花は散る


 オットたんが、以前からwebで見かけて気にしていた「沼サン」なるサンドイッチを作ってみました。

 オリジナルレシピを見ても、わたしとしては、えーっ、キャベツを塩もみしないの?とか、ちょっと油分足りなくない?とか、気になる点はいくつかあったので、今回はアレンジを加えて、キャベツは少し塩もみして水分を出したあと、オリーブオイルと塩で和えておきました。んでもって、一緒にはさんでいるのは、ベーコンではなく自家製鶏ハム。パンも自家製で雑穀食パンです。

 ホットサンドメーカーできっちりと包み込みすぎると、元祖の見た目からちょっと離れそうなので、アルミホイルでくるんで魚焼きグリルで焼きました。

 ホットサンドよりホワホワで、トーストよりもしっとりな感じに仕上がったので満足。
 チーズとかアボカドをはさんでもおいしーんだろうな。

 平日の朝だと、オットたんのお弁当を作りながら、ちび太郎の納豆ごはんのリクエストにも応えなければならないので、なかなかここまで手をかけたサンドイッチは作れそうにありませんが、週末ならまた作りたいかも。

 こんなボリューム満点な朝ご飯を食べて腹ごしらえをしていたのには理由があって、今日はちびの希望で「タイマソン」なる行事に出ていたのでした。

「マラソン」ではなく「タイマソン」なのは、自分が設定した「タイム」に近づけるように自分のペースで走るなり歩くなりをして調整をして、その設定タイムとの差が一番少ない人が勝ち、というルールだから、だそうです。

 これって有名なイベントなの?と思ってweb検索してみたのですが、古都市内の北がわのごく一部のローカルイベントのようで…。

 私の生活範囲とはちょっと離れているので、道理で知らなかったわけです。
 
 でも、持久走ではいつもビリでコンプレックスの強かった私にとっては、こういう、「速さ」を競わなくても良く、かつ戦略を練ることのできる競技なら、きっと楽しく参加できてただろうなぁ、こんなイベントともっと早く出会いたかったなぁ、という気がします。

 スタート地点から、折り返し地点の橋をのぞんだところ。往復で約1.5kmだそうです。


 ちび、初めて見る場所にひるみ「ほんとに走るの?あそこまで?行って帰ってくるの?」と考えながら「じゃあ20ぷんくらい」とか言ってました。

 最終的に、これまで参加されたかたのアドバイスも聞き入れながら、18分にタイムを設定してスタート。

 途中、しんどいー、ははー、まってー、てをつないでー、とかぶちぶち言いながらも、結構本人、頑張って走りました!!

 たぶん、自分より小さな女の子も横をてけてけ走っていたので、彼女にイイトコ見せるためでもあったんだろうなぁ。(ちびにはこういうモテ意識が強いところがあります)

 最終的に、彼は7位でしたが、なんと設定タイムとの差は27秒とのことで、初参加の割にイイ線をいっていたということです。うーん、こりゃ面白い。また家族でやってみよう。


 ソメイヨシノは散り初め。
 それでも、最後の花見を楽しまれている人たちが大勢おられました。

 河原を歩いていても、花吹雪が舞台装置のように舞っていました。

 週末に、思いがけない方面から、思いがけない方が、思いがけないときに亡くなったというニュースを受けて、我々夫婦ともども、驚きと悲しみとにくれていました。
 かの地より詳細な情報が入るにつれ、なんという突然のできごとだったんだろう…、と、亡くなった方のご無念、ご遺族の方々のご心痛を思う日曜となりました。

 何もかもが自然現象の一つでしかないのだと思うのですが、それにしても神様の御心というものがわからなくなるような、なんということかしら…という思いばかりがめぐります。

 私たちは、まだ生きることを許されて、時間を与えられているのなら、故人のご遺志を継げるように働かなくては。故人の生前に受けた大きなものを、その方へお返しすることはできなくなってしまいましたが、次の世代にまわしていかないと…。

 ちびには、私達が沈んでいる理由を話してはいても、よくは理解できていないと思いますが、先に亡くなった方の思いを、子どもに折々に伝えていくことが、私達にできる数少ないことの一つですし、大きな意味で命をつなげること、生きていくということなのかもしれません。

 これからは、様々な品種の桜が咲き始めますね。


Posted by i子 at 19:41 | - | comments(0)

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>