした。

 

 先週の土曜の予定が、雨でお流れになるのは天気予報であきらかだったので、職場にお休みをとらせていただきました。それにしても、こういう予定がお天気次第で狂うと、自分のお休みの調整、ちびの給食の有無の調整、児童館のお休みの調整などなど、一気にさまざまな調整が必要になるので、軽くパニックになります。お子さんが複数人いらっしゃるのにお勤めの方って、ほんとうに調整能力を尊敬します。(ちなみに…明日は遠足の予定ですが、明日のお天気もすでにアヤシイ。中止なら中止って早めに決めうちしてもらえるとむしろ助かるし、ちびの不満の叫び声の対応までしなくて済むんだけどなぁ)。

 

 我が家は、小学校からとても遠くて、徒歩で30分くらいかかります。自転車やバイクは私が乗れないし、車を駐車するスペースも当然全くなし、コインパーキングもなし。つまり、プログラムの途中でちょっと家と行ったり来たり…という休み方ができないので、行くとなったら一日仕事です。

 

 周囲にコンビニもないので、朝から自分のためのお弁当を作って、大荷物で行きましたよ。

 あー、しんどー、といえば、確かにしんどいのですが、

 

 でもやっぱり、ちびが頑張っている姿を見ると、行って良かったなぁ、と思えるんですよね。

 

 30年前に私も通った小学校で、舞台背景は全く同じ。

 運動が苦手な私にとっては運動会は苦痛の一日でしかなくて「早く終わらないかな」とばかり上の空で考えているような子だったのに、我が子は、(運動は得意ではないなりに)行事をとっても楽しんでいて、集団の演舞などでも本当に上手に動作をこなしています。良い子に育ってくれたなぁ。

 幼児期には、集団に馴染みづらい特性があった子だっただけに、感慨深かったです。

 

 今日ちびが踊った「カチャーシー」という沖縄民謡は、喜びも悲しみもすべてかき混ぜてみんなで分かち合いましょう、という意味があるそうです。お祝い事のときにはよく踊られるのだとか。

 

「あり♪ あり♪ ありがとう あり♪ あり♪ ありがとう」と繰り返される歌詞に、じーんときました。

 生きてるといろんなことがあるけど、とりあえず元気で生かされていることにありがとうと思えます。

 

 ちびが産まれたとき、ある牧師先生から「幼子はたくましく育ち、智恵に満ち、神の恵みに包まれていた」という聖書の言葉(「ルカによる福音書2章40節」)を贈られたことを思い出しました。

 

 細かいことを言い出すとキリはないくらい、あれやこれやちびの行動について思うところはありますが、とにかく全肯定して、なにもかも神様の恵みに包まれている、と信じようと思います。

Posted by i子 at 14:32 | - | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>