久々にプール

 今日はオットたんが在宅仕事日だったため、ちびを家から引き離すべく、私一人で彼をプールに連れて行きました。

 

 プールが苦手な私にとっては、かなり決死の覚悟です。

 でも、考えてみれば、ベビースイミング時代は、毎週毎週、嫌々ながら、言葉で指示が通じない彼をお着替えさせたりなんだかんださせたりしながら、なだめたりすかしたりして水に入ってたんだよねぇ。

 

 その頃から思えば、夢のように楽になりました。

 男子更衣室に一人でバイバーイ、と入っていってくれるし、お着替えも自分でしてくれるし、水につけてもおぼれることなく適切な遊び方のマナーも身につけてくれた。

 

 クロールが少しできるようになったのを私に見せてくれる姿がかわいくて、絵本「ちいさなあなたへ」で描かれているような、「私だけの赤ちゃん」だった存在が、一人で水しぶきを浴びてプールに飛び込んでいるような姿を思い、思わず涙ぐみそうにもなりました。

 

 彼は成長している。

 でも、私も成長させてもらえたんだと思う。

 

 これから彼がどんどんとできることが増えてきて、飛び出す世界が広がっていくと、私はだんだんと体力が衰え、できることが減り、世界も小さくやわらかいものになっていくのだろうと思います。でも、それで良いのだと思います。私は私の世代を一生懸命生きているけれど、彼は彼の世代を力強く生きて行かなくちゃいけない。それを最初から最後まで私は見てあげることはできないけれど、譲り葉のように、私の命を彼の命の船に乗せて、次の世代に漕ぎ出してくれたら、それでいいのだと思うのです。

 

 ご先祖様から今の私に受け継がれて、ちびに受け継いでいってもらいたいバトンのことを少し思ったりするような、そんなお彼岸の一日でした。

 

 プール帰りのモンブランソフトのおいしかったこと。

 

Posted by i子 at 18:00 | - | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>