縁あれば千里

 18歳のランちゃんが、今朝8時過ぎに、天国に旅立ちました。

 昨日から、すこしずつ息が減り、穏やかな大往生でした。

 土日だったので、枕元でたくさんお話ができました。オットたんも、ちびも、実母たんも、家族一同が優しい気持ちになれる良いお見送りでした。

 美しくて、賢くて、幸せな思い出だけを残してくれたランちゃんでした。 
 うちの子になってくれて、18年間、ありがとうございました。

 画像は2008年の、元気だったころ。


 昨日から、弱っていくランちゃんの横で、さめざめ泣いておりましたが、その最期を見届けると、どっと安心して、むしろ清々しい気持ちになっておりました。

 ちびは、以前から楽しみにしていた行事ごとがあったので、ランちゃんに挨拶だけさせて、オットたんと2人ででかけてもらいました。

 そうして、私が一人で、家を片付けながらしみじみとランちゃんの出棺の手続きやら、伽やらをつとめていると…

 朝の8時半すぎという(しかも日曜だぞ)時間に、思いがけず、ピンポンがなりました。

 ん〜?

 選挙運動かな〜?

 …だとしたら、日曜の、しかも9時前に、戸別訪問なんて、とっちめて説教しないといけないレベル、と喧嘩腰でドアホンに出ると!!

 なんと!!

「…あのう、イカ街某勤め先の、○○と■■です…」
 というご婦人2人連れ。

 思いっきり想定外の、アポなし訪問に、驚愕するやら、再会に歓喜するやら。

 お2人は、弥次喜多道中で古都旅行に来た宿泊先で、朝に散歩をしていると、わが家の前を通りがかったのだとか。
 わが家はオットたんの名前をフルネームで表札に出していたために「…ん?」と二度見されたのだとか。

 昔、仕事場での雑談時に、わが家が、その宿泊施設の近くだ、という話題をしたことがあったのをたまたま覚えていらして「…もしや、この家は、イカ街にいたi子さんの家ではないかしら」と勇気を奮ってピンポンを押して下さったのだそうです。

 よりによって、ラン姉がこんな日だったからこそ、日曜の朝に私だけが在宅していた、という奇跡のような偶然が重なって、ちびがいなくて静かに …いや、かしましく、つもる話に花が咲きました。

 生きてるといろんなことがあるなぁ、というレベルで、この数年はしんどい思いをしてきていましたし、今日は今日で取り込み中でしたし、でも、生きているからこそ、こんな思いがけない再会もあるもので、これだから人生って面白いなと思いました。

 道産子2人連れ、今日はこれから浪速に向かうそうです。
「新幹線の切符を買おうとしたら、駅員さんにとどめられたわー。シンカイソクってなに?」という、ゆーるい話になごみました。
 そうそう、関西って、狭いでしょ(笑)。
 県をまたぐ移動でも、特急料金とか、いらないんですよ〜。

Posted by i子 at 20:04 | 日々のこと | comments(2)

コメント

お悔やみ申し上げます。
すごい偶然ですね。
ラン姉さんのお引き合わせだったりして・・・
i子さんが頑張ってるの、ラン姉さんいつも見てますよ、これからもちゃんと見てますってメッセージ?!(ΦωΦ)
sugi | 2016/06/13 11:41

すぎさま
あう、そんな嬉しいことを言って下さって。
ありがとうございます。

ラン姉が、出がけにお客さんをひきとめてくれたのかな。

今日、ラン姉はお骨になって帰宅します。
これからはずっと一緒。
i子 | 2016/06/14 08:41

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>