坪庭療法

 台風が来る前に、先日来のタイルスペース作りのつづき。

 少しお高いので、迷いながら購入したタイルでしたが、さすが日本のメーカーの商品だけあって、ものすごく使いやすい!素人施工でもなんとかなるように親切にできていて感心しました。

 

 打ち水効果…がどれくらいあるかはわかりませんが、少なくとも殺風景だったあの景色からすると、見違えるようになりました。

 陶器なので、この上でならバーベキューも安心。

 

 人工芝は、当初、実母たんがいい顔をしませんでしたが、最近の人工芝はずいぶんと進化している…という口コミに賭けてみて、このガーデンガーデンさんというお店の「春秋色」という芝生を10m買ってみました。芝の長さは2cmです。

 灯籠や竹垣の周りは、フリーハンドでカッターでざくざく切りました。

 雑な私が雑に切っても、なんとかなりました。

 

 ちょっとした浮きは、同じお店で買った芝生用の釘でがんがん打ち付けてフィックスさせます。

 ちびも良い仕事をしてくれました。

 

 とりあえず、第一期工事として目標にしてた、タイルスペースと人工芝スペースは、これで工事完了。

 

 もっと知識や経験があれば、いろんなことができるのかもしれませんが、限られた予算と、土仕事が苦手な私ができることの組み合わせを考えると、これがいっぱいいっぱい。でも、これだけでも、私でもやればできるんだ!とずいぶんうれしくなりました。

 

 このところいろいろとつらいことが多くて、さすがの私も、八方ふさがりだし、もう満身創痍…とふさぎこんでいました。

 でも、とりあえず目の前のタイルと人工芝をなんとかしなくては、と肉体労働をしたのがよかったのか、鬱状態から脱することができた気がします。オットたんからは「坪庭療法やな」と言われました。さすがオットたん、うまいこと言います。スケールの大きい箱庭療法みたいな感じね。

 

 何にしても、とりあえず手を動かすことって大事ですね。

 考えるのも大事なことではあるけど、考えたところでどうにもならないことも多いし。

 鬱病の人の行動療法でビーズ手芸とかがあると聞きますが、こういう小さな達成感がいいんだろうな。

 

 次の夢は…

 

 私とオットたんは、2段ステップと、テーブルセットを置きたい。

 ちびは、ハンモックとテントを置きたい。

 

 さらに、その次の夢は…

 タイルスペースの先の、まだまだ未開拓の原野をならして、人工芝か砂利を敷きたい。

 

 予算も時間も、人手もないので、すぐにかなう夢ではありませんが、ぼちぼちと時間をかけて、やっていけるといいな。

 

 ちびの思い出の中に、オットたんと私とが力を合わせて庭を作ったことが刻まれると良いな、とも思います。

 

 さて、第一期工事は、思いつくままに無計画に進めてしまっていたのですが、実は世の中には庭造りのテキストも数多くあるんだな…と気づきました。(おそいよ)

 

 図書館で、何冊か目につくまま借りてきました。

 

 外構工事って、ほんとうに趣味性が高いから、予算が天井知らずだなぁ。

 

 でも、夢が広がります。

 

 もともと肉体労働が得意ではない夫婦二人で、どこまでDIYができるか未知数ですが、ぼちぼち勉強していこうっと。

Posted by i子 at 19:17 | - | comments(0)

back to school

 楽しかったちびの夏休み、全日程が終了しました。 

 キャンプに二泊三日で行った以外の平日は、児童館の皆勤賞でした。

 土日は土日で、しっかり遊びました。

 入学式のためにおろした靴がぼろぼろになるまで遊んでサイズアウトもしたので、明日からの二学期のために、靴を新調しました。

 

 毎年、この夏休みを果たして乗り切れるのかしら…と不安にかられてはじまるものですが、今年は、彼が児童館に行ってくれることと、私に仕事の場があるということで、ずいぶんといい関係性を保てたと思います。

 

 私は、家の仕事も、我が子と向き合うことも、我が子のお友達である子供と接することも、どれも好きです。私にとって大事な役割だと思っています。

 

 そんな私であっても、ちびの産後から年長にいたるまで、すこしだけ自分のことを後回しにしてでも、子どもの成長を守らなくてはいけない時期なのだと過ごしていた数年は、自分の想像以上に過酷なものでした。そんな時間があったからこそ、この夏は、児童館の先生方や、ボランティアさんたちが、親とは違う役割でちびを守ってくださり、楽しい時間を過ごさせてくださったこと、心から感謝します。

 

 家庭があると、仕事にも制約があって…

 

 というのは、言い訳じみた言い方になるし、ちびの存在で自分を犠牲にしているようであまり好きではないのですが、家族がいるからこそ、私が仕事をする意味が、私の人生の時間を、自分や家族のためだけではなく、社会のために使うことなのだなと思うようになってきました。

 小さな働きでも、次世代を生きる人たちのために、直接的に、間接的に関わって、社会を豊かにできるといいなとあらためて思います。

 

 

Posted by i子 at 19:38 | - | comments(0)

壮大なパズルゲームぽい

 今日はちびが地域の地蔵盆に参加。

 

 もう小学生なので、私がべったりと同行していなくてもいい…とはいえ、家からそう離れることもできず、おかげで開墾やら、家の中のお掃除やらがはかどりました。

 

 タイルスペースが少しずつ増えていきます。

 なんだか壮大なパズルゲームのようです。

 

 造成スペースの真ん中には、常夜灯が設置されていて、これは動かすことができません。

 残念なことにあまり明るくありません。

 

 というわけで、今日も今日とて、ホームセンターへGo!

(すっかり私の現実逃避先になってる…)

 

 いろいろ見て選んだのが、アイリスオーヤマ製の乾電池式LED防犯センサーライト。単三4本で200ルーメン。2480円でした。

 

 聞いたことのないようなメーカーのもので、もっと安いものもあったのですが、取り付け金具が別売だったり、いろんな罠がありそうだったので、クランプも同梱されていたこの商品を選びました。

 

 アイリスオーヤマフェアが開催されていました。3000円以上の対象商品の購入で500円の商品券キャッシュバック。

 実母たんの家の勝手口の足下が暗かったので、そこにもLEDの人感センサーつきライトを1280円で購入。

 こんな価格で、こんな良いものを買わせてもらって、ほんとに利益って出るのか心配になるくらい…。

 

 経済ニュースなどで、パナソニックやシャープを離職したエンジニアをアイリスオーヤマや西松屋といった異業種が引き抜いているという記事を目にしたことがありますが、本当に最近のアイリスオーヤマの家電の種類の増え方は破竹の勢いです。

「剥奪型の人生の転機」に際して、新天地を拓く人の物語に、私の涙腺ってゆるいのよねぇ。

 

 とにもかくにも、庭仕事に手を出し始めると、アイリスオーヤマの商品には助けられています。

 

 高所なので、オットたんに取り付けてもらって、準備完了。

 

 暗くならないとセンサーがはたらかないので、わくわくしながら暗くなるのを待ちました。

 

 夏の夜だからなかなか暗くならないのね。

 

 夕食を食べて、ほっとしたころに、ぱっと点灯してくれたときのうれしさといったら。
 

 

 

 センサーライトも、防犯ライトも、もう1組ずつくらいほしい。

 また明日もホームセンターに走ってしまいそうですが、残念ながら明日から通常営業です。

 たとえamazonとかで買うにしても、作業している時間がないので、次の作業は来週末に持ち越し。

Posted by i子 at 17:22 | - | comments(0)

タイルスペース

 月曜からはじめた開墾、今日で6日目です。

 

 はじめに雑草を刈った … っていうとこからはじめて、天地を創造なさった神様なら「これでよし」と言わないといけない6日目。

 ですが、ちみちみと非力な2人で開墾してるので、とてもじゃないけど「これでよし」ってもんじゃないよー。

 

 2.5m×6mくらいの、ほぼ長方形の土地なのですが、まんなかに外灯と、はしっこに石灯籠があるのは素人には動かせません。

 予算が天井知らずなら、純和風の坪庭にあこがれますが、管理にも費用がかかることを思うとまず却下。

 今回の開墾の一番の目的は、バーベキューをしたり、私が燻製をしたり、というアウトドアクッキングをすること。

 しばらく数年は、こどものお客さんも多いことを思うと、できるだけ遊べる面積が多いのがいい。

 

 ということで、まず、全面に防草シートをしきつめたあと、そのうちの2.5×2.5mの面積に、市販のタイルを敷き詰めることにしました。

 口コミで評判がよい、TOTOのバーセアというタイルです。

 保水効果があり、打ち水をすると効果的に冷却効果がえられる…というエコプロダクツだとか。

 Amazon限定カラーがお安かったので、賭のような気持ちで購入してみたところ、思った以上に家の外壁と色が合って、よかったです。

 

 思い切って7箱買ったうちの2箱が届いて、こんな感じです。

 明日さらに2箱届き、その後は在庫ができ次第届くようです。

 一気に7箱こられても置き場所がないなー、と思っていたので、ちょうど良いペースです。

 

 8月いっぱいは限定価格でお安いようなので、買い足しを検討するなら早めに決断しなくては。

 

 ですが、残りのスペースは人工芝でも良いかな…と考えています。

 全体的に和風な家なので、本当なら砂利の方が合うんだろうなとは思うのですが、ちびっこが遊ぶことが多い数年のあいだだけでも、人工芝やタイルの方が足に優しいかな、なんて。

 

 立て替え前の我が家では、幼児だった私にとってものすごくハードな自然環境でした。三世代同居でそれぞれが好き勝手な植木をし、社屋も兼ねていたので人の出入りも多く、大きな枝振りの松とか、砂利とか小池とか小山があって危険がいっぱいだった。しかも卵をとるために飼っていたチャボによく攻撃されて怖かった…。

 いま、ちびとの数年のために、彼や、彼のお友達であるちびっこのための庭造りをしていると、彼は幸せな子だなと思います。

 

 

 普段行くホームセンターではネタがつきてきたので、ちょっと遠方のホームセンターまででかけると…

 すてきな竈と出会ってしまいました。

 こんなのでピザとか焼きたい!
 

Posted by i子 at 19:46 | - | comments(0)

夏休み最終日(わたしの)

 古い古都人なら、いまだに「府立体育館」と言ってしまう、島津アリーナへ。

 私は、実に25年ぶりです。若貴ブームの頃に古都場所を見に行った以来なのよね…。

 

 今日は、市内の児童館対抗でドッチボールトーナメントが開催されたのです。

 この日のために、今週に入ってからは強化練習にとりくんでいたちびたち。

 

 優勝ならず、3位でしたが、よくがんばった!

 

 古いテニスの試合のポスターが飾られていて、オットたんがしげしげみていました。

 オットたんはテニスにあまり興味のない人なのに珍しいな、と思ってみていると、彼の視線はMr.PCの広告に釘付けだったのでした。やっぱりうちのオットたんってちょっと変わってるなと思います。

 

 ちなみに1985年。

 

 帰宅したら、某所からのとうきみが届いていました。

 ありがとうございます!

 

 そうそう、開墾といえば、我が家の開墾もだいぶ進んできました。

 45リットルのゴミ袋を10個ほど出したら、だいぶ地面が見えてきました。

 凹凸に砂をかぶせ、オットと私とで踏みつけまくって整地。

 

 ローラーがほしい…。

 

 しかし、こんな猫の額ほどの地面でも管理をするのって大変なんだから、大地を開墾した先人のご苦労や、農場を経営されている人たちの大変さってはかりしれません。

 

 例年以上にとうきみをおいしく感じました。感謝。

 

 しかし、開拓、っていいものです。

 切り拓く感があって、庭の風通しもよくなったことだし、我が家の運気も開けるといいなあ、と心から思います。

Posted by i子 at 18:09 | - | comments(0)

墾田永年私財法

 庭の開墾3日目。

 

 実母たんが耕作を放棄した地面を整え、屍のようになってる鉢を動かし、視界を遮っていた樹海みたいな枝を切り落とすと、すこし視界が開けてきました。

 

 うちの庭って狭いし日当たりも悪い、と思い込んできましたが、実はそう狭くもないのかも…。

 

 しかし、どうしても、虫が苦手!

 

 聖書物語かなにかか?と思わせるイナゴの大群(みたいに私には見える)たちのいる草むらに分け入ってはいることもできないので、今日も朝からホームセンターへGo。

 

 親がなぜホームセンターに日参してるのかよくわかんないなーと思ってたことがありましたが、こういう理由だったのねぇ…。

 

 さて、殺虫剤売り場に行くと、あれこれありますね。

 どれも惹句が良い感じです。


「名前のわからない虫にも!」

 

 …、そうそう、いちいち調べようとも思わない、うにょーっとした虫、いるいる!

 名前を知りたくもないの!


「キライな虫、かんたん退治」→うーんありがたい。

 

 しかし「とろける毒餌」ってすごい形容詞ですねぇ。

 虫からしたら「うわーこれ、超とろうま〜」って食いつくのが、最後の晩餐だという…。

 最後くらい美味しいものを食べて逝かせてあげようという…。

 

 とりあえず何種類かゲットして帰宅。

 こういう殺虫剤って、買って楽しいわけではないけど、買わないと平穏に暮らせないという、微妙に痛い出費です。

 今日の目標は、昨日オットたんが切り出してくれた木の枝を、さらに細かくして燃やせるゴミ袋に詰めていくことでした。

 オットたん、今日はのこぎりしごとです。

 雑草の山が袋に入って、だいぶすっきり。

 明日が燃やせるゴミの日なので、この袋たちを排出したら、だいぶまた光景が変わってくることでしょう。楽しみです。

 

 次は、雑草をもう少し処理して、雑草よけシートを貼ります。

 

 

 疲れたご褒美は、ジャケがいしたアイス。

 おいしかった。
 

Posted by i子 at 20:31 | - | comments(0)

百万町歩開墾計画

 庭の開墾計画2日目。

 

 3本の木のうち、2本を処分することにして、オットたんが作業しやすそうな斧を買いにホームセンターにでかけました。

 

 街育ちの子のオットたんと私にとって、斧を買うなんて人生で初めての経験なもんで、何を基準に選んでいいのか全然わかりません。とりあえず価格帯でボリュームゾーンだったのと、オットたんの直感とで選んだ斧を買って帰宅しました。

 

 オットたんが、選んだ斧をamazonで確かめたところ、評判のいいものだったようで安心したようでした。

 

 で、作業開始。

 

 よさくが〜 木ぃ〜を〜 切る〜

 へいへいほー へいへいほー

 と、オットたん、作業がはかどりすぎて、うっかり3本とも切っちゃいました!

 

 でも、むしろすっきりしてよかったです。ありがとうオットたん。

 

 私は私で、実母たん棟のカオスになっている部分のゴミ捨てにかかりきりでした。

 

 たぶん、この10年、手つかずだったぽくて、恐ろしい物体がいっぱい出てきました。

 自分の感情を押し殺して、ぜんぶ燃やせるゴミ袋にゴー!

 

 額縁が割れた後と思われるガラスの破片もいっぱい出てきたので、崩壊する前に片付けることができて、ほんとうによかったです。

 何度も害虫が出てきて、ゾワゾワしました。

 日陰になっていた部分にも、何かの卵とか幼虫みたいなのがうようよ…。

 視線を合わせず、殺虫剤をまきまくって今日の作業はおしまい。

 

 実母たんの部屋の中は、一見まあまあこぎれいに見えるのですが、目につかない部分がカオスなので怖いです。

 世間一般で言うところの「ゴミ屋敷」というほどでもないのですが、これ、私が今回手をつけずにいたら、近い将来そうなってただろうな…。公衆衛生的によくないし、災害時にも逃げ道を確保できなくて怖いので、できるだけマメに片付けよう…。

 

 

 片付けをしていると、昔使っていた小さいダッチオーブンが出てきたので、ひさびさに燻製づくりにもかかりました。

 スーパーで100円で買える蒸し器かごをつけて、6Pチーズとゆで卵とごぼう天をスモーク。

 おいしかった〜。

 また、庭が整ったら、アウトドアクッキングも再開したいなぁ。その頃にはもう少し涼しくなってるといいのですが。

 

 ちびのバザーのために、タッセルとか、ミサンガとかを作っています。

 本来、ちびが労役をすると、児童館の発行する地域通貨(!)を貯蓄できるという仕組みで、せっせこせっせこと内職をしていたのですが、そういうちびの姿を見ると、かーちゃんも支援してやりたくなり…。そして、かーちゃんの悪い癖で、ついムキになってがんばって作ってしまい…。

 

 最近、流行っているタッセルを量産しました。

 祖母やら親の代から残っている刺し子糸とか刺繍糸を良いペースで消費できます。

 

 ふと思い出して、以前に勤めていた職場で教えてもらった「戦争ホーキ」を作ってみました。

 なんてことないのですが、ちょっとネーミングがすてきでしょ。

 

 ちびにも見せたところ、ときめいてくれたようで、いろんな色の戦争ホーキを作ってくれました。

Posted by i子 at 20:38 | - | comments(0)

お盆らしいことしてる感

 今週は、私が夏休み。

 

 昨年までとちがって、今年からは、ちびは学童保育という行き場所があるので、朝から夕方まで安心してでかけていてもらえます。

 

 こんなありがたい時間は、何か有意義に使わなくてはいけません。

 

 というわけで、この数年、見て見ぬふりをしていたことをなんとか片付けていこうシリーズ第一弾!

「荒れ果てた庭をなんとかする」

 

 昨日から着手したのですが、Before&Afterの比較のために、作業を始める前に撮影しておけばよかったよー。

 とりあえず、坪庭の草をあらかた刈りました。

 

 抜く、っていうレベルでなく「刈る」。

 それくらい草ぼーぼーだったのです。

 うちの実母たん、無計画に鉢を増やすからなぁ。

 

 3本植えた木は、日当たりが悪くて発育不良なままでした。

 この2本を抜く予定です。

 阪神大震災のときに、一度全壊した石灯籠。

 なんとか載せ直しましたけど、震度5クラスでたぶんまた倒壊の危険性あり。

 

 この狭い通路も、雑草を刈ってようやく獣道を造ることができました。

 雑草の下から出てきたのは、あら不思議、誰が買って敷き詰めたのか今や不明の人工芝。

 グリム童話とかなら人を殺してるんじゃないかなと思わせるくらいの、茨が強烈だった山椒の木も、いったんかなり伐採しました。どこかに植え替えて、通路の安全を確保しなくては…。

 

 実母たんが元気に庭仕事をしていた頃には、ねぎとか大葉とかが豊かに実っていたのですが、手を抜くようになってからは荒廃しまくっています!この茂みに野良猫がひそんでいたりして、うちの家の中の猫と大げんかすることも。なんてワイルドな環境。

 


 四半世紀前に急死した実父たんのどうしようもない遺品のひとつ、巨大な狸。

 早死にするならどうして処分していってくれなかった…?

 

 掃除の邪魔なので、最近ようやくちょっと移設しました。

 

 オットたんと私の、とりあえず中期的な目標は、坪庭をバーベキュースペースにすることです。

 そのため、とりあえず坪庭の雑草を抜き、木を抜いて、デッキパネルを敷く…のが、この夏の目標です。

 

 それにしても、実母たんが好き放題したあとで放棄したので、荒廃具合がただごとではありません。

「ガーデニング」なんておしゃれなもんでなく、こりゃ「開墾」だ。

 

 オットたんも私も、太陽の光を浴びたら灰になるタイプです。 

 鍬とか斧とか持ったら腰が痛くなります。

 虫も苦手。

 でも、外注する予算もないので、なんとかしなくては…。

 

 明日は送り火です。

 お暑い中、作業をされてる人たちがいる!

 ご苦労様です。

Posted by i子 at 19:11 | - | comments(0)

可視化だいじ!

ちびの夏休みの課題に付き合ってると、夏休みが折り返しをすぎて終盤戦であることに気づきました。



こういう可視化って大事ね。

Posted by i子 at 10:44 | - | comments(0)

ちびの不在時

大人2人は、ちびがいると楽しめないエスニックフードを楽しみました。





今日、こんがり焼けて帰宅しました。無事帰ってきてくれてありがとうという気持ちと、またしばらくうるさいなあという気持ちで洗濯物を片付けています。

気がつけば、夏休みも折り返しを過ぎました。

立秋をすぎても、暑いなあ。

Posted by i子 at 20:21 | - | comments(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>