火がほしい

 数日前から天気予報で聞いていたので、雪の備えをしていた我が家ですが。

 迎え撃つにも敵が強すぎた感じがします。

 

 積雪がつらそうな南天 

 

 親子狸3匹、遭難しました。

 

 30cmくらいつもったでしょうか。

 

 普段ならなかなか起き出さないこの人が、普段よりも早い時刻に、びっくり箱の中から飛び出すバネおもちゃのようにベッドから飛び起きてきました。

 

 スキーウェアのうえにゴーグルもかけて、やるき満々です。

 2年前に、初スキーを経験するときに、成長期なんだからレンタルにするかなぁ、それとも買うかなぁ、とは迷ったのですが、すこし大きめサイズのスキーウェアを買って大正解でした。その年のお正月も大雪で、雪遊びに活用できました。今年も、ぱっつんぱっつんでしたが、なんとか入ったので、たぶんこれが着納めかなぁ。元は取った気がします。

 

 外出先で、誘い上手なお姉様に誘われて、思いがけず駅伝見物をすることになりました。

 インドア不精者夫婦2人だと、ましてこんな大雪の日にそんなことは絶対しないはずで、貴重な経験でした。

 

 これは雪の合間の撮影(吹雪がすごいと、iPhoneの故障が怖くてとても撮影するなんてできなかった!)。

 走っている選手たちは、ランニングシャツと短パンという、究極の薄着で、見ていて痛々しかったです。

 上には上がいるというか、走らずに、じーっと沿道警備をしていた中年ボーイスカウトさんが、なんと半袖。

 どんな修行なの!?と気になって気になって仕方ありませんでした。

 

 吹雪の中、ものすごい接戦で、きっと歴史に残る大一番になるんだろうなと感じました。

 面白かった−。

 なんでも経験してみるものです。

 誘ってくださった方に感謝します。

 

 これも、吹雪の合間の晴れ間を撮影したもの。

 こんな日には、家の中に「火」がほしくなります。

 

 北国暮らしの必需品だった大型ストーブ…。

 炎のおかげで、びしょ濡れになった上着や帽子、靴をあぶって乾かせたのに…。

 かじかんだ手足をあぶって温められたのに…。

「あぶる」っていう動詞すら、古都では通じない…。

 あぶりたい…。

 

 火災の危険防止のために、合理的な暖房器具ってどんどん新発明されていても、やっぱり北国って「炎」が必要なんですよね。

 炎がないと鬱になるので、省エネとかけちくさいことを言っていてはいけないのです。

 

 とはいえ、ことしは灯油高で、年金世帯や生活の苦しい方に大変な重荷だとニュースで聞きます。

 古都の我が家とて生活が苦しいのは同じでも、灯油のない恐怖は北国と比べようもありません。

 燃料費の乱高下が生命の危機に直結している人が多いことを思います。

Posted by i子 at 19:59 | - | comments(0)

くるみボタン作り



私の手芸用品に興味津々のちび。

今日ははぎれでたくさんくるみボタンを作りました。

ヘアゴムにしてガールフレンドとおばあちゃんにあげるそうです。

マメな男だね。

Posted by i子 at 21:38 | - | comments(0)

新企画!

 七草がゆを食べ、ちょっとぶらぶら散歩に出かけてみました。

 初詣時期に突っ込む勇気はありませんが、ほどよく混雑も引き、でもほどよく屋台も残っていたり、お正月の残り香がほんのりただよう感じを楽しむことができました。

 

 梅もちらほら咲き始めています。

 こちらは紅梅。

 これから下り坂になるようですが、今日はまだまだ良いお天気です。

 このお正月は、穏やかで温かくてありがたい休暇でした。

 新しく造成されたエリアがありました。

 変わらないように思える古刹でも、時代のおりおりにこのような修繕はあるものなのですね。

 

 で、さすが長く続く事業体だけあります。しっかり新商品ができておりました。

 

 こういうはやりものにすこぶる弱い愚息、「やってみるぅぅぅぅぅ!!」と大乗り気です。

 屋台のどんぐり飴を欲しがっていたのですが、それと同じお値段なだけに「どんぐり飴か、おみくじか、どっち?」と決断を迫るとかなり迷っておりました。でも「…おみくじ」と決断。

 じゃじゃーん。

(色は五色から選べます)

 

 満を持して小川に浮かべるのですが


 きゃーーーー!流されるーーーーーーー!!

 

 文字が浮かばないままに流されそうになり、親子3人大慌てでおみくじを追いかけ、石に引き上げました。危なかった…。

 

 で、ちびが「読めない!読めない!」とぶーたれましたが、なんとか読むことができました。(ちなみに小吉)

「願い事 心穏やかに運を待てばかなう」

「健康 焦らず気長に養生せよ」

「金銭 努力をすれば自ら開ける」

「学業・仕事 全力を注げばお助けあり」

「恋愛 誠意を尽くせば望みあり」

「旅行 喜び事あり」

 

 英語表記もあるので、外国人観光客の方へもおすすめです。

 …が、なにぶん水場が動くので、一人旅なのに画像を撮影したい、という方は苦労しそうです。

 水に浮かべて風情を楽しむ、というよりは、水場で水に浸してどこか安定する場所において撮影しましょう。

 そうでないとスマホやカメラを落としてしまいそう。


 さりげなく境内にこんな旧跡もあります。

 往時はさぞ華やかだったことでしょう。

 

 昨年は「真田丸」が面白かったけど、さて、今年の大河はいかがあいなりましょうのう。

 

 帰途、そろそろ小学校がはじまるちびに学童用品を補充するべく、スーパーの文具コーナーに立ち寄りました。

 Apple pen!

 

 ohh…

 

  Pinapple penは売り切れていました。

 

Posted by i子 at 22:13 | - | comments(0)

むかしの乙女

 京都国際マンガミュージアムの特別展「りぼんのふろく」展に行ってきました。

 

 ふろくや全プレに胸をときめかせている小学生の机ってこんな感じ…という展示物なのですが、残念!

 この時代考証だと、私よりすでに5歳以上年下と思われるッ、という、じわじわダメージを受ける想定でした。

 私のジャストな時代感覚でいうと、なんといっても池野恋先生の「ときめきトゥナイト」が黄金期。

 のちに時代を牽引する矢沢あい先生や吉住渉先生がデビューした瞬間を知っていて、のちのブレイクをうすうす感じる、というくらいです。

 

 80年代中盤のものは、結構私も持っていたなぁ、というものがありました。

 しかし、時系列に沿ってふろくを集めると、時代が見える、という構成が面白かったなぁ。

 税制や運輸の問題とも結構からんでいるのね。大人になってから気づくことも多々あります。

 

 職場で、年代の違うジョシたちと話をするときに鉄板な話題が「ときめきトゥナイトで言えば何世代?」というものです。±10歳以内くらいだとこの話題が使えます。

 

 当然、私はぶっちぎりの蘭世ちゃん世代ですし、全世代をカバーしているので多方面から物語の切り口を語れるわけですが、きっとこういう光景って「源氏物語」成立から数十年くらいは宮中のジョシでなされていたんだろうなぁ、と思うことがあります。つまり、それくらい「ときめきトゥナイト」という作品には様々な人物の系図が関わっているので、きっちり原典を読み込まないとイカンということです。

 

 お勉強は苦手でも、お料理やお裁縫が得意で、愛情深く家族を支える良妻賢母としての蘭世ちゃん、という存在は、実は私の人格形成にも深く関わっている…ような気がします。こういう人、意外に多いんじゃないかなぁ。こんな世代が、いま30代後半から40代のミドルエイジにかかっているわけで、有形無形に実は日本社会のジェンダー意識に与えているインパクトというのもあるんではないかな、なんてね。


 このお休みは、本当によく寝ました。

 起きられない、体が動かない、という状態でした。

 以前、鬱で休職していた友人が、その間の自分は過眠症のようだった、といってくれた話を思い出すほどでした。

 

 いまは活躍している友人も、そういう時期があったことを思うと、私の場合はたぶんそこまではひどくなくて、単に会社が休みだから休むことができた、というだけのことなのですが、この数年は、たとえ仕事がお休みでも、ちびがまだ小さくて、私だけ眠っているわけにはいかなかったので、気が張っていたのかなぁと思います。

 

 最近は、ちびも1人で寝起きしてくれて、私が寝ていても、冷蔵庫からおせちを食べてくれたり、本を読んで時間をつぶしてくれたりする、という安心感があったのだと思います。

 

 しっかり休むことができたからには、またしっかり働こう。

 がんばるぞ。

 

 

Posted by i子 at 16:28 | - | comments(0)

人が寝すぎては良くない

 ほんとうによく眠るお正月でした。

 

 そうなると、消費カロリーも少ないのか、食べる量も減り、じょじょに体重も減りました。

 

 普段の生活は体重との闘いみたいなものですが、実はそれだけ食べているということでもあるのですね。

 寝るのが一番のダイエットとはよく言ったものです。

 

 しかし、眠る→食べない→やせる→ますますひきこもる、では、冬休みというよりも冬眠みたいになってよろしくない、ということで、今日は家族3人であてどなく外出することにしました。

 

 ぶらぶら散歩で、とりあえずちっこい電車に乗って西へ。

 

 芸能祈願で有名な神社があるので、ぶらり途中下車。

 奉納札のなかに、有名人の名前を探すのって楽しいのです。

 これだけ有象無象のお名前の中から、オットたんの目は声優さんやYoutuberさんを見つけ、私の目はバレエ団や宝塚歌劇団の人を見つけるという、人間の認知の能力について考えさせられるなど。

 

 金運と美とを守られるという神社さん。宗教は違うので参拝はしかねますが、人間の望みって結局ココよねぇ。

 

 オットたんも、私も、ちびも、モテモテになれるかしら。

 

 そのままぶらぶら歩いて、普段なかなか行かない観光地へ。

 

 最近は食べながら歩くことがはやっているのか、どんどん進化した食べ物ができています。

 ゆばチーズとか普通に美味しそうなので、家でも作ってみよう。

 

 すこし時雨たあとに、美しい虹が出ました。

 お正月から縁起の良い感じ。

 

 武将マスキングテープ。全部ほしい、全部。でもどういう時に使えばいいんだか。

 

 いろんなところでいろんな福袋を見るものですが、新撰組福袋ってなんかスゴイですね。

 

 やっぱり外を歩くのも大事ですね。

Posted by i子 at 21:04 | - | comments(0)

飛ぶトリを落とす

 年末にはお料理しまくる私ですが、お正月は絶対お料理しません!

 お餅を煮るか焼くかするだけ!

 寝て過ごしてます。正しいお正月を過ごしています。

 今年は気候も穏やかです。

 

 オットも私も、厄年があけました。

 としはじめの「たなくじ」では「飛ぶトリを落とす一年になるでしょう」とのことでした。

 いよいよ今年こそ、いろいろと頑張りたいので、いまのうちに体力を充電します。

 

 元日に色無地を着ました。

 昨年は、お正月以外にも、ちびの卒園式や入学式に着物を着る機会がありましたが、今年はそんなイベントも予定がないので、心がけて着物を着るようにしたいなぁ、と思います。

 

 そのためにも少しタンスを整理しよう、と、あまり着なかった振袖を、オット方の姪に譲ることにしました。

 

 結婚直前に、親の仕事のおつきあいのからみで仕立てた振袖だったのですが、当たり前に考えて、結婚してから着る機会もなく。

 しつけをつけたまま十数年眠っていました。

 

 自分に娘ができたら譲れるかしら?と思うところもあったので、手放せずにいたのですが、どうやらそのようなこともなさそうですし、ちびにお嫁さんが来てくれるにしても、お振袖を譲るのはなんだかおかしな話ですし、それならこれから十三参りや様々な行事に着てくれそうな小学生の姪に譲るのが順当かなと思った次第です。

 

 先日は、袴をお若い後輩に譲りました。

 

 私がイカの街を離れるときに、ある婦人から「お餞別に」と、たくさん上品なお着物や帯を譲って頂きました。

 その方も、譲る娘がいないから…ということで私に託してくださったのでした。

 おかげさまで、いま、年齢相応の装いをさせてもらえている気がします。袖を通すたびにその方のことを思い出したりもして(←まだお元気ですが!)いいものだな、大事に着なきゃな、と思います。

 

 そう思うと、私の若かった時の着物も、いま活用してもらえる若い人に少しずつお譲りしていかないとなぁ、と思うのです。

 ため込んでても、持ち腐れだし。

 若い方に喜んでもらえて、着物も日の目を見てこそです。

Posted by i子 at 20:48 | - | comments(0)

感謝


今年もなんとかおせちができました。

毎年、一品は新しいものに挑戦することを自分に課しているのですが、今年は伊達巻のマイナーバージョンアップが限界でした。


あと、人参の飾り切りを「とさか切り」というものにしてみました。




出入りバタバタの母世帯にはおひとりさまおせちをお年玉的にプレゼントします。



今年もまだまだ苦境つづきで、しんどい一年でした。

ただ、振り返ると、家族に大きな病気がなかったこと、ちびが小学校で楽しく勉強に遊びに成長していること、ランちゃんを穏やかに天国に見送れたこと、幸せを数えなければなりません。



ちびもお手伝い。
毎年おせちをつつきに来てくれるお友達の存在にも感謝しています。



ミニシフォンケーキ。
オットも私も厄年はあけたはずなので、新しい年は気持ちを新たに頑張ろう。


来年もよろしくお願いします。

Posted by i子 at 16:00 | - | comments(0)

鮭解体ショー

 毎年、年末にホタテをくださる北の大地の親戚筋、今年は台風のためホタテが全滅した(小屋まで流された)とのことで、申し訳なさそうに鮭を送ってくださいました。じゃがいもも殆どダメで、代わりに長いもを。

 何にしても、そんな大変なときに…と恐縮至極。

 

 しかし、長年多角経営をしているところではあっても、漁の資本が壊滅するというのは、どれくらい大変なことなんだろうなぁ、と想像もおよびません。どうやらお仲間内での互助的なやりとりがあって、ホタテがダメでも鮭が、とか、漁がダメでもほかの仕事が、ということになるようですが、何にしても自然が相手の仕事というのは大変なものだなと思います。

 

 自然相手の仕事でなくても、自分の努力のおよばないところでどうしようもないことに巻き込まれることは間々あるものですが、どんなお仕事でもそういう時ってあるものだな、そういう時もあるというだけで、頑張れるときには頑張らないといけないなと思わされます。

 

 感謝していただきます。

 

頭や骨はあらじるに。

 

 焼いたお餅など入れて、もういくつ寝るとお正月。

 お正月に寝て過ごすために、パンを焼きためて冷凍備蓄しています。

 今日は久しぶりに、チョコシートを作って、マーブルパンにしてみました。

 きれいな渦巻きにはならなかったけど、久しぶりにしてはよくやったよ、自分。


 ちびが児童館でカレンダーを作ってきてくれました。

 1月の予定…

 私の誕生日を間違えているわりに、ガールフレンドの誕生日はばっちり入っていたりして、もうだんだん私よりもお友達の方が大事な年頃になりつつあるんだなーと思います。

 

 私たちの知らない間に「恋ダンス」を踊れるようになっていたり、はやりの言葉を教えてくれるようになっていたり、私たちに子どもがいなければ気づかずにいたようなことに気づかされることが増えてきました。だんだんと、彼は、私の目の及ばないところで、いろいろな本を読み、たくさん友達を作り、彼の世界を広げています。

 

 私の人生は、たぶんそろそろ天秤の支点を越えている頃なのだと思います。

 この先がゆるやかに傾くか、急に傾くかはわからないものですけれど、少なくとも前半ということはないと自覚しています。

 一緒にいられる時間は限りがあるので、できるだけ楽しく過ごしたいものだなぁと思います。

 

Posted by i子 at 22:04 | - | comments(0)

楽しいクリスマスでした



ちびにはサンタさんがきたようです。よかったね。


オットたんからは温かいプレゼントをもらいました。思いがけず嬉しかったです。ありがとう。


私からは限定品ビール。



親しい方たちと、ユーモア溢れるプレゼントを交換しました。ホクホク帰宅するとさつきさんがやってきました。


その中の一つ。老舗洋菓子店の焼き菓子。

昔の古都の子は洋菓子というとここでした。懐かしいな。
この赤と緑にときめく世代です。

いまはおしゃれでおいしいものがどこでも手軽に買えますが、こんな昔かたぎな風情もホッとします。

生きてると色々あるけど、とりあえず家族が健康でいられること、優しいお友達と交流を持てること、子どもたちからの敬意を受けること、年輩の方の智慧を授かること、さまざまに私は恵まれていると幸せに思います。

来年はもっと幸せになりたいです。
私が幸せでないと、周りの人を幸せにするどころではないですしね。
頑張ります。

Posted by i子 at 22:31 | - | comments(0)

クリスマスおめでとう

作るのを忘れてた羊飼いさんでしたが、やっぱ外せないなと追加製作しました。






羊飼いたちは「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。



彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。


家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。

今日はオットたんが民生委員のお役目の日でした。

お一人暮らしの方に、配食訪問します。

初めての事だったので、ちびが興味津津で、数日前からお手伝いする気まんまんで出かけてくれました。

ちびは、民生さんたちからも重宝がられ、訪問先でも歓迎され、嬉しい体験だったようです。

クリスマスに、自分だけが幸せであればいい、というだけでなく、ひと様のために時間と労力を献げる経験を積んで欲しいなと思います。

そんな良い子のちびには、父と母からは、新しい筆箱をプレゼントしました。

サンタさんは来るでしょうか。
きっと来てもらえることでしょう。
何せちびは、来宅するサンタさんへのお茶菓子が気になって気になって、「ハハ、なんかちょっと気の利いたものサンタさんに作っておいてあげてよ」と用意周到で寝床についたので。

…ハイハイ、「気の利いたもの」ね…。

Posted by i子 at 23:08 | - | comments(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>