傷だらけの夫婦

  今朝、オットがみー太郎を持ち上げようとした際に、みー太郎に顔をひっかかれて流血沙汰になっていました。

 あー、オットたんの玉のお肌に傷がついた…

 でも優しいオットたんは「オレが悪いねん、オレがみー太郎の爪を切ってやっていなかったからッ…悪いのはオレやねん…」と擁護発言をします。オットたん、オットたん、冷静になれ。やっぱりオットたんは悪くない。悪いのは最初に手を出したみー太郎。代わりに私がみー太郎をしばいておきました。

 しかし、先日も、私が冷蔵庫に顔面激突して口を切りましたし、今日は今日とてオットが顔面にひっかき傷を作っていましたし、わが家に猫がいて毎日慌ただしく生活している、という事情をご存じでない方がわれわれ夫婦の顔を見ると「…なんだかこのご夫婦、毎日どつきあっていらっしゃるのかしら」と疑われること必定。

 大丈夫ですよー

Posted by i子 at 16:45 | めおとみち | comments(0)

…ごめんなさい。こういう時、どういう顔をすればいいのか ...

 オットが、Mac作業で、あるtipsを思いついて「オレ頭いい!」と喜んでおりました。

 実はそのTipsは、私はすでに設定済みだったのですが、こういうときに「今頃知ったの?」みたいに返すと気の毒だから、ついつい私も彼に話を合わせて「うんうん、あなたは頭がいい、かわいい、かしこい、天才!」とほめてあげていたのですが…

「i子さんもこうするといいよ!設定してあげるよ!」

 と言われると…

「う、ごめん、実は知っててん、そのワザ」

 と正直に答えざるをえないわけで、
 そうなると必然的に、ナイーブなオットちゃんはショックを受けてしまうわけで、なんていうか、こういうときにどういう返しをしたらいいんだろうなあ、みたいなtipsが今の私に不足しています。

Posted by i子 at 16:28 | めおとみち | comments(3)

帰れイカ街へ

 今日の午後、イカ街にオットが帰ってきます。
 昨年にも1泊2日でのオットの不在は経験済み。2泊3日は初めてだったので不安でした。とはいえ、なんとかなったなぁ。オットがいなくても、ミシン三昧で遊んだり、ちび太郎と図書館にでかけてみたり、ひとり暮らし時代に気に入っていたごはんをひさびさに作ってみたり、意外に楽しんでいる自分に驚きました。でも、早くオットに帰ってきてホシイ、と思えることもまた有難いことです。

 今回の一番の懸案は、ちび太郎の入浴でした。
 前回はまだちび太郎がちびだったので、沐浴の要領で彼を清潔にするにとどめたのですが、今回はさすがに重くなっており、一緒に入浴する手段をなんとか考えて実行しました。考えてみれば、私はこの男とお風呂にはいるのは初めてだなー、っとしみじみ嬉しかったです。いつもはオットがちび太郎と入浴してくれて、その間に私が他の家事をしたり、ちび太郎を受け取ったり、という分担だったのです。

 いろんな方に「i子さんはいいわね、ご主人がいっぱい育児を手伝ってくださって!」と言っていただくことがあるのですが、実は逆で、「育児している」のはオットで、「手伝っている」のが私、というほうが実感に近いです。

 なぜなら、お互い仕事や用事でワタワタしていて、自治体や病院主催の親子教室などにも一切行けないまま、ちび太郎をこの世に迎えてしまって、私もオットも「よーい、どん」で育児に巻き込まれてしまったわけですから、お世話技能のレベルに差がないんですよね。で、現実問題としては、他の家事一般については、私の方に分があったりして、結果的になんとなく「主に赤子担当」「主に家事担当」と分かれるわけです。

 世の多くのお母さん方は、家事も育児も「頑張って」られるのかな、そりゃ「頑張ら」ざるをえないだろうな…と思います。

 私は、主婦の仕事は「家の中のことを完璧にこなす」ことではなく、「家の中の仕事を適切な人に割り振りをし、かつ実行してもらいやすく整え、信じて、委ねて、それが成功しても失敗しても『してくれた』ことに感謝の気持ちを示す」ことが理想なんだと解釈を変えてからずいぶんとラクになりました。

 誰にも、どのご家庭にも、この方法がベストだと言うわけではないのですが、もし「なんだか私ばっかがしんどい気がする…」と思う方がいらしたら、愚痴を聞いてあげたいもんだな、と思います。

 さて、来週もオット、2泊3日で不在です。
 さみしいなー、さみしいなー(今から言ってどうする)。

Posted by i子 at 10:41 | めおとみち | comments(5)

reframing?

 オットはユニクロが好きです。

▲はなもユニクロのはこがすきでつ


 インフル渦を避けるべく、お店には行かないのですが、オットの分も私の分も、まとめてネットショップで私が選びます。

 そろそろ寒くなってきたしなー、と今年はオットの分もヒートテックのアンダーシャツを何枚か購入してみました。

 オット、私に遅れること1年。ヒートテックの魅力にようやく開眼。雪が降るようになった最近では毎日のようにヒートテックのシャツを着ています。

「おかげで上半身はぬくいねんけど、こうなるとヒートテックをはかないアンダーがスースー寒い」とまで言うようになりました。
 
 そんなときにはアレですよ、アレ!モモヒキですよ!モモヒキ!!すてきなおじさまの必須アイテムですよ!!

 と、言ってあげてはみたモノの、さしものオットでも「モモヒキかぁ…。モモヒキはちょっとなぁ…。なんか、大切なものを失いそうな気がするよ…」と腰が引け気味。

 しかし、さすがはユニクロです。

 今日、新聞折り込みに入っていたチラシでは、メンズのモモヒキは「タイツ」と表記されていました。しかもカラフル。

「ねえオット、ユニクロのモモヒキは、タイツって言うそうよ」

 と教えてあげると、オットは顔を輝かせていました。

 かわいい。
 オット、かわいい。

 多分この人、明日、おこづかいを握りしめてこの「タイツ」を買いに走るに違いない。

 かわいい。


▲「むしゃくしゃして入った。箱ならなんでもよかった。後悔はしていない。」

Posted by i子 at 19:41 | めおとみち | comments(2)

聖人系男子

 オットと朝ご飯を食べながら、私は、今日は晩ご飯は何にしようかなあ、お鍋だったらラクなんだけどなあ、でも連日お鍋で申し訳ないなあ、でもでもでも、お買い物に行くのも大変だしなあ、などとつらつら考えていました。

 するとオットが「寒くなったねえ、こう寒いと温かいもの食べたくなるねえ、晩はお鍋とかがいいなあ」と言い出してくれました。

 ここんとこ、連日お鍋だったのに…。
 オット…!あなたってひとは…!あなたというおひとは…!!

 いい人すぎるよ…。
 後光が差して見えるよ…。

 もしかして気遣って言ってくれた?と思ったのですが、多分素ぅなのでしょう。

 とりあえず、今日は趣向を変えてカレー鍋にしてみることにしました。


▲罪滅ぼしに焼いたりんごのケーキ。
焼いた翌日の方が美味しいので、食べるのは明日から。


Posted by i子 at 16:41 | めおとみち | comments(2)

まもってあげたい

 古都から持たされたしば漬けを、私は何気なく、我が家にあったロイズのビニール袋に入れて冷蔵庫に入れていたのですが、オットがロイズの袋に反応して「おくさーん!このロイズの中身食べていい?」と聞いてきました。

「別にいいけど、中身はチョコと違うてしば漬けやで」と私が答えると、オットが衝撃を受けてしょんぼりしていたのが数日前。

 そして、今日。
 夕食後、「なんかおやつ食べたい…」と冷蔵庫を開けたオットが!

「おくさーん、このロイズの中身食べていい?」

 と同じことを聞くではありませんか!!

 あー、オット、かわいい。
 私のオットは世界一かわいい。
 好きだ、好きだ、大好きだ。

 この人、ぜったい少年時代は、家にあるお菓子の缶をワクワクしながら開けて、おばあさんのお薬やらお手紙やらが入っているのにションボリしていた人だ。かわいい。

 私が一生守ってあげないとなあ、と思いを新たにさせられました。

Posted by i子 at 19:52 | めおとみち | comments(0)

オットはやっぱり世界一カワイイ

 オット、昨日の往復540kmほどの日帰り出張でお疲れもよう。

 そんなオットに追い打ちをかけるかのように、出勤前にみー太郎が脱走したものですから、2人がかりで(私はちび太郎を小脇に抱え)みーくんを捕獲、シャンプー責めの刑に処したりしており、オットも私もなんだかボロボロ。

 しかし出勤はせねばなりません。

 オット、お風呂上がりにアンダーシャツ一枚で「…じゃあ、いってきます…」と力なく玄関に向かっていましたが、私はてっきり、その姿でとりあえず車のエンジンをかけて車内の熱気を逃すだけかと思っていたら、ほんきでその格好で車に乗りそうな気配。

「オット!オット!その格好でかいしゃ行くの?」と問いかけると、オット、はっと覚醒して「危ない危ない、シャツを着るのを忘れていた」と我に返っていました。

 あー、こんなアホ話を暴露してしまってオットにはかわいそうですけど、私にとってはこの人のこういうとこがカワイイのですラブラブ

 子どもが生まれたらパートナーのことを忘れるほどに子どもに愛情がいってしまう、なんていう話もよく聞きますが、残念ながらというかなんというか、やっぱり私はオットがカワイイ。赤子の世話は義務だけど、オットのお世話は権利だもんね。手放してなるものですかイヒヒ

Posted by i子 at 18:38 | めおとみち | comments(3)

とし子萌え

 なんとなーく、NHK教育テレビの「きょうの料理」「きょうの料理ビギナーズ」を見るのが私の日課になってしまい、食卓にバリエーションが出るのが嬉しいのか、オットがいそいそ毎日録画してくれるようになりました。

 それが昨日は、夜のニュースの延長によるものか、タイマー録画がずれ込み(←我が家のテレビは実家のアナログテレビを譲ってもらったものだから)、最後の10分を見ることができませんでした。

 するとオット、茫然自失で「とし子が見れない…」と呟くではありませんか。

 は?

 とし子?

とし子とは「きょうの料理ビギナーズ」で料理指南をつとめるハツ江おばあちゃんの娘で、ぐうたら主婦という設定の女性です)

 ハツ江おばあちゃんでも、プチでも、そして「きょうの料理」の有名料理家さんでもなく、オットはとし子が好きやったん?

 うーん、6年連れ添って、私はだいぶこの人のいろんなことがわかってきたと思っていましたが、まだまだやっぱりミステリアスです。

 ちなみにそんなオットは、今朝は甲子園の第一試合にチアガールが出ているか否かを血眼になって探していました(この数日間、この試合にチアが出るかどうか、そればかりを気にしていました)。チアらしきものが映ると「チアや!!!チアがいたぁーーーっ」と私と赤子が驚くほどの大声をあげていました。

 なーんか、夏休みですねぇ。

Posted by i子 at 10:54 | めおとみち | comments(2)

風が吹けば桶屋がもうかる

 やっと夏らしい日差しになったので、シーズンインに買ったはいいけどなかなか着れずにいた半袖のお洋服を着ました。

 するとさっそくそれに気づいてくれたオット。「おや、i子さんは今日は新しい服を着ているねえ」「似合うねぇ」「かわいいねぇ」と言ってもらえて嬉しい限り。

 気づいてもらえることそのものも嬉しいし、まして生みの親にも義理の親にもすっかりスルーされつつある今日この頃、やっぱり私にはもはや親も子もなくオットだけが頼り、と思わせられてしみじみします。

 せっかく見におでかけしたブルーインパルスふられてちょっと悲しい思いもしましたけれど、オットの朝の一言だけで一日中私はニコニコしていて、夕飯もオットの好物を作ってあげたりしたものですから、オットってつくづく頭がいいなあ、と思います。

 しかし昨日は曇りでも試験飛行をしていたのに…(そしてまたオットだけは運良くその試験飛行を見ることができたそうなのに…)残念。

 地元CATVで、開港100年記念イベント(つまり50年前)の折、記念のヘリコプター飛行(のどかな時代です)を楽しげに見る母子、みたいな古い映像を見たことがあって、今日、ちび太郎さんと一緒にそんなお写真を撮れたらいいな♪なんて思っていたのですが…とほほポロリ

 でも、いつも停泊している摩周丸はもちろんのこと、海上保安庁の巡視船やなっちゃんレラ、イカ釣り漁船、ヨットもたくさん港に集まっていたので、たくさんのお船を見ることができただけでも楽しかったです。

Posted by i子 at 20:23 | めおとみち | comments(0)

夫の浮わ気

 一大事です!夫の浮気疑惑…。

 こんな疑惑なら可愛いなぁ。
 でも、私のオットや、あるいは私もですが、隠し事ができないので自分から吐いちゃいそう。

Posted by i子 at 16:58 | めおとみち | comments(2)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>