ノーマークだったのが悔やまれる

 とても良い雰囲気のベージュのリップをしている女性が気になっていて、先日思い切って、どこのリップかを尋ねたところ、ディオールだとのことでした。

 ディオール!びっくり


 っていうと、どうしても、免税店土産の「臭い口紅」のイメージがあって、一瞬腰が引けてしまったのですが、彼女曰く、最近は無香になったのよん、とのことで。

 で、今日、ショップを通りがかったのでちょっとグロスを試してみると。

 確かにイイ!色もイイ!感触も軽い!ちょっとお高いけど、こりゃ人気があるわけだ!とびっくりしました。

 日本女性には日本のメーカーがベストマッチング!とかたくなに信じておりましたが、うーん、海外ブランドも、あなどれない。日本のコスメマーケットって、実は世界に対してものすごい影響力らしいですから、本気でマーケティングしてるのでしょうね。うううむ。

 今日は衝動買いを抑えて帰宅いたしましたが、夕食に油がっつりの中華料理をいただき終えても色が残っているのに感激したので、今度ディオールを通りがかったら買ってしまいそうな気がします。

 でも、数年前のブームの際に何本か大人買いしちゃった、ランコムの「ジューシーチューブ」もまだ結構残ってるしなぁ(笑)。これがなくなってからにするか。

Posted by i子 at 22:57 | メイク | comments(4)

メイクボックスに悩む

 お化粧は好きですが、鏡台は使っていません。何故なら、結婚して最初に住んだ家が狭すぎたから。…と、ことあるごとにチクチクチクチク、オットにそのことを責め続けるわたくしです。(家賃の安さだけに目がくらんで、最初のすみかを勝手に決めたのはオット)。

 ですが、洗面台にごちゃごちゃとメイク用品を置くのはキライだし、湿気が化粧品にも良くないし、何かと不衛生でもあり、コロコロと移動できるタイプの、ソファサイドメイクボックスをその当時購入しました。

 それを使うこと3年半。便利は便利なのですが、チョウツガイがおかしくなったり、コロが取れたり、安い通販家具特有のダメさ加減が出て参りました。

 メイクアイテムを厳選するようになった今は、アイテム数が昔より減っています。定期的に、使わなくなったものは処分しているのも功を奏しているのかな。(半年使わなかったものは、多分、未来永劫使わない…)。だからこの際、思い切ってボックスをダウンサイジングするか…、といろいろ検討しています。

 条件は、
・卓上型であること
・三面鏡機能が付いていること
・コンセントは要らない

 の3点で、通販カタログなどを見ているのですが…。

 ナカナカ、思い通りのものはありませんし、これならどうだろう、と思えるものでも、やはり手にとってみないことには、微妙な点(引き出しのスムーズさとか、作りの甘さとか)がわかりづらい。まあ、そんなことにこだわるならばオーダーメイドしろよという話なので、どこかで妥協しなくてはならないのですが…。

 一番、近いかな…と思える商品はこちら。拡大鏡がついています。

アクセサリー収納も可能なタイプがこちら。

 でも、この手の道具って、毎日使っているうちに、チョウツガイからバカになっちゃうのですよね。その点がまず一番の不安。そして猫たちに飛びかかられて机から落下したら、衝撃を吸収せずにさまざまなものがはじけ飛ぶだろうという予測もあったり。何より、なんとなくデザインがババくさい…悲しい なんていうか…。カントリーになりきれないイナカテイスト…。木目にあの金具はないでしょう…。

 実家用に購入した、無印の、ナイロン製のメイクボックスなどは、落としても安心、デザインもシンプルで好感度高し、そして軽い、という点で魅力的なのですが、色が黒しかないので汚れが目立つということ、そして鏡がついていないということがネックです。鏡は別に用意しても良いんですけどね。

 これくらいのサイズのメイクボックスで、世の名品と呼ばれるようなものはあるのでしょうか?シュウ・ウエムラのはよさそうだけど、高いしなぁ…。

 皆様のお薦めがありましたら、ぜひぜひ情報を下さいませ。

Posted by i子 at 15:13 | メイク | comments(0)

また当たった!

春夏に続いて、またオーブ当選!ありがとう花王さん。

しかしこうなると昨日口紅を買わなきゃよかったかな?(笑

まあいいか、ちょい違うタイプの色だし♪

Posted by i子 at 15:50 | メイク | comments(0)

ありがとう、プチプラコスメ

 この秋は何かと物いりなのですが、しかし消耗品は待ったなしで減っていく。今日は、この春夏気に入って愛用していたルージュヴェルニのハセキョーピンクが切れたのをいいことに、秋冬口紅を探す旅に出ました。しかし予算はわずか。

 とはいえ、昔と違って、いまは安い価格でもものすごくいいものが出ていて助かります。ずっと気になってた「INTEGRATE」のグロスルージュを二色(RD721、PK281)と、「ラブーシュカ」のルースパウダーファンデーション(オークルC)をゲット。これだけ買っても5000円でおつりが来ました。ああ、ありがとう、プチプライスコスメ…。これで冬を越せます(←マッチ売りの少女か?)。

 INTEGRATEのルージュはほんと高機能。ダイヤル式で出るのは、ちょっとまえのピエヌのネオリップと同じ仕組みなのですが、先端がヘラ型になっているのは、最新のマキアージュのグロスと似ています。色も、すごくヌーディで今の私の気分にぴったりです。どうして私のホシイ色がわかったの?って感じ。
 たとえが適当かどうかはわかんないですが、トヨタとか日産が、高級車を売る技術力やらマーケ力やらを駆使して、そのおかげでVitsやマーチを安価で売ることができる、そんなようなことを思い出しました。この価格で、これだけの口紅、よく作れるもんだ、資生堂。

 ラブーシュカに関しては、先行していた資生堂のマジョリカマジョルカのパチもんくさく思っていたのですが(そしてまたマジョマジョよりもコンセプトが弱い気がするのも見ていて痛い)、このルースパウダーファンデは割と評判が良いので、今回試してみることにしました。家にいるときやちょっとしたお買い物の時、「お化粧」をするとなると気構えるけど「身だしなみ」を整えるのに丁度良い感じのものを探していたので、これもこれから活躍してくれそうです。パフで「はたく」のもレトロでカワイイ。

 帰り道、今年始めて筋子を購入。298円/100g(@Hレン)でした。さっそくつけ始めていて、今度の帰省にも持って帰るよー、と母親に電話をしたところ。

母「iちゃんのも美味しいけど、私は普通の市販のも食べたいわあ」
i「えー、市販のって高いだけで、しかも化学調味料の味するやん、私の作るののほうがおしょうゆとかも上等のん使ってるし美味しいで〜」
母「けど、私は、その化学調味料がごちそうに感じた世代やから、iちゃんの自然派の味付けは、ハッキリ言うて、ものたりひんねん」

 とのこと!!
 なんとなく母らしくて大笑い。そういう人も結構いるんだろうなあ楽しい。安易にロハスブームに乗ったりせずに、「自分の好み」を主張するあたりは、ある種の敬意すら感じます。まあ、たしかに、いくら健康のために化学調味料とかは控えた方が良い、とはいえ、それだけで死んだ人がいるわけではありませんしねえ。

 でもやっぱり「市販のイクラは高いから、私の作ったイクラに母の手元で『味の○ト』でも振ったらぁ?」と提案したら「あ、それがええわ!」というオチになりましたとさ。ぷぷぷ。
 

Posted by i子 at 19:35 | メイク | comments(5)

春ファンデ

 冬来たりなば、春遠からじ、とも言いますが、コスメ業界は春商品ラッシュで、見ているだけでもウキウキします。気分だけでもアゲていかないとね!

 先日はマキアージュのライブステイルージュについて書きましたが、今日はファンデの話。
 
 かつては私も都会っ子、デパート大好き娘でしたが、今となっては車を出さないとデパートに行けないお土地柄、ついチェックが億劫になりがちです。まして、でかけたとしても、販売ラインナップはドラッグストアとさほど変わらず、お値段だけが高いありさま。ならばドラッグストアで買えるもののうち、優秀な商品であればあるほど有難く思います。

 そんなi子セレクトで、現段階、自分の肌にベストフィットなのが、カネボウはレビューのスティルキープパクト。そう、お嬢様フェイスシリーズですよ!

 乾燥肌ですから、ずっとファンデはリキッド、あるいはクリームで来たのですけれども、レビューのスティルキープパクトの保湿力には定評があるので、思い切って買ってみると…確かに優秀でした。寒風吹きすさぶ雪国でも崩れ知らず、粉吹き知らず。ほどよいツヤ感が、私の年齢でもギラつかずにイイ感じです。そして、パクトってほんと、ラクですねえ〜〜ラッキー フタをあけて、スポンジにとって、スルーリと伸ばすだけでお肌がキレイに見えるんですもの。これまで、リキッドで手を汚して煩雑だったのは何だったの!?とさえ思います。

 このお嬢様フェイスシリーズがまた春には新しくなるので、いまのものが切れたらレフィルを買おうと思います。でも、次のパッケージも可愛いなあ。ジャケ買いじゃないですけれど、レフィルだけじゃなく、パクトまで欲しくなっちゃうラブラブ それにしても加藤あい、きれい。

 大学時代から社会人時代と長らくソフィーナのレイシャスを愛用してきましたが、年齢が重なるに従って、なんかパールを強く感じるようになってきました。肌色はキレイに見せてくれるブランドだと思うので、質感がちょっと惜しい感じ。特に、今度出るパクトは、三面鏡つきなので、とてもとても期待はあるのですが…。このパクトの中に、レヴューのレフィルは入るかしら??気になるところです。

 レイシャスというと、くだんの矢田亜希子。別にファンでも何でもありませんが、いくらプライベートなこととはいえ、「押尾かあ…撃沈」とは残念に思いますね。確実にイメージダウン。事務所の人は大変だろうなあとお気の毒に思えてなりません。それにしても、なぜ矢田亜希子ほど可愛くて、いくらでも他に出会いがありそうな人に限って、あきらかなダメ男に籠絡されるのか不思議でなりません。若いんだし、可愛いんだし、仕事にも恵まれてきたんだし、これからもっと精進すれば伸びる人だとも思いますから、自分を大事にするべきでしょう。はい。大きなお世話ですけど(笑)。

 同じソフィーナであれば、先日来ファインフィットも愛用しています。これは可もなく不可もなく、優秀な感じ。ただ、リキッド(あるいはクリーム)、およびパウダーをライン使いしないと、使う意味がないくらい仕上がりに差がつくので、多少面倒といえば面倒。旅行とかに持って行くには向かないタイプです。これは使い切ったら、リピートするかどうかは微妙。

 チープコスメでは、メイベリンのドリームマットムースのファンデがお気に入りです。1200円くらいと激安にもかかわらず、軽くて崩れない仕上がりは驚愕モノ。同じシリーズの、ムースチークも良さそうですが、まだ購入には至っていません。チークってなかなか減らないんですよねえ猫

Posted by i子 at 18:26 | メイク | comments(2)

春の新色

 春メイクの新モノで狙っていたモノは、明日発売予定のマキアージュのアイメイクパレット「コントラストアイズ」の新色でした。でも今日、ドラッグストアに立ち寄ってぶらぶらと他の商品も見ていると、マジョリカマジョルカのパレット「マジュエル」もよさそう。コーラルが一番好きだけど、他の色も良さそうだなあ。しかも可愛い。小さい分、安い。こっちにしようかなー。
 冬は黒い色の服を着ることが多いので、差し色としてピンク系のアイメイクをすることが多いんですが、春はなんだかんだと明るい色を着るので、逆にひきしめ目でもええかもしれません。

 メイクものは流行もあるし、自分の好みも変化するし、シーズンごとにとっても進化するものですから、あまりサイズの大きくないもののほうが良いような気がしています。

 マジョリカマジョルカの新しいマスカラ「ラッシュエクスパンダー」も結構期待していたのですが、これはさほど私好みではありませんでした。
 今のところの私のフェイバリットマスカラは、1位)イミュ「ファイバーウィッグ」2位)オペラ「マイラッシュ」 3位)パラドゥ「アイラッシュウィッグ」 そして、隠れた名品)ダイソー「マスカラ」 この4本です。

Posted by i子 at 23:59 | メイク | comments(0)

ますます迷う

 マキアージュのダイアモンドティアグロス(伊東美咲色)を買うかどうか迷って2週間近く。何をそんなに迷っているって、中味はピエヌのリップネオ(1900円)とさほど変わっていないでしょうに、マキアージュになった途端に2400円もすることです!!グロスに2000円以上は衝動買いできない価格なんですよねー。

 でも、同じような色だし、と思って、サナの「スーパーボリュームリップ」のラズベリー(800円)を買ってみたら、ニオイが臭くて…悲しい 私、ランコムのジューシーチューブは大好きでよく使ってるし、香りも気にならないんだけど、サナのグロスの香りはものすごく存在感を感じてイヤでした。ツヤ感は良い感じだったので、無香料で作って欲しいものです。

 そんな回り道もしたので、さあさあ、いよいよ、ダイアモンドティアグロスが欲しくなってきたのですが、同じマキアージュで、1月発売の春のアイシャドーパレットの新色もええじゃないか、ということに気づきました。マキアージュ、発売当初は購入を見送っていましたが、クリスマスバージョンから俄然よくなってきました。これからが楽しみです。

 アイシャドーのパレットで言えば、AUBEのうるうるライナーも気になっています。ただ、これは以前も書きましたが、どう考えても上戸彩の人選に不満なので、不満の意志を伝えるためにも不買でやりすごすかどうか迷っています。あー、商品は、よさそうなんだけどねーしょんぼり

 そんなこんなでいろいろ迷って、結局何も買いませんでした。さらに目移りして、今日一番の収穫は、メイベリンの新チーク「ドリームムース ブラッシュ」だったかもしれない…。チャン・ツィーがかわいい。ムースファンデのときもそうだったけど、思わずほっぺにさわりたくなってしまいます。値段も1200円。小さいけれど長持ちしそうだし、これはヒットの予感ですよ〜拍手 最近、メイベリンがイケイケだなあ。

Posted by i子 at 17:28 | メイク | comments(0)

ありがとう!!ソフィーナさん!!

 Webから応募していた、FineFitのミルキーファンデーションセットに当選しましたああ拍手


 ベースファンデのみならず、セットで使うべきパウダーファンデのケースと中味、さらに、AUBEの在庫品と思われるデュアルトーングロス(チェリー)、シフォンタッチチーク(PK802)までセットです!!総計、1万2000円相当ラブ

 デュアルトーングロスはすでに1本持ってるけど、そろそろなくなりかけだった上に、今度ならこれを買おう、と思っていた、一段濃い目のピンク。うれしい!
 そして、フェイスカラーも、丁度欲しかったところなんですよね〜おはな マキアージュのを買おうかと検討していましたが、ソフィーナさんに引き戻されました女 AUBEのフェイスカラーは、ほんとうに上品なラメがちらり、ちらり、と光って、本当に可愛いチョキ

 それにしてもファンデーション、嬉しいわあ。
 こないだ、迷いに迷って、結局のところ、ファインフィットは、ベースファンデとパウダーファンデを重ね使いしないと今ひとつだから、初期コストが高くつくので、レビューのパウダーファンデを買ったという経緯があります。

 レビューのパウダーは、パウダーの割にはするすると伸びて保湿力も強いので、結構気に入っていますが、寒さが強まるにつれ、やっぱクリームファンデももう一つほしいな〜、っと思っていたところでした。

 ソフィーナさん、ありがとう。
 AUBEのコマーシャルが上戸彩になってがっかりしていましたが、それでも、これからも応援し続けます。でもやっぱり上戸彩はやめてほしいけど。でもでも、ダイスキ抱擁

Posted by i子 at 14:48 | メイク | comments(2)

大人ニキビのファウンデーション問題について

 ここ数ヶ月、大人ニキビに悩まされていますしょんぼり
 思春期にすらニキビなどさほどできたことのないこの私が。お肌があれほど丈夫だった私が。キメだの毛穴だの、気にしたことの無かったこの私が。
 なぜか函館の水が合わないのか、肌の調子が揺らぎまくりです。こういうお年頃なのかなあ。ていうかもしかして今が思春期なのか!?(んなことないか)。

 今は皮膚科に通って、諦めずになんとか完治させるまで頑張るぞ、といろいろ手段を講じています。最悪、お金が多少かかっても美容外科に行ってもいい!とまで思い詰めています。でも美容外科は、保険っていうかね。「まあ、美容外科もあるし」という逃げ場を考えておけば気が楽になる、という程度に考えていますが。

 スキンケアは皮膚科の先生の指示に従うとしても、大人の女性ともなるとお化粧をせずに外出するわけにはいきません。

 夏用ウォータープルーフファンデは、使い切れなかったので、母親にあげました。母親は舞台に立つ趣味(詩吟)があるので、舞台メイクに丁度よかろう、ということでお互いニッコリ。

 問題は、私の秋冬ファンデですよ!

 今年の秋冬は、ケサランパサランの リクイドファンデーションか、ソフィーナのファインフィットか、保湿に強いという評判の高い、カネボウのレヴューかで検討していました。

 ケサランパサランは買いに行くのが面倒で却下。買える店が市内に一軒しかないのです。それになんかボトルがでかすぎて、使い切るの、何年先だろう…とか思ったりして。

 ソフィーナは、学生時代から会社員時代に、当時のレイシャスを愛用していたので、久しぶりに使ってみようかな〜、と考えたのですが、どうもレイシャスはその後のバージョンアップで、私のお肌にはちょっと合わなくなったみたい。なんていうか、パールがでかすぎ。きらめきすぎちゃってねー。ちょっとねー。
 で、ファインフィットなら多分私の年齢的にもジャストかな、と思い、何度か試してみたのですけれど、ファインフィットの伝統ていうんでしょうかねー、ベースとパウダーとをライン使いしないと、いま一つきまりの悪い肌になるんですよね。そのかわり、きちんと両方使うと、ものすごくきれいになります。カバーはするけど、厚塗りにならない。ファンデーションの理想形かも。でもねえ、やっぱり、アイテムは増やしたくないし。

 そうなるとレヴューをはじめて使ってみるかな〜、という、消去法での選択肢が落ち着きつつあった今。

 エテュセのアクネケア用オイルフリーパウダーファンデーションのサンプルを頂いてしまいました。

 私は基本的には乾燥肌なので、秋冬ファンデは絶対リキッドかジェル!と決めていたのですが、今回のオイルフリーファンデ、「ドライブロック」と名付くだけあって、なかなかに乾燥しない優秀なヤツです。うむう。

 そして、アクネケア成分が入っているとのことで、このところの肌荒れ肌の上でも、比較的安心してつけられるじゃないかー。

 まあ、いくらドライブロックとはいえ、所詮パウダーなので、朝お化粧して、夜になると粉が吹いてきますけれど…、でも、夕方まではなんとかキープしているから合格範囲内。

 さて、選択肢がいっこ増えたじょ。
 パウダーも、手を汚さずにすみますから、ラクはラクですしねー。

 それにしても、この年になってエテュセのアクネケアラインにお世話になるとは思いませんでした。エテュセってティーン時代に使っていた覚えがありますもん…。いまも、ティーン向けのイメージが強いですもん…。

 大人ニキビ対策でおすすめのファンデ、あれば教えて下さいラッキー

Posted by i子 at 22:54 | メイク | comments(0)

鳴り物入り

 日本舞踊や歌舞伎を見たこと、演じたことがあれば、いわゆる「鳴り物入り」がどういうものかがわかるはず。鳴り物(音の出る小道具)を持った演者が、舞台に華々しく出てくる瞬間というのは、観客としてものすごく心が高まるもの。

 資生堂の「マキアージュ」の広告戦略は、まさにその「鳴り物入り」ですねえ。資生堂の新ブランドや新シーズンものがリリースされるときにはいつも華やかですけれど、今回の「マキアージュ」に関しては、数年来、という気がするほどの「大がかりさ」を感じます。「プラウディア」デビューの時以上だ。Web、新聞、テレビ、雑誌、ありとあらゆるメディアを巻き込んで「お金かかってはるねんろな〜」というシンプルな感動すら覚えますお金。短かったなりに、そして辺境のメディアだったなりに、一度は広告業界にものすごい近い場所で勤めていた私。資生堂の広告に関わりたいと思わない業界人はいないことでしょう。私もあのままあの業界にいたならば、恐らく今はもう少し女性よりの媒体を目指していたろうなあ、と思ったりもします。多分5年目の今年あたり、転職活動してただろうな…。

 伊東美咲に関して言えばピエヌからの続投ですが、メイクの楽しさを前面に出したピエヌのときよりも、素肌力を打ち出したナチュラルさが今回のマキアージュメイクの見所ですね〜。相変わらずカワイイ、顔が小さい、びっくり。
 あとは、篠原涼子。東京パフォーマンスドール唯一の生き証人という感じですが、エエ感じの女優さんになってきはりましたね。「冷製と情熱の間」くらいで見直しました。最近の当たり役はなんといっても「ヤンキー先生」でしょう。彼女の芸歴においては、コムロ系だったあの一瞬のほうがむしろ寄り道に見えるのは何故かしら。
 エビちゃん以下はこれからに期待という感じ。ソフィーナAUBEの片瀬那奈ちゃんも、初回登場時は目が慣れなくて「井川遥のほうが可愛かったよなあ」とか思ったものでしたが、第二弾からはこなれた感じの可愛さに見えてきましたもんね〜。

 で、マキアージュ。買うつもりはなかったんですが(広告は興味深くても、中味はこれまでのプラウディアやピエヌとさほど変わりを感じられなかったので)、同日に発売だったルミナスの「ルージュヴェルニII」を二本買ったら(あ、結局、BE441と、もう一本はRD440を購入。でもPK840への未練も捨てがたい。どこかでフラリと買っちゃうかも)、マキアージュの口紅のサンプルを頂いてしまいました。試しに昨日使ってみると、ん、色が割と良いかも。これまで資生堂の口紅って、あまり色が合わなくて買わなかったんですけれど、今回は結構魅力的な色があるなあ。しまった、これってもしかしてマーケティングされまくってる?(自意識過剰女)ファンデーションもねー。今使っている夏用のウォータープルーフのがなくなったら、秋冬は保湿に定評のあるREVUEケサランパサランのリキッドを買おうと思っていたので、多分見送るとは思うんですが、広告で毎日毎日洗脳されたら、もしかしたらフラリとマキアージュに手を出してしまうかもしれない…楽しい


 さて、今日のペディキュアは、実家に帰ることを考えてラメもパールも入っていないベージュピンクです。サロンに行きたい行きたいと思えども、何だかんだで時間が取れなかった…なので自分塗りです。でも単色塗りだと寂しいので、ネイルシールネイルペンでお絵かきしてみました。うふふ。これぞ女のおたのしみ〜。薬指にくっついているのは、トゥーリングです。手の小指につけるのも気に入ってますラブ

Posted by i子 at 10:12 | メイク | comments(2)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>