一山越えた感

 10年以上ぶりに、資格の進級試験に挑戦して参りました。

 身の丈にあっているかどうかはともかく、気安く申し込んだのが数ヶ月前。

 この数ヶ月をかけて、ゆるゆると準備をしていたのですが、いよいよ日が差し迫ってくると、漢字が書けない!というところでお尻に火がつきました。

 今日も、会場入りする直前に、すこし時間を取って某カフェで追い込み暗記にかかりました。

 この10年に変化したことといえば、その資格試験の制度がかわって私でも受検できるようになったことや、私の職務内容にからむことが増えたこと、なのですが、さらに私の側の事情でいうと、加齢もしたし(丸暗記できない!)、家ではちびという不確定要素がからんで集中して勉強する時間がとりづらい、というものもありました。

 良いことばかりでもなければ悪いことばかりでもない、という話です。

 しかし、ちびの存在を、私の力不足の言い訳にするわけにはいかなくもなっています。

 ちびは、ちびなりの気遣いで、私に応援をしてくれています。

 当然、ちびの面倒を見るオットたんにも、ずいぶん力をさいてもらっています。

 私は、私だけのためではなく、ちびやオットたんのためにも頑張らなくてはならない、ということです。

 とりあえず、試験の手応えは、まずまずというところか…。

 全くできなかったということもありませんが、いくつか落としたところもありました。

 まあ、自腹で勝手に受検しているものですから、落ちたら落ちたでまた次の機会に挑戦するまで、ですが、できれば一度で筆記試験を通過していたいなぁ。多分、通過できている…と思うので、次の段階である面接の準備もしておこうと思います。

 カフェで私がカリカリと勉強をしていた横のテーブルでは、若い人たちのお集まりがありました。

 どうも、様子を聞くともなしに聞いていると、あるカップルの結婚式のうちあわせのために集まった学生時代のサークル仲間のようでした。新郎新婦以外の方も、近々結婚を意識する人がいるとか、同棲をはじめたとか、仕事をがんばるとか。まことにハッピーなオーラが漂う感じ。

 うんうん、いいね、いいね。

 いろんな人のジンセイが、いろんな所で、それぞれ守られて進んでいるものだなぁ、と思います。

 どこの誰か知らんけど、みんな幸せになるんだよ。

 私も幸せになるよ。私を支えてくれる周りの人を幸せにできるようになるよ。頑張るよ。

Posted by i子 at 16:49 | - | comments(0)

やばみってこういうこと?



10年以上ブランクをあけてしまった資格試験に取り組んでいます。

当時は、実質準1級合格が私にとって最後だと思っていたのですが、その後、検定の制度が変わって、実務経験歴が問われなくなったのです。

じゃあ私でも1級の受検ができるんだ、と気づいて、気安く申し込んでしまって自分の首を締めています。


そんなこんなで久々に勉強していると、若者用語の「やばみ」というニュアンスがわかるようになってきました。

なにしろ、回答に際して漢字が書けない!

かなりこれは…まずい…。

というわけで追い込みです。

Posted by i子 at 18:52 | - | comments(0)

良い香り


日々、バタバタと過ごしていると見落としそうになりますが、ふと、くちなしのお花の良い香りに気づきました。

私もこんな風に香りたいわ。

Posted by i子 at 17:56 | - | comments(0)

孤独じゃないボウリング

 オットたんとちびとボウリングに行ってきました。

 

 ちびのためにバンパーなしレーンにしたところ、意外に私もスコアが伸び…。

 どんくさいと呪いの言葉をかけられ、ボウリングなんてできないと思い込んで育った私としては「あれ?意外に私、できる子?」と良い錯覚をすることができました。

 

 しかし、オットたんとの人生も長くなりましたが、いっしょにボウリングするなんて初めてのことじゃないかしら。

 北の大地のローカルコンビニの隠れた名品、アイスクリームが、近所のスーパーの北海道フェアにて上陸していました。

 ボードの漢字に誤字があるのはご愛敬。

 このアイスを買い付けてきた人、えらい! 

 安いのにほんとにおいしいの。 

 牛乳や卵サンドもおいしいの。

 

 あのまま大地に暮らし続けていたら、ちびも立派な道産子として小学生になっていたことでしょう。私たちもどんな人生になっていたのかしらと思う時があります。

 

 そんなこんなでしみじみしながら車で帰ろうとしたところ…!

 バッテリーがあがってJAFに出動してもらう騒ぎになりました。

 

 大地のナンバーをつけたまま古都で走り続けて6年がたち、また次の車検で悩ましい時期です。

Posted by i子 at 20:46 | - | comments(0)

事務的だがそれがいい

 オットたんに購入した「フードマン」がとても通勤に便利なので、迷っていた私の分も購入しました。

 懸念通り、すこし小さいな…物足りないな…と思う気もしますが、ごはんは結構しっかり詰めることができますし、昼から眠くならないためにはこれくらいでおさめておくほうがいいのかも、と前向きに考えています。

 なんといっても、カバンにたてに入れても全然気にならないって、ものすごく楽ちんです。

 

 汁漏れはしない構造なのですが、やはり大事な書類やタブレット、スマホなどと同じカバンに立てて入れるには勇気がいり、これまでは使い捨てのジッパーつき袋に入れていました。

 

 でも毎日使い捨ての袋を使うのも勿体ないなと思い、100円均一ショップでファイルケースを購入してみました。

 フードマンのほうはA4、フードマンミニのほうはB5で入ります。

 

 おべんとうづつみでくるんだものを入れても、ほらこのとおり。

 かわいげも風情もないけど…この安心感…。

 

Posted by i子 at 16:20 | - | comments(0)

今週のトピックス

 初夏を通り過ごして、一気に夏になったかのような一週間でした。

 

 長年、オットたんのお弁当については、通勤時にカバンの中でおさまりがわるい…という懸案があったのですが、ちょっと前からネットで話題の「フードマン」という薄型お弁当箱を採用してみました。

 正方形のが「フードマン」、下が私の愛用わっぱ弁当箱。

 

「フードマン」は薄型で、高さが私のお弁当箱のほぼ2/3くらい。

 

 仕切りごとにパッキンがついているので、汁漏れや味うつりがしない、というのがウリです。

 ほんとかな?

 ほんとに大丈夫かな?

 おかずを上にしてみる勇気が出ない…。

 

 一抹の不安がぬぐえなかったので、初回は外側からジッパーつきビニル袋にくるみました。

 

 そんなこんなでオットたんを見送り、お昼時にどうなってるかの連絡が来るまではどきどき…。

 

 お昼になって、オットたんから「オープン!」と画像が送られてきました。

 いやー、すごいですね。フードマン。

 ドッタンバッタン通勤しても、びくともしなかったようです。

 カバンの中でも収まりが良いし、格段に動きがらくになったようで…。

 

 こうなると、私もほしくなります。

 レギュラーサイズは800ml、ミニサイズは400ml。

 400mlは…私にとっては…小さすぎる…。

 600mlだったら、迷わず買うんだけどなぁ…。

 

 とはいえ、ちょっとこの機会にダイエットにもなればいいし、ミニサイズのを近日導入予定です。

 

 あまりにあつかったので、今日はミニストップにアイスクリームを食べにいきました。

 ここの季節限定メニューは、いつもそそるものが多いのですが…今日であった限定ハロハロは「みたらし団子」…。

 

 さいきん、きなこ餅アイスにはまっていたので、みたらしもそんな感じの和風アイスなのかな、と軽い気持ちで頼んでみたのですが…

 味に保守的なちびは、流されずにバニラを注文。

 わたし、自分で注文しておいて、出てきたみたらしハロハロにひるみました。

 海苔とぶぶあられが主張してます。

 

 割と何でも前向きに受け入れる私ですが… 

 お好きな人にはお好きかもだけど…

 私には…

 ちょっとこれは、前衛的すぎた…。

 

 たまにはこんな時もあります。

Posted by i子 at 19:52 | - | comments(0)

野外トランポリン

 今日は、トランポリン協会が開催されているという野外トランポリンに行ってきました。

 こんな企画があるなんて、古都に生まれ育った私も知りませんでした。

 子どもがいなければ、気づくこともなかっただろうな…。

 教えて下さった方、ありがとうございます。

  

 室内遊具などで遊ぶのとは全然違う、野趣あふれる感じがとってもイイ!

 

 順番を数分待つのですが、それでも3巡させてもらっていました。

 

 それにしても、いろんな協会ってあるものだなぁ、と思います。

 お上手な人のパフォーマンスを見て感動。

 こんな出会いも、自分に子どもがいなければ、経験できなかったことだなと思います。

 

 別行動をしていたオットたんと待ち合わせて帰途についたのですが、ぶらぶらと商店街を歩いていてちょっと前から気になっていたパンやさんの食パンを買ってみました。

 明日の朝ご飯が楽しみです。

 一週間を乗り越えることができるように、先に自分にご褒美を与えておこうっと。

Posted by i子 at 16:03 | - | comments(0)

嬉しかったことを覚え書き。

 嬉しかったことがあり覚え書き的に。

 今日はオットたんの帰りが遅くなる予定だったので、せめて私が早めに帰りたいな〜と思い、きっちり定時というわけではなかったけれど比較的早めに退勤して帰途を急いでいました。

 とはいえ、自分の意志だけでどーにもならないのが古都市バスの気まぐれなところで、観光客のちょっとした動きのブレや要人警護なんかによる交通のズレで、時間がとにかく読めない読めない。

 そんなこんなで「とにかく来たバス」に「とにかく乗」ったあとには、いくら自分が急いでいたとしても運を天に任せて家方向に揺られて帰るしかないのですが、ぼやーっと乗っていたところ、

 なんと、児童館最寄りのバス停から、帰途のちび太郎とばったり遭遇。
 この春から、ちびは自力で市バスに乗って帰るようにさせていたのですが、こんな偶然があるなんて!とじーんとしました。

 ちびの児童館は、私の前職場の目の前で、つまりこれまでは私が仕事帰りに迎えに行ったり、オットたんや実母たんに迎えに行ってもらったり、それも手配がつかないときにはタクシーを利用して帰させてもらったり、という、さまざまな「手配」が私の大事な仕事だったようなものですから、そんな私の手から離れて、ほんとうにちびが、ほんとうに一人で、ほんとうに公共交通機関でうまくやっていってくれているんだなぁ、なんて感激した次第です。

 ちびがここまでになってくれるのにとても骨が折れたものだったけど、こんな日も来るもんなんだなぁ、私がしんどい時期は永遠じゃないって本当だったんだなぁ、なんて思いました。

 最近は、彼が思いのままにどんな場所にでも行ってしまうことのほうが少し心配になりつつあり、その対策を家族や小学校、児童館の先生方とあれこれ相談させてもらっています。

 たいていの心配事は起こらないものだと大きく構えていたい気持ちはありますし、彼の自立心や冒険心を褒めてもやりたいところもあるのですが、とはいえ何が起こるかわからないご時世で、何か悪いことが起こったときの責任はすべて親である私たちが負うもので。

 一つの心配事が減ると、また新しい心配事ができるものですが、様々なことが、ぼちぼちと良い方向に進んでいきますように。

Posted by i子 at 21:30 | 日々のこと | comments(0)

ありがとうさようなら




所用ありて百貨店へ。

友の会積立が満期になったこともあり、3年使ったお財布を買い換えました。

なんとなくの験担ぎで、お財布は金色の長財布と決めています。多分結婚以来くらいかな?ブランドなどにはこだわらず、自分が好き〜〜と思えるものです。

新しいお財布で金運があがるといいな。あがりますように。
古いお財布には感謝して処分します。


マスキングテープの収納にラップの芯が良いと聞いて早速やってみました。mt純正のは収まります。すごい情報だわ〜。ありがとうインターネッツ!

後方にあるのは昔結構な値段で買ったマステホルダー。ラップ芯に収まりきらなかったのはそちらに収めます。

Posted by i子 at 20:12 | - | comments(0)

こどもの日

 こどもの日も、オットたんはお仕事です。

 朝、オットたんにお弁当を作るときに、ついでに自分とちびの分も作りました。

 

 昨日みたいに遠出の予定がなく、家で一日こどもと過ごす…

 というのは、一見かんたんなことのように思えて、実はとても大変で、頭も体もくたくたにつかいます。

 専業主婦だったとき、幼稚園のある日はせめて保育時間中に家のことができても、長期休暇の平日の果てしなさったらなかったな…。とてもじゃないけど、自分の求職活動をするところまで及びませんでした。今より言葉でコミュニケーションのとれないちびと、どうやって一日乗り切ろう…としんどかったことを思い出します。

 そうなると、自分がどんどん暗くなって、オットたん(=育児には前向きに協力的だし共感もしてくれる)ですら、仕事があるのがうらやましいな、と嫉妬の対象になってしまうし、働きながら育児をしている女性、まだ子どもさんのいない若い人ともわかりあえない気がして、勝手に孤立していました。ママ友とランチをして愚痴で発散!みたいなことができる性格ではないからかな。

 

 義務教育以降の小学校では、子どもを収容できているはずなのに、どうして保育園がこんなに足りないんだろう?と思います。理屈としてはわかるんですけどね。今の日本の社会は、子どもを育てるのがとても大変な環境です。

 

 子どもと一緒に生きるのは楽しいし、幸せなことではあるのですが、「それとこれとは話が別」みたいなしんどさがあったなぁ、ということを思い出すこどもの日です。

 
 昨日、ちびがつかみどりをしてきた金魚さん2匹は、趣味でメダカを飼っている実母たんのお世話で新しい水槽に移りました。

 

 が、

 午前一番で私とちびが酸素のポンプを買いに行っている間に、一匹が他界。

 間に合わなくてごめん…。

 

 実母たんが言うには、ルーくんが興味津々で見ていたとのことですが、手を出すまではしていないとのこと。

 …しかし金魚さんにとってはストレスだっただろうなー…。ごめん…。

 

 お墓を作りました。

 

 そんなはかない命があったとは知らずに過ごしていた、寝室ひきこもり姫のはなちゃん。

 
 

Posted by i子 at 20:55 | - | comments(0)

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>