図書館で出会った、しょうがのお菓子レシピの本に触発されて、今日は朝からしょうがシロップを作りました。

 

 しょうが500gで、できたシロップが1リットルくらい。

 実母たんにもおすそわけです。

 きれいな薄ピンク色です。

 

 シロップを抽出したあとの身の部分は、100℃のオーブンに2時間ほどかけて、しょうがチップスにします。

 市販のしょうが糖はやたら甘くて甘くて、砂糖菓子のようですが、自家製のはすごくキリリとした辛みが効いていて、あとを引く味です。これもめっちゃおいしくできました。

 

 しょうがは体が温まるので、冬のおやつにありがたいです。

 

 こういうのが上手にできると、かわいくラッピングして、誰かにプレゼントしたいなぁ、という気分になります。

 

 そんな私を見て、少年が「おかあさんはいつごろからそんなにお料理が好きなの?」とたずねてきました。

 聞かれてみると、今の少年くらいのときから、お料理が好きだったなぁ。

 自分の好きな味が自分で作れるんだ!という発見が原点ですが、私の作ったものを家族やお友達が喜んでくれることで、ますます好きになったのですよね。今でもそうです。

 

 自分で自分を楽しくできるだけではなくて、周りの人にも喜んでもらえるというのは、ほんとにいいものです。

 参考にさせていただいたレシピブックはこちらです。

 このシロップとチップスを展開して、いろいろなお菓子に活用できそうで、あれこれ作ってみたい気になっています。

 

 さて、お昼からは、京都検定の参考書で気になっていた神社さんにおでかけしてみました。

 

 まずは猿田彦神社。

 お正月にでかけた春日大社さんとのゆかりが深いようで、京都三庚申のひとつとのこと。

 事業開運、人生の道をひらいてくれるのだそうです。

 あと、珍しいのが「盗難除け」のお守り。

 厄除けにもいろんな厄がありますが、たしかに盗まれるのはイヤよねぇ。

 イヤなことからは、できるだけ逃れられますように。

 遠目からも、ものすごく大木に見えていますが、近づくと確かに立派でした。

 樹齢700年ということは、平安時代まっさかりのころからここにおられるのですね。

 人生の道案内って、なんかいいなぁ。

 盗難除けって気になるわー。

 数年前、叔母宅に空き巣が入って以来、防犯って大事だなーと思うようになったのです。

 

 手芸の上達を願う、布神様もいいですね。

 私のお裁縫も上手になりますように。

 

 ふだんは、この場の社務所には人がおられず、お守りや絵馬を求めるときには春日神社さんに行かなくてはいけないようです。

 鳥居の裏側には「山之内戦友会」の文字が刻まれています。

 大正9年というと1920年。国際連盟が成立した年です。第一次世界大戦が終わっての講和記念なのかな。

 青島あたりに出征された方のお集まりかな?というのはオットたんの推理です。

 右側には「日独平和記念」ともありました。
 我が家のファミリーヒストリー的に言えば、私の祖父母が初等教育を受けてるころです。


 道中、コンビニでちょっとおやつを食べて

 こんどは、蚕の社へ。

 正式名称が何かだなんて考えたこともありませんでしたが、木嶋坐天照御魂神社というそうです。

 古すぎて起源がわからないというのもミステリアス〜!

 昨年読んだ望月麻衣さんのライトノベル「太秦荘ダイアリー」で重要な場所として出てくるので、気になってたんですよね〜。

 京都検定の参考書で予習してでかけました。


 昨年の台風の爪痕がまだまだ残っていました。



 蚕の社、というだけに養蚕とゆかりがあるようで、文化10年の縮緬業者さんからの寄進かな?と思われる碑がありました。こういうの、歴史に詳しかったらもっといろいろと面白い視点をもてるんだろうなぁ。

 

 ちなみに文化10年(1813年)は高田屋嘉兵衛が函館に来た年だそうです。

 ちょっとくぼんだところがあります。ここは元糺の池(もとただすのいけ)といい、神泉が湧いていたのだとか。

 糺の池や糺の森というと下鴨神社が有名ですが、こちらのほうが古いのですね。

 

 この池の中にあるのが、有名な「三本鳥居」。日本ではここにしかないかたちの鳥居だそうです。  

 深い緑の中に、静かにたたずむ珍しい鳥居。神秘〜!


 防空壕のようなお社もありました。

 くぼんだ洞穴に入っていきます。

 当然、電気も何もなく、これ、閉ざされたらめっちゃこわいだろうなと思いました。


 

 ひとけも少なく、神秘的で、これこそパワースポットという場所でした。

 華やかな御朱印やおみくじ、おまもりなどはないようですが、最寄り駅からのアクセスもよいので、散策におすすめです。
 

 年末に、iPhoneの液晶を私の不注意で割ってしまいました。

 

 修理にいったい何万かかるのやら、と思い込んでいたので、割れたまま放置していたのですが、調べてみると私の思っていたほどではない額で修理ができそうだったので、自分へのお誕生日プレゼントということで修理してもらうことにしました。

 

 予約をしてからお店に行ったので、ほんの20分ほどであっけなく修理してもらえました。

 すっきり!

 つやつや!

 気分転換に、カバーも交換しました。

 お昼休みに動画を見ながらお弁当をいただくことが多いので、このリングがくっついているカバーがほしかったんですよね〜。

 

 気持ちもあらたに、これからも大事に扱おう。

 今回、iPhoneを修理してもらったショップは、昔は「電気屋筋」といわれていたエリアにあります。

 ビルとビルのはざまに、小さな天神さんがあることに気づいて、ちょっと立ち寄ってみました。

 近隣の百貨店や商店の奉納がたくさんありました。

 昔からあったはずなのに、全然気づかなかったなぁ。

 

 そういえばこの天神さんのお隣の店舗で、私は初めてのMacを買ったのでした。懐かしいな。

 もうそのお店は撤退して、違うお店になっています。

 

 鏡開きをしました。

 プラスチックのだいだいを捨てるのがしのびなく、とりあえずお香立てに乗せてみたら、なんだか新手の降霊術みたいな図になってかわいかったのでそのままにしています。

 義母たんのお見舞いのために大阪におでかけしました。

 そのため、今日のお目当てのパワースポットは、姫嶋神社です。

 

 現在の地名では「姫島」なのに、神社のお名前は「姫嶋」なのね。

 主祭神である阿迦留姫命(アカルヒメ)は、古事記の応神天皇記に書かれている女神さま。

 夫のDVを堪え忍んだりせず、逃れて自立する道を選びます。

 

 そのため「新しいスタートを切る人」「働く女性」「女性の自立」を応援する神様とのこと。

 珍しい!

 

 日本の神話には、実は勇敢な女神さまが多くて、読んでいると勇気づけられます。

 昨年は、多くの大学で女子学生が不当なあつかいをうけていたことが明らかになったり、ジェンダーギャップ指数があいかわらず低いというニュースを暗い気持ちで聞いていましたが、せめてもそのような問題が「問題」として認識され始めていることは大事にしていかなくてはいけないと思うのです。

 

 私自身も、産後にあれこれあって、この日本の社会で女性として生きること、働くこと、子どもとともに育つことがひとすじなわではいかないということを痛いほど経験して40代になりました。

 

 私より若い世代の人がこんな理不尽な思いをしなくていいように、社会の問題と関わったり、発言を続けていかなくてはいけないな、と改めて思います。「決断を下し、行動を起こす」ってほんとに勇気づけられる。


 女神さまによる女性のための神社なだけに、全体にやわらかな雰囲気。

 

 良いお天気でした。


 新羅から海を越えて逃れるときには、帆立貝に乗って来られたそうです。

 彼女を良い方向へと導いてくれた「良い風」を起こして、お供えするのだとか。

 

 故事にちなんで、帆立に願い事を書きます。

 願い事には、必ず期限を書き添えなくてはいけません。

 そして、その願いを叶えるために断たなくてはいけないことも決め、赤い断ち玉にこめて、投げて捨てます!

 

 この「はじまりの碑」の小さな穴に、断ち玉を投げます。

 

 えいっ

 

 一発では通らなかったけど、5回目くらいのチャレンジでお見事通過しました!

 

 神話の時代から比べると、現代は随分寿命が延びました。

 長い人生、何度でもいろんなことでやりなおしがきくんだろうなと思う一方で、何かを始めるにはその期限を決めることや、そのために払う犠牲を受け入れること、周りの環境がどうあれ、自ら行動を起こすことが大事ということ、いろいろ気づかせてもらえることの多い神社でした。

 

 とにかく前向きになれます。

 また行きたいな〜。

 今日も、ぶらぶらパワースポット巡りをしてまいりました。

 

 お友達から「御金神社の初詣参拝客の行列は毎年スゴイ」と聞いていたので、いちどこの時期に行ってみたかったのです。

 お昼過ぎに行ってみたら、やはり評判通り、長蛇の列ができていました。

 もともとは金属の神様とのことですが、「御金」とつくだけに、金運アップを祈願するパワースポットになったようです。

 お正月限定のおみくじや絵馬もあり、ものすごく力強い輝きを感じます。

 

 少年が引いてくれたおみくじは「中吉」でした。

 でも「問題解決で心軽やか」って、なんだか嬉しいな、と思えるご神託でした。

 折しも今日は、今年はじめての「一粒万倍日」とのこと、せっかくなので験担ぎをしてきました。

 

 この!

 新札の!!

 一万円札を!!

 

 洗います!

 このお札は大切に乾かして、お財布に入れて、使わないように大事にします。

 

 金運に恵まれるように、お仕事も頑張りましょう。

 

 さて、こう勢いづくと、これまで行ったことのない神社さんにさらに行ってみよう!オー!という気持ちになり、春日神社さんにも行って来ました。

 こちらは厄除けや交通安全で有名ですね。

 

 平安時代の内親王様の疱瘡を一夜でよくしたという言い伝えのある「疱瘡石」とか…

 

 ご神木とか…

 

 触ると病気が治る「なぎ石」とか…

 

 古代の人々の自然を恐れ敬う気持ちを感じます。

 

 旅路の安全を祈る「還来神社」もありました。

 

 大事な人の旅路の厄除けや、無事に帰ってくるようにお祈りする気持ちも、わかるなぁ。

 少年やオットたんが通学・通勤して無事帰宅してくれるのも、当たり前のことじゃないんですよね。

 この1年も、毎日無事に帰宅してくれますように。(もちろん、私もね)。

 

 帰途立ち寄ったスーパーにて、地味ぃ〜な詰め放題を発見しました。

 植木の活力剤!!

 

 こんな詰め放題を見るのは初めてです。

 今日もパワーを求めて古都散歩です。

 

 目的地は八坂神社だったのですが、さっそくパワースポット発見。

「目疾地蔵尊」、目を守ってくださるそうです。

 

 少年が「あー、オレ最近、ゲームとか動画とかばっかり見てるから目ぇ守らなあかんなー」とみずからをかえりみていました。

 お参りしようという心がけはあっぱれなものですが、まずはその生活習慣を改めてはいかがなものでしょうか。

 しかし、眼病って、いまも嫌なものですが、医療や社会福祉が発達していない時代だとほんとうに生活に直結する苦労だっただろうなぁ。うちのみー太郎も、生来目のまわりにカユカユができやすい体質です。多分、もう一生治ることはないのだろうとは思いますが、せめて生活に不便がないように過ごさせてあげたいなぁ。

 さて、道草ポイントその2。

 少年が大好きな漢字ミュージアムへ。

 

 オープン以来、何度も来ていますが、何度来ても、毎回展示やワークショップが新しくて親子共々楽しめます。

 

 今日、お目当てだったワークショップは、「今年の漢字ひともじを水筆で書く」というもの。

 少年の、今年の漢字は「漢」だそうです。

 かん!!(音読み)

 おとこ!!(訓読み)

 うーん、力強くて、いいですね。

 

 昨年末に漢字検定8級を取得したので、あいだをおかずに、来週、7級に挑戦するのです。

 実力的には、ちょっと難しいところなのですが、彼なりに毎日問題集をこなして頑張っています。

 私が小学校3年生のころって、こんなに能動的にお勉強していたかしら?

 ほんとうに我が子ながらエライと思います。彼の頑張りを私は今年も応援します。

 漢字をたどるボルダリングもありました。

 運動不足のこの季節にありがたい!

 ミュージアムのエレベーター。 

 ボタンが漢字でカワイイ。

 

 漢字ミュージアムには年間パスポートもあります。

 もっと近くにあれば行きやすいのになぁ。

 

 そして人の流れに押し出されるように、八坂神社に到着。

 皆、幸せになるために来られているだけあって、すごい熱気です。

 こういう「良い気」を共有できるのがいいですね。

 

 何度も来ている八坂神社ですが、こんなちいさなおやしろがあることに今日初めて気づきました。

 美の神様「美御前社」というそうです。

 神話の美女をおまつりしているそうです。

 行列ができていました。

 女性が多いですね。

 身も心も美しくなる「美容水」というお水が沸いています。

 間近で撮影したかったのですが、ひっきりなしに参拝客が立ち寄られるので、撮影する瞬間がなく、ちょろっと横から撮影することしかできませんでした。

 私も、身も心も美しくなれますように、と、すこしお水を顔にいただきました。

 

 すると負けじと少年が「オレはイケメンになる!」と宣言し

 いきなり洗顔し始めました!!(顰蹙…)

 

 …この寒いのに…。

 

 少年は、好奇心や向学心が強く、内面はいわゆる「カシコの子」だと信じているのですが、やっぱり相変わらず、こういう素っ頓狂なことをする「アホの子」なところがあります。まあ、そのへんも含めて、オモロい子なのですが。

 

 ちなみに、オットたんは子ども時代、この八坂神社の奥の円山公園の池に落ちたそうです。

 

 少年を産んで今年で10年が経ち、だいぶ「男児の母」としていろんなトラブルに動じなくなってきた気がしますが、やっぱりいまだに男児って何を起こすかわからない生き物だなぁと思います。

 今日のおみくじは「吉」でした。

 

 オットたんがひいたおみくじは、帰途のガチャポン。

 

 当たったのは、ムービーファイルのポーチでした。

 

 今年は京都検定2級を目指しているので、その勉強用ノートとして、京都手帖を購入してみました。

 市バス路線図や寺社仏閣の開閉時間などなどが収録されていて便利です。

 それぞれの情報ってネットですぐに調べられるものではありますが、一覧になっていると有難いのですよねぇ。

 

 お仕事などに使う通常用の手帳とは別に、でかけたスポットの記録や検定用のメモ、開催予定の行事の確認などに使おうと思います。

 今年もおせちができました。

 いつも、作りすぎてしまうので、量を控えめに控えめに作って、結局適量でした。

 

 田作りやたたきごぼうなどは、今年は省略。

 私と家族の好きなものだけ詰めた、ドリームおせちです!

 こちらは、実母たんにお年玉代わりにプレゼントするミニおせち。

 実母たんは実母たんで、宝くじ的にいろんなお店のおせちを購入するのが好きなので、私のおせちはちょびっとでいいそうです。おせちの楽しみ方は人それぞれだなと思います。

 秋頃から、少年にリクエストされていたペンケースも、ようやく完成しました。

「紺色で、デニム生地で、かざりのないの、つくって」

 

 とサラリと頼まれたのですが…

 

 私としては、もっとカワイイのを作りたい…。

 いっぱい飾りとかつけたい…。

 

 無地だと、作りがいがない…。

 ということで、なかなか気持ちが奮い立たなかったのですが、なんとかかんとかできました。

 

 もうすぐ4年生にもなる男子が、おかあちゃんの手作りのペンケースをリクエストしてくれるというのは有難いので、できるだけ応じてあげたいものです。

 

 さて、今年1年の私は、ゆるやかに上り調子だったので、来年はさらに良くなる予定です。

 結婚してからイカの街にいたのが8年間。イカの街から古都に戻ってきて来年で8年。

 いよいよ古都でも落ち着いてきた手応えがあるので、イカの街では中途半端に手放してしまったなと思い残していることを、これから一つずつ実現させていきたいなぁと思っています。

 

 皆様の新しい年も、良いことがたくさんありますように。

 この冬休みは、ちょこちょこパワースポット巡りをしています。

 古都生まれ古都育ちですが、意外に、わざわざ観光スポットに行ってみることってなかったので、あらためて「京都検定」の参考書を片手にでかけてみると面白いということに気づいた次第です。

 

 少年はまだ興味がさほど沸かないようですが、ブーブー言いながらでもとりあえずついてきてくれています。

 いずれ「ジュニア京都検定」対策に役立つことでしょう。

 

 まずは晴明神社へ。

 平安の天文学者というだけで神秘的。

 厄除けの桃だそうです。



 ご神木の楠。

 こちらも、さわると大地のエネルギーを充電できる感じがします。

 少年、五行おみくじを引きましたが…

 残念ながら、凶でした。

 速攻結び、チャラにしています。

 こういう「ネガティブなことはすぐ流す」っていうスタイル、いいですよね。

 昔の一条戻り橋。

 

 少し足を伸ばして、船岡山を散歩。


 京都市の北東部の見晴らしが良いです。

 左大文字と大文字と、両方を眺めることができます。

 

 最近の刀剣ブームで、刀剣女子が押し寄せていると噂を聞いていましたが、この日はさすがに閑散としていました。

 

 子ども太鼓を叩かせてもらっています。

 少年は9回、私は40回つかせてもらいました。

 

 翌日は、北野天満宮へ。

 初詣の準備が着々となされています。

 さて、前日のリベンジをはたすべく、こちらでもおみくじを引きました。

 今回は中吉。

 ラッキーチャームとして、諸願が成就するという「丑」が当たりました。

 丑年の少年とオットたんにはありがたいチャームです。

 諸願、っていうのも良いですね。なんでも願うと叶いそう。


 知人が開店した町屋カフェでお茶とおやつをいただきました。

 

 叔母の昔の家を思い出す町屋…。

 昔は、ほんとうに暗くて窮屈なイメージしかありませんでしたが、今風のリノベーションがなされていて、明るく快適です。

 

 お次は、護王神社へ。

 来年の干支の「イノシシ」がまつられています。

 このイノシシさんも、お鼻を触ると幸せになれるとのことで、お鼻がテカテカでした。

 

 足腰の守護神でもあるそうで、来年にぎっくり腰にならないように願ってきました。

 

 この冬休みは、かなりゆっくりと過ごせています。

 はなちゃんをなでたり、みーくんを洗ったり、さっちゃんのつめを切ったりして過ごしています。

 クリスマスおめでとう!

 3人のはかせと羊飼いは重心が高いので、やっぱり今年も自立させることができず、倒れてぽっきり折れてしまいました。

 ざんねーん。

 

 来年はさらなる改良をめざします。

 楽しくいただいたドイツのお菓子、レープクーヘンです。

 

 楽しい時間をごいっしょさせていただける場があること、幸せだなと思います。

 

 帰途、浪速の義母たんのお見舞いに行きました。

 少年の成長を喜んでもらえて、とても良い一日でした。

 

 浪速の往復は、時間がかかるので車の中で少年が退屈しがちです。

 

 明日はサンタさんがきっと来てくれるはずだから、ちょっとは少年の机をお掃除しなさいよ、という会話をしていたら…。

 

 少年、「机は散らかっている方が仕事の創造性がはぐくまれるってお父さんが読んでいる雑誌に載っていた!」とか「この汚さがぼくらしいってサンタさんに気づいてもらう目印になるかも!」ってどこまでも自分の正当性を主張していました。

 

 なんというか、ポジティブシンキングで、我が子ながらすごいなーと思います。

 こういう子に育ってくれて嬉しいです。

 昨年の今頃は体調がとても悪くて、とても台所に立つ気力がなかったのですが、良くなりたくて治療に取り組み、家族にも支えてもらって、今年はなんとかクリスマスのクッキーを作ることができました。

 

 

 個包装にしたクッキーは、この1年、少年や私と遊んでくれた小さなおともだちにプレゼントします。

 この1年、遊んでくれて、ありがとう。

 人生の時間には限りがあるから、できるだけたくさんの時間を笑って過ごしたいなと思います。

 

 そして、少年からのリクエストは「星型のケーキ」。

 

 天板に大きな長方形のスポンジをつくり、2枚、星型に切り抜きます。

 

 いちごをはさんで、クリームをぬって、かざりをします。



 

 完成!

 どこにも売っていない、我が家だけの特別なケーキです。

 サンタさんが来られたときにお出しするコーラを用意。

 

 今年は少年も、たくさんいろんなことに挑戦しました。

 そして、その一つ一つの目標を達成していたことが、我が子ながらすごいなと思います。

 

 今日は満月だったので、少年と、オットたんと、夜に散歩しました。

 

 生きているといろいろなことがあって、しんどいことや痛いこともたくさんあるけれど、

 与えられているすべてのことには意味があるのだなと思います。

 

 クリスマスがめぐるごとに、希望はかならず与えられているのだということを確信するのです。

 

 新しい年も、良い1年にしましょう。












Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ひびのつぶやき

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM