ハロウィンはなぜ日本で商戦としては加熱しないのだろう?

 季節ネタではありますが、ここ数年、ずっと私の考えていることの一つでもあります。ハロウィンという行事の存在は、私がものごころついたときくらいから知ってはいるのですが(ケーキ屋さんなどの飾り付けで…という意味で)、たとえば同じ系統のキリスト教系行事であるクリスマスやバレンタインが、この四半世紀にますます商戦として加熱した、ことに比べると、ハロウィンやイースターの、商戦としての加熱の伸びは低かったように思うのです。

 この違いがナニか。イースターについてはこの春にもエントリーで書きましたが、ハロウィンについてもちょっくら考えてみたいと思います。

 まず、ハロウィンとはナニか、という前に、万聖節とはナニか、ということをちょっとご説明します。万聖節とは別名「諸聖人の日(All Hallows)」ともいわれるキリスト教の祝い日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する、カトリックの典礼暦の一つです。

 とはいえ、アイルランドやケルトの習慣ではこの日の前の晩を「Hallow Eve」と呼び、アイルランドへのキリスト教伝来以前から、収穫感謝をかねて精霊たちを祭る夜、とされていたようです。だから一種の民俗宗教みたいなもんですね。

 19世紀にアイルランド系移民によってアメリカに持ち込まれ「Hallow Eve」がなまり、「Halloween」となったそうです。だからいまでは(すくなくとも私の中では)アメリカの行事、というイメージになっていますね〜。

 ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女ニョロが出てくると信じられていたそうです。そのため、これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた…、これが、ハロウィンのモチーフともなる「Jack-O'-lantern」の起源。

 また、日本で言うとお盆や暮れのお墓参り、に相当するのでしょうか?家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もあるそうです。

 つまり、総合して言うに、日本で言うところのお盆と年末が重なったような行事、というわけです。(前夜祭だからさらにいうなら「迎え盆」みたいなもんか?子ども達が楽しみにしているという点では「地蔵盆」か?…しかし、それらのように訳すと、急にモッサい行事に思えてきます…私など「青雲」のCMソングが頭に巡るわぁたらーっ

 宗教文化や宗教意識がまったく異質の日本において、ほんきで私の解釈のような、モッサい説明をすると、多分商戦にはならないのでしょうね、とは思うのですが、じゃあどうしてクリスマスやバレンタインはあそこまで盛り上がるのか。

 柳田國男の論で(あー、ナニで読んだかすっかり忘れたから弱腰なんだけどさ)、「ある外来の文化が根付くためには、受け入れ側の文化に、類似するものがある場合が多く、そういった類似の文化がない場合に無理に導入しても自然と廃れる」みたいな論があって、クリスマス・バレンタインならばこれにあてはまるような気は漠然とするのです。すなわち、「お世話になったからに」ものをお贈りする、お歳暮といった習慣などなど。バレンタインだって、愛を告白、というよりはむしろ、数としては絶対「お世話になった方へ」の義理チョコだとか、最近はトモ(友)チョコなんてのもあるみたいですから、やっぱり聖バレンティアヌスの殉教とはあまり関係のない話になりつつありますよね?

 しかし、ハロウィンにはそういった、類似する文化がないのかなぁ?私が、ハロウィンと極めて似ている日本の行事、と思う、お盆にそういった役割を求めると、商戦としてはなりたたなくなってしまうのかな?しかし、お盆とはまたちがって、北の大地における「七夕」のろうそくもらいの行事なんて、かなり似通っているのではないかと類推したりもするんだけど、これも関わらせることはできないのかな?

 と、つらつらと〔勉強不足ながら)考える、あれやこれやでございました。


 

Posted by i子 at 12:19 | 日々のこと | comments(0)

コメント

コメントする







この記事のトラックバックURL
http://today.ai-ko.net/trackback/570847
トラックバック
へぇ、そうなんや
ハロウィーン ハリー・ポッターも一役?日本各地で広がる   オレンジのかぼちゃやゴーストなどを飾る米国のお祭り「ハロウィーン」が日本でも広がってきた。各地でパレードが相次ぎ、商戦も年々盛んに。なぜ今、急に広がりつつあるの?【太田阿利佐】 ◆アメリカ育

aiko's optimal today | 2006/10/28 17:48

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>