暑さ寒さも彼岸まで、って聞くけど

 ちょっと涼しくなったのに、お彼岸も過ぎたのに、また暑さがぶり返している気がします。

 

 梅雨前にいちど丸刈りにされたルーくん、一夏でまたフサフサになったので、もう一度毛刈りされてしまいました。

 

 蒸し蒸しする中、出勤したら、キンモクセイの香りがしていました。

 変な気候だけど、自然はしっかり秋に進んでいます。

 

 最近、白い彼岸花に気づくことが増えました。

 彼岸花というと赤い花だと思い込んでいましたが、そんなに昔から白い彼岸花ってあったかな?

 

 遠目には白く見えても、近くで見るとクリーム色です。

 

 会社では年に一度の健康診断のお知らせが届きました。

 昨年から、体重が確実に増えているので、そろそろ節制モードに入らなくては。

 でも、こういう体調の微調整ができるのも、定期検診ならでは。

 

 同年代でいうと、なんといっても最近は小林麻央さんのニュースやブログが身につまされる思いです。

「癌の告知を受けて、それを受け入れたとき、ほっとした自分もいた。
その1年半の間はとにかく身体が怠くて怠くて1日1日が精一杯だったのだ。」

 といった記述もお見かけするとぞっとします。

 私も、疲労感をごまかしていてはいけないなぁ、と思わされます。

 

 かと思うと、昔からありとあらゆる婦人科系の病気を抱えつつ弱々しく生きていた90歳の叔母、先月見つかった癌の手術が成功し、予後も良く、やっぱり相変わらず弱々しくお元気よ、なんていういったい何が何なんだ…みたいなしらせも受けていたりして、人間の寿命って本当にわからないと考えさせられます。(ちなみに我が家の女系はこういう人が多い。総じて長命)。

 

 叔母の話は笑えても、若さも美貌も富も名誉も子宝にも恵まれていたような人が、お病気だとお気の毒でしかないなぁ。

 私は、生きていくだけでもしんどいなと思うときがあっても、元気で生きていられることに感謝しないとね。そしてこの健康を大事に守らないとね。

 

 小林麻央さん、どうぞよくなられますように。

 同じ病気と闘う人たちの希望となられますように。

 

 さて、オットたんと私とに民生委員のお役目がまわってまいりました。

 

 ほかになり手のいないお役目だけに、比較的若手の我々夫婦にお鉢が回ってきて、前任の方や、現職の方々に手放しで大喜びしていただいています。うれしい。プレッシャーはあるものの、地域で生きる喜びを感じています。

 

 こういうお役目をお引き受けすると、身近にいる徳の高い方と出会えるのです。

 普段気づかないところで、地域を支えておられる尊い方がいるんですよねぇ。

 どなたも、何かの痛みを背負って生きているご時世で、個人の力でなんともできないこともたくさんありますけれど、そんな小さな私たちでも、社会のネットワークの編み目の一つになれるのです。私たちがそういう親であることをちびに見せるためにも、頑張りましょう。

 

 けさのたなくじ。

 

Posted by i子 at 19:28 | - | comments(2)

コメント

白い彼岸花ってはじめてみました^^
ゆきちゃん | 2016/09/30 16:42

ね!?やっぱ、そうですよね?!!?
わたしも、今年きゅうに見た気がするなと思うのですが…
異常気象のせい!?

弊社近辺、こんな感じでうわーっと咲いてますよ!
i子 | 2016/10/04 19:54

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>