理想と現実

 連休はざまの平日である今日は、オットたんはお仕事、ちびは学校。

 

 私だけが在宅している、なんていう日があるのはいったいいつ以来かしら?と思い出せないくらいのことで、こんなひさびさの貴重な平日を楽しむつもりでいました。

 

 …が  10日ほど前に洗面台の水漏れが発生していたので、その修繕をお願いしていた対応があったり…

 自分の病院に行って、銀行と役所関係の仕事をして、お買い物をして、そうこうするうちにちびが帰宅して、(しかも急遽友達のおうちに遊びに行きたい!」とか言い出して)ばたばたしているうちにオットたんが帰宅して、結局、出勤してるよりもぐったり疲れる一日だった気がします。

 

 思い出せば、専業主婦としてちびの幼稚園の送り迎えを対応していた頃って、毎日がこんな感じで、もがいてももがいても抜け出せない闇の中にいるかのようで、ちびの幼少期と向き合えることは大事なことと頭では理解しようと思っていても体がついていかないようなしんどさが抜けなくて、辛かったな…。

 

 育休や産休のように、ある決まった期間を終えて、確実に子どもを預ける環境があって、戻れる仕事があるならばもう少し前向きになれていたのかもしれないけれど、私には何もなくて先行きがしんどかったんだろうと思います。

  今となっては、段階を踏んで仕事の場に復帰もできたことだし、ちびもしっかり成長している手応えを感じるしで、あの頃のしんどかった自分を励ましてあげることだってできそうなんだけど。

 

 まあ、過去の自分に今の自分が何かを言えることはないのですけれど、せめて、今、過去の私のようなしんどさを感じている人がいるなら、そのしんどさに共感してあげたり、ゆるやかに前を向くように言ってあげたりということはできるようになったかな、と思うのです。

Posted by i子 at 21:46 | 日々のこと | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>