現在、我が家はオットの保険を見直し中。この数ヶ月、情報を各方面から集めて、最終的に対面でお話を伺うのは3社に絞り、家に来て頂いてお話を伺っています。
 某外資系AL社など、札幌の支社から営業さんが来て下さり(台風雷の中、しかも自家用車で)、「ボク、ご主人のお勤め先の大学を11年前に卒業しました」「ドル建て終身は如何ですか」などなど、強烈アピール。それはそれで興味深く聞いたりはしました。(でも終身はやっぱ高いね、まして年金型なんて)。

 今日はなんだかんだ、3社目の某外資AF社。先ほどのAL社との一騎打ちで検討しているところです。お電話でのアポではおばさんのお声だったので、おばさんがお一人で来られるのかな?と思っていたら、なんと何故かおばさん2人組でした。でも国内生保セールスレディさんよりはずっと知識も経験も(いろいろ突っ込んだこと伺っても全然大丈夫だった)豊富そうで、感じは悪くない。はて。

 国内生保だとセールスレディ+恐らくその上役の男性社員という2人組はよくあるパターン。多分セールスレディなんて使い捨てだろうし、初心者の姉ちゃん、あるいはおばさんばっかりでしょうから、監督の意味も含めて男性社員が同行することが多いですよね。しかしおばさん2人組は初めて。

 話を進めているうちにわかったのが、メインで話すおばさんの、実の妹がサブでついているのだということでした。あー、家族経営の代理店だったのかあー。しかもその妹さん、数年前に甲状腺腫瘍で手術をしてるって冷や汗 その傷跡がまだ結構生々しい。「がん保険は必要だなあッて、その時、妹も私も痛感したんですよー」と二人で頷き合ってる営業トークが、なんていうか、迫真(^^;。そうか、この実演のためだったのかー、妹さんが同行してるのはッ。百聞は一見にしかずだなあ。まあ、でも、実の姉妹だけになんか仲良さそうで、悪い印象はありません。

 それに、保険商品の説明なんかもかなり的確だったし、セールスレディとしては感じの良い方だな、今後は、これまで聞いた他社の商品とをオットと相談し次第のお返事になるかな、という空気の感じで、保険の話が収束に向かいつつありました。

 そしたら、急に着物の話になりました。
「奥様(←アチキのことだ)、お着付け教室をされてるんですか?」と。実は我が家には一応私の名前での着物教室をやっている看板を出しています。なので、来宅された保険屋さんは大体その看板にお目を留められて、その話題になるのは今回が初めてではありません。

「ええ、まあ資格はありますので、一応看板だけ出していますが…、私、ココの地元の人間じゃないので、あまり派手に宣伝はせずに、お知り合いがお困りの時にお助けする程度で活動しています」と返事すると。

 そのセールス姉妹さん、着物がお好きでよくお召しになったり、娘さんに着せたりするのだけれど、着崩れが悩みとのこと。

 な、なんだ〜?
 今度は私の営業の番なのかしらグッド

 一応、私の所属している流派の、唯一にして最強の飛び道具である「前結び帯板」を紹介。伊達締めも要らないし、帯結びを前でできるから、飾り結びも自分でできる。で、着崩れない。百聞は一見にしかずとも思い、「お時間、おありですか?」と、実演をすることになった。なんなんだー、この展開はあ〜冷や汗

 実演したのは、洋服の上から、とりあえず袋帯で二重太鼓。二重太鼓って後ろで結ぶとものすごく難しくてアクロバティックなんだけど、前結びだと汗もかかずに楽々。準備さえ終えたら、結ぶのはほんの3分ほどで済みます。

 セールス姉妹さん、まじに実演を見学され、値段を尋ねられたので「1万1550円です」と一応お応えすると。

(マッハ1秒)
「買うわっ」

ええええええええーーーーーーっ
まーじっすかーびっくり

なんかこっちがうろたえてる。

保険のセールスレディさんが自腹を切って、客になってくれそうな人の商品を買ったりする話は人づてには聞いて、あー大変だなー、なんて思ってはいたんですが、今、まさしくそんな状況じゃありませんかびっくり

「だだ、だ、大丈夫ですか?無理されたりしていませんか?そのー、保険のことは保険のことでちゃんとこちらは考えていますから、無理して頂かなくても結構ですよ?」とか、私、なんかまじで当惑。

「ちょうど欲しかったんです!娘もお茶を習ってますし、自分も娘も着物を着る機会が多いので…、良いもの紹介して下さって、これも何かの縁ですから!」

って(^^;

おーい(^^;

ほんまにええんかいな。

まあ、ともあれ、受注、頂いてしまいました。私が(^^;
その他の商品パンフレットとか、流派の案内パンフとか、ちゃっかり渡してたりするし(笑)。



…なんか、こっちも、保険断りづらくなったなあ(笑)



いやまあ、保険商品も、当初検討していたものには間違いありませんから、まあええといえばええのですが。

うーん、保険屋さんおそるべし。あなどれませんな。
肉を切らせて骨を断つ、というか、1万円の商品を買って何千万の生命保険とか年金を契約してもらえたら、そりゃーまあ確かに、良いのか…(^^;(^^;(^^;


と言うわけで、オット、どうしましょうね。保険。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://today.ai-ko.net/trackback/286595

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM